手作りスイーツで難しいのはどれ?初心者は避けた方がいいスイーツ5選!

手作りが難しいスイーツは?基本

手作りスイーツってどれも作るの難しそうだよね。

でも、初心者向けでないスイーツってどれなのかな?

そうね。よく言われるのはシュークリームとかマカロンかしら。

今回は、手作りスイーツの中でも難しいとされているものを5選して紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

手作りスイーツで難しいと言われるのは、シュークリームやマカロンがありますが、実は意外と簡単に作れるタイプもあります。

今回は、初心者が避けた方がいい作るのが難しいスイーツを5選してご紹介します!

手作りが難しいスイーツ5選!

手作りスイーツで難しいとされているタイプはいくつかありますが、初心者が挑戦しない方がいいスイーツを以下にご紹介しますね。

どれも初心者には難しいので、作るのに自信がなければ、お店で買うのがおすすめです!

難しいスイーツ①マカロン

手作りスイーツで難しいといえば、まずマカロンです!

エピと呼ばれるヒダを出すのがすごく難しいとされていて、プロのパティシェでも難しいというくらいだからです。

マカロンの失敗にもいろいろありますが、形が揃わないだけで失敗とする声もあります。

私は作ったことがないんですが、エピを出すのに時間を置くのがとにかく厄介で、この先も作るのに挑戦することはないでしょう。

難しいスイーツ②焼きプリン

プリンって簡単なイメージがありますが、それはケミカルプリンと呼ばれるゼラチンがメインのプリンであって焼きプリンではありません。

焼きプリンを初めてで成功できるのはごく一部の人で、最初から完璧に作れたらその人は天才かもしれません。

焼きプリンが難しいと言われる理由は、焼き上がりが茶わん蒸しのようになってしまうからで、焼くまでは比較的簡単に作れるんですね。

ただ、焼きあがった完成形がプリンと呼べない失敗もよくあるため、もし焼きプリンを完璧に作りたいなら、ほかのスイーツで慣れてからがおすすめです。

難しいスイーツ③カスタードクリーム

カスタードクリームも初心者向けではなく、手作りが難しいスイーツの1つです。

理由は、やはり作っている最中に焦げやすいからでしょう。

カスタードクリームは強火で滅菌する必要もあるため、半熟ではなく、しっかりと中まで火を通す必要があります。

なので、美味しいカスタードクリームを作ろうと思ったら、強火で焼かないといけません。

ただ、カスタードクリームの材料は、卵と砂糖、牛乳ですから焦げやすい材料ばかり。

もし美味しいカスタードクリームを作りたいなら、弱火はNGなので、初心者にも難しいとされます。

難しいスイーツ④シフォンケーキ

私の持っているレシピ本には、シフォンケーキは初心者向けと書かれていましたが、実際に作ってみると意外と難しいのがわかります。

確かに、メレンゲさえ作れれば、ベーキングパウダーが入ることもあり、多少混ぜすぎても大丈夫な点は初心者向けといえるかもしれません。

ただ、見た目に失敗していないように見えても、焼いている最中に目詰まりを起こすことが多いんです。

また、卵自体の水分は卵を産む鶏の水分量にも影響します。

なので、美味しいシフォンケーキを焼きたいなら、水分量などを季節に応じて分量を変えないといけません。

もし初めて手作りスイーツを作るなら、まずはメレンゲを上手に作れるようになってからにしてください。

難しいスイーツ⑤ムース

ムースは生クリームや牛乳とフルーツなどを組み合わせて、ゼラチンで固めるだけと一見簡単そうに見えますが、こちらも初心者向けとは言えない難しいスイーツです。

ムースは火を通さない分傷みやすく、技術面でも難しいとされます。

理由はムースに使われるフルーツピューレなどには、砂糖を使わないと作れないからです。

どういうことかと言うと、ムースに入れるメレンゲや生クリームは砂糖の力で泡立ちを強くしているんですが、砂糖を控えめにすると、固まる力が弱くなり、柔らかくなりすぎてしまうんです。

ほかにも、ムースに使われるイタリアンメレンゲなどは、温度管理など絶対に初心者向けではありません。

もしムースを手作りするなら、ある程度ほかのスイーツで慣れてから挑戦することをおすすめします。

手作りスイーツは美味しくするのが一番難しい

それでは、手作りスイーツの中でも作るのが難しいとされるスイーツを5選してご紹介してみました。

もしスイーツ初心者が作るなら、パウンドケーキやクッキーなどがおすすめですが、どちらにしても、ただ作れるのと美味しく作れるのは違います。

手作りスイーツでどこを成功と判断するかでも違うので、一概には言えないんですね。

ただ、今回は初心者が避けた方がいいスイーツをご紹介してみましたので、まずはパウンドケーキやクッキーで生地の混ぜ方など慣れてから、挑戦してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント