シュークリームで失敗しないために!第4までの関門を突破せよ!

失敗しないシュークリーム 料理・スイーツ

シュークリームで失敗しないために!

あちゃー!シュークリームがオーブンから出したら、萎んじゃったよー!

あら?ちゃんと手順通りに作ったの?

もしかして、焼く前にオーブンの扉開けたりしなかった?
今回は4個の難関別に紹介するわ!ぜひ参考にしてみてね!

こんにちは。トレトレです。
シュークリームづくりって難しいように感じますが、関門だけ確認すれば、他のスイーツーよりも簡単に作れます。

なぜ簡単かというと、混ぜ過ぎてもOKだからです。
もし失敗してしまう!とお嘆きの方は、ぜひ今回の4つの関門を押さえてみてください。

今回は、シュー生地作りで覚えておきたい4つの関門をご紹介します!

シュークリームの生地作りで覚えておきたい4つの関門!

シュークリームは、中に入れるクリームよりも、生地作りが難しい、ちょっと上級者向けのスイーツです。
でも、基本さえ押さえれば、メレンゲを作る必要もないですし、混ぜ過ぎてもOKなので、慣れてしまえばすごく作りやすいスイーツでもあるんです!

今回は、シュー生地作りで失敗しやすい関門を4つご紹介しますので、この難関はぜひ押さえておいてくださいね!

難関①鍋を沸騰させること!

①まず、大き目の鍋を用意して、牛乳と水とバターを火にかけます。
②バターを切り崩すような気持ちで、混ぜながら溶かしていきましょう。
③沸騰してきて、泡が白くなったら火を止めますが、すぐに次の作業に移ります。

ここが最初の難関です!

ふわーと白い泡が立つまで、完全に沸騰させるのがポイントで、バターの色が黄色く残っている状態では不十分なんですね。
しっかりと沸騰させるのが、まず最初の難関になります。

難関②一気に素早く混ぜる!

④間髪いれずに、薄力粉を一度に加え、手早く木べらで混ぜます。

ここが第二の難関です!

粉はふるっておき、とにかく素早く混ぜるのがポイントです。
鍋からはみ出るんじゃないかというくらい豪快に混ぜ、しっかりと混ぜて、生地が鍋肌から剥がれるのを意識しましょう。

⑤生地をまとめながら混ぜ続け、場合によっては弱火にかけながら水分を飛ばしていきます。
⑥生地がなめらかになり、つるんと鍋底から生地が離れたらボールに移して、粗熱を取ります。
⑦大き目のボールに生地を移し、生地を混ぜ続けていきます。

この時に、生地が熱いうちに卵を入れると固まってしまうので、粗熱が取れるまで混ぜながら冷やしていきます。

難関③卵の入れ過ぎに注意!

⑧オーブンを250℃に予熱を開始します。
⑨生地の温度が人肌くらいに冷めたら、卵の1/3を加えて混ぜます。
⑩さらに1/3量の卵を加えて、手早く混ぜ続けます。

ここで第三の難関です!

ここで卵を入れすぎてしまうと、生地が柔らかくなりすぎて、シューの膨らみが悪くなります。
少しずつ加えていくのがポイントで、生地がだれないように気をつけてください。

ちなみに、生地の柔らかさは、生地を人差し指ですくってみて、先が少しおじぎをするくらいがベストです!
卵を入れ過ぎると、もう取り返しがつかないので、人差し指だと分かりづらい場合は、木べらですくってみて、ゆっくりと逆三角形に落ちるのをイメージしてください。

⑪絞り袋に丸口金をセットし、生地を絞り袋に詰めたら、後は絞るだけです。

難関④オーブンの扉を開けない!

⑫生地を袋の先の方まで送り、押し出して袋の中の空気を完全に抜くきましょう。
⑬天板の上に、直径5cmくらいの円になるように搾り出します。
焼くと膨らむので、間隔をあけて絞り出すようにしてください。

⑭生地で余った溶き卵を刷毛で、生地の上にまんべんなく塗ります。
卵が面倒なら、霧吹きでびっしょりになるまで水を吹きかけてもOKです。
この時に水分が足りないと、ふっくら仕上がらないので、水は若干多めに吹きかけてください。

⑮250度に温めておいたオーブンに入れ、220℃に下げ、まず8~10分焼きます。
⑯充分膨らんだら、200度に下げて10分焼きます。(扉を開けずに行います)
⑰焼き色が付いたら、180度に下げて17~20分焼きます。(ここでも扉は開けずに)

ここで最後の難関になります!

途中で焼き上がりを見たりするのはNGです!
温度が下がってしまい、シューがしぼんでしまいますので、最後の難関は焼き始めたら、絶対にオーブンの扉を開けないことが肝心です。

ここまでうまくいけば、シュー生地はしっかりと膨らみ、後でしぼむこともありません。
四つの難関にだけ気をつけてみて、美味しいシュー生地を作って下さいね!

シュー生地の基本のレシピ

ダブルシュー

最後に、シュー生地の基本のレシピをご紹介します。
上記の難関やポイントに気をつければ、こちらのレシピで美味しいシュー生地が焼けます。

ふっくら仕上がる、どちらかというと、フランス風のシュー生地です。
それでは、レシピを見ていきましょう!

シュー生地
バター … 125g 水 … 125cc 牛乳 … 125cc
塩 … 4g 薄力粉 … 150g 卵 … 4~5個

これが基本のレシピです。
もしマーガリンなどを使う場合は、有塩タイプと無塩タイプには気をつけてください。
有塩タイプを使うなら、塩の量は半分くらいに減らすのもポイントです。

また、沢山作れるシュー生地のレシピなので、少な目の量で焼きたいなら、分量を半分にするなどしてみてくださいね。

自分でどうしても作れない!という場合は、買って食べても良いですね!^^

シュー生地は慣れれば簡単!

それでは、シュー生地で失敗しないためのポイントをご紹介してみました。
四つの難関を突破すれば、もうシュークリーム作りで失敗することもありません。

私もこちらの方法を使うようになって、シュー生地で失敗することは無くなりました。
我流でもあるので、細かな部分で違いがあるかもしれないですが、基本はこんな感じです。

美味しいシュークリームでアンニョイな午後を過ごすのも素敵ですよね?
慣れれば簡単なシュークリームなので、まずは基本を押さえましょう!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました