魚肉ソーセージに魚としての栄養はあるの?含まれる栄養素など解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

魚肉ソーセージに魚としての栄養はあるの?含まれる栄養素など解説!

魚肉ソーセージに魚としての栄養はあるの? 食に関する悩み事

魚肉ソーセージって、魚が原料だよね?

ってことは、魚としての栄養もあるのかな?

それはもちろんよ!魚製品だしね!

今回は、魚肉ソーセージに含まれる栄養素など紹介するわ!

以前は主に子供の間で人気だった魚肉ソーセージですが、現在はその健康効果が評価され、健康を意識する成人にも注目されています。

しかし、具体的にどの栄養素が含まれているのか、魚由来の栄養が得られるかどうかについて疑問を持つ人もいます。

魚肉ソーセージに魚としての栄養はある?

魚肉ソーセージは、主にスケソウダラやホッケ、アジ、マグロなどの白身魚を原料としており、これらの魚は良質なタンパク質を豊富に含んでいます。

タンパク質は筋肉の構成やエネルギーの効率化に寄与し、基礎代謝を向上させる効果があります。

また、DHAやEPAといった人体では生成できない重要な不飽和脂肪酸も含まれています。

これらの成分は、魚が健康に良いとされる大きな理由で、体内の炎症を抑えたり、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果があります。

タンパク質とその他の栄養素

魚肉ソーセージには、100グラムあたり11.5グラムのタンパク質が含まれており、これは筋肉や皮膚の生成に不可欠です。

また、体内でのホルモンや酵素の調整にも重要な役割を果たします。

DHAの含有量は100グラムあたり50mg、EPAは100グラムあたり18mgで、これらは記憶や学習能力の向上に関与することで知られています。

カルシウムも100グラムあたり100mg含まれており、骨の成長に必須です。

カロリーと糖質

市販の魚肉ソーセージ1本(85g)には約134kcalと10.7gの糖質が含まれています。

たんぱく質は9.8gで、これは他の肉類のソーセージと比較しても高い数値です。

比較とダイエットへの適用

他の練り物やソーセージと比較すると、焼きちくわはカロリーが最も低く、ウインナーソーセージが最も高いカロリーを持っています。

魚肉ソーセージは、特に脂肪が少なく健康に良い選択肢と言えますが、糖質の量には注意が必要です。

魚肉ソーセージは、ダイエット中のたんぱく質補給に適しており、カルシウムやDHA、EPAを含むため、バランスの取れた栄養補給が可能です。

魚肉ソーセージの食べ過ぎによるリスク

食べ過ぎによる魚肉ソーセージの潜在的な健康リスクは存在します。

例えば、淡泊な味を補うために製造過程でナトリウムが多く加えられる傾向にあります。

さらに、長期保存を可能にするために添加物も多く使用されています。

魚肉ソーセージは魚の栄養を手軽に摂取できる利点がありますが、栄養バランスが完全ではないため、多量に摂取するのは避けるべきです。

これは加工品であることを忘れずに適量を心掛けることが重要です。

メタボリックシンドロームにも効果あり?

また、現代の健康課題として、特に中高年層のメタボリックシンドロームの増加が問題となっています。

これに対応して、DHAを含む健康機能性フィッシュソーセージが開発されています。

たとえば、特定保健用食品として認定された「DHA入りリサーラソーセージ」は、1本当たりのDHAが850mg含まれ、継続的な摂取により血中の中性脂肪が減少することが示されています。

フィッシュソーセージは、牛乳よりも多くのタンパク質を含み、カロリーや脂質が比較的低いため、畜肉ソーセージと比較しても健康的です。

これにより、肥満が気になる方々にも適しています。

カルシウムを取りたいなら?

さらに、「1秒OPEN おさかなソーセージ」のような製品は、不足しがちなカルシウムも供給し、成長期の子供から骨粗しょう症が気になる高齢者まで幅広い層に支持されています。

このように、魚肉ソーセージはその利便性と栄養価で多くの健康意識高い消費者から選ばれています。

魚肉ソーセージは食べ過ぎなければ優秀な食べ物! まとめ

魚の成分は長らく多くの注目を集めていますが、魚肉ソーセージは日常食に気軽に取り入れやすい魚ベースの加工食品です。

しかしながら、これらの商品はしばしば添加物や調味料が多く含まれており、塩分が過多になる点が懸念されます。

健康的な食材としての魚のイメージに流されず、魚肉ソーセージの摂取は適度にし、バランスの取れた食事の中で新鮮な魚も積極的に食べることが重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!