おにぎらずの傷みにくい具と言えば?作り方のコツなども解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

おにぎらずの傷みにくい具と言えば?作り方のコツなども解説!

おにぎらずの傷みにくい具と言えば? 料理・スイーツ

おにぎらずは「クッキングパパ」で話題になったよね。

でも、夏場とか傷みにくい具はないのかな?

同じような具材でも、工夫すれば傷みにくくなるわ。

今回は、おにぎらずで傷みにくい具材や作り方のコツなど紹介するわね!

“おにぎらず”は、お弁当に適した食材を選ぶことで、持ち運びに強く、充実した食事を楽しむことができます。

ただし、材料選びや作り方によっては、食品が劣化しやすくなったり、食べづらくなったりする可能性もあるので注意が必要です。

耐久性のあるおすすめの食材とその作り方について、以下にご紹介します!

おにぎらずで傷みにくい具材!

おにぎらずに最適な具材と簡単な美味しいレシピをご紹介します。

昆布、鮭、梅干し、鰹節などがおにぎりにぴったりです。

おにぎらずは見た目が美しく、アレンジ自在で人気が高いですが、選ぶ具材によっては傷みやすくなりがちです。

以下のような具材はおすすめです。

耐久性が高い具材

  • 完全に加熱した食材
  • 揚げ物
  • 味付けが濃いもの(例えばスパムやベーコン)
  • 梅干し

一方で、レタスのような生野菜は鮮やかですが、時間が経つと劣化しやすくなります。

耐久性が低い具材

  • 水分量が多い食材や生野菜
  • 半熟卵
  • マヨネーズを混ぜた脂っこい具材

おにぎらずはメインのおかずを挟むことで、ボリュームがありながらも手軽なお弁当となります。

スパム&卵

スパムと卵は、特に相性が良く、フライパンでスパムに焼き目をつけることでさらに安全性が増します。

卵はしっかり火を通し、傷みにくくします。

韓国風キンパ

韓国風キンパおにぎらずもおすすめで、焼肉のタレで味付けした牛肉、茹でたにんじん、ほうれん草のナムル、薄焼き卵、たくあんを組み合わせると、色鮮やかでおいしいおにぎらずが完成します。

海苔にごま油を塗ると、さらに食欲をそそります。

照り焼きチキン&卵

照り焼きチキンと卵の組み合わせは、忙しい朝にも手軽に作れるおにぎらずの定番です。

缶詰を使用すると簡単で、両面焼きの目玉焼きを挟むことで、傷みにくくなります。

きんぴらごぼう

ご飯との相性が抜群なきんぴらごぼうも、しっかりと水分を飛ばすことで、傷みにくく食べやすいおにぎらずになります。

チキンカツ&唐揚げ

そして、冷凍食品のチキンカツや唐揚げを使用すると、簡単にボリュームたっぷりのおにぎらずを作ることができます。

大葉や梅肉を加えることで、抗菌効果を高め、夏場でもさっぱりとした味わいを楽しむことができます。

おにぎらずの作り方のコツ

おにぎらずを作る際には、食品が腐りにくい方法と包み方の技術が重要です。

ここでは、耐久性を高める作り方と包み方のコツを紹介します。

  • 手で直接触れずに作る
  • ごはんには酸味を加える
  • ごはんや具材は室温で冷ます

おにぎらずを安全に楽しむために、上記の要点を心に留めておきましょう。

素手で触らないようにすること

ごはんや海苔、具材に直接触れることなく作ります。

これにより、手についた細菌の繁殖を防ぎます。

また、海苔を包む際にはラップを使用することをおすすめします。

ごはんに酢を加える

湿気を含んだごはんは細菌が繁殖しやすいため、お酢の抗菌・防腐効果を利用します。

ごはんを炊く際に少量のお酢を加えると、香りも残らずに効果を得られます。

ごはんや具材は冷ます

温かい状態で包むと、中で熱がこもり細菌の繁殖を助けてしまいます。

ごはんや具材が適切な温度になるまで待ってから作り始めることが大切です。

おにぎらずの包み方のコツ

大きめの海苔の上にごはんをひし形に置き、海苔の角がごはんの角とずれるようにします。

少なめのごはんで始め、箱を包むように海苔で包みます。

おにぎらず専用の便利グッズを使用するとさらに簡単になります。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

断面が美しい包み方

海苔に切り込みを入れ、ごはんや具を置いて左下から時計回りに折りたたむと、美しい層ができ上がります。

具材は少し間隔を開けて置くと折りたたみやすくなります。

おにぎらずを持ち運ぶ際の注意点

適切な具材を使用しても、温度が25℃を超えるような暑い環境では食品が傷む可能性があります。

お弁当を持ち運ぶ際には、保冷バッグや保冷剤を利用しましょう。

また、食品用アルコールスプレーを使用して細菌の繁殖を抑えることも有効です。

おにぎらずは傷みにくい具でアレンジしよう! まとめ

おにぎらずを作る際には、保存性を高める工夫が重要です。

  • 水分を含む生野菜は避け、しっかりと加熱した食材を使用する。
  • 食材の冷却は必須で、ご飯をはじめとする全ての材料は室温で冷ます。
  • 防腐効果のあるお酢をご飯に混ぜて傷みを防ぐ。
  • 持ち運びには、保冷バッグや保冷剤を使って新鮮さを保つ。

色々な具材でアレンジを楽しみながら、これらのポイントを活用しておにぎらずを作ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!