メレンゲ作りで失敗しても大丈夫?活用して他のスイーツに変身させちゃおう!

失敗したメレンゲの活用術 料理・スイーツ

メレンゲは失敗も多い?

あちゃー!やっちゃったよ!メレンゲ大失敗の巻だよ…。

メレンゲって慣れちゃえばなんてことないけど、最初はまず大きな関門よね。泡立てすぎちゃったの?

今回は失敗したメレンゲの活用法などを紹介するわね!

 

こんにちは。トレトレです。
メレンゲは失敗には大きく2種類があり、泡立てが足りないか泡立て過ぎるかに分かれます。
お菓子作りをするなら、メレンゲの失敗はしたくないもの。

今回は、失敗したメレンゲの活用術として、リメイクレシピなどをご紹介します!

失敗したメレンゲの活用術!

メレンゲ作りって、ある程度慣れた頃でも、なぜか失敗することがありますよね?
私も、いつも通りに作っていたはずなのに、なかなか固まらず、泡立てているうちにトロトロになった経験があります。

メレンゲは、卵白を泡立てて作りますが、砂糖も入るので、料理に流用しようにも甘すぎて…
そんな時に、活用術を知っておくと、トロトロになったメレンゲでも他のスイーツに使うことができます。

それでは、以下に失敗したメレンゲの活用術をご紹介しますね!^^

活用術①スフレパンケーキ

そのままだと甘いメレンゲは、スフレタイプのパンケーキにするという方法があります。
パンケーキなら、甘くても大丈夫ですし、元々ある程度は泡立っているので、スフレパンケーキに変身も可能なんですね。

以下に、簡単なレシピもご紹介です!

【材料:2人分】

卵黄…2個 卵白…2個 薄力粉…30g BP…1g
サラダ油…大1 牛乳…大1 グラニュー糖…30g バター…10g

こちらのグラニュー糖と卵白を、失敗したメレンゲで代用するレシピです。

【作り方】

  1. ボールに、卵黄、牛乳、サラダ油を良く混ぜます。
  2. 薄力粉とBPを一緒にふるいいれ、粉っぽさが消えるまで混ぜます。
  3. 失敗したメレンゲを、ボールに加えて、さっくりと切るように混ぜます。
  4. 中火で熱したフライパンにバターを引き、生地をおたまですくい入れます。
  5. 焼き色がついたら裏返して、3分蓋をして蒸し焼きにします。
  6. お皿に盛りつけたら、完成です。

活用術②卵白のプリン

メレンゲが失敗しても、プリンなら簡単に変身が可能です。
そもそもプリンは、とろとろでOKなので、活用するなら、メレンゲをプリンにしてしまいましょう!

レシピもご紹介しますね!

【材料】

卵白…2個分 三温糖…40g 牛乳…400cc インスタントコーヒー…大さじ1

この卵白と三温糖を、失敗したメレンゲに変更すればOKです。
メレンゲに砂糖を加えないで作っていた場合は、三温糖は入れるようにします。

【作り方】

  1. 鍋に牛乳、コーヒー、三温糖(メレンゲに砂糖が入ってる場合は入れない)を入れて、中火で沸騰しないように加熱します。
  2. 失敗したメレンゲに、牛乳液を少しずつ加え、その都度混ぜます。
  3. 2回こしたら、容器に入れて、泡を取り除きましょう。
  4. 熱湯を張った鍋に容器を並べ、蓋をしたら、極弱火で7~8分蒸します。
  5. 揺らしたらフルフルとなればOKなので、そのまま室温で5分ほど冷ましましょう。
  6. 粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やして完成です。

オーブンを使わないので、割と簡単にできると思います。
メレンゲが失敗してトロトロになっても救済できる、おすすめの活用術です。^^

活用術③フィナンシェ

個人的に一番おすすめなのが、フィナンシェに変身させてしまうことです。
フィナンシェの場合、例えメレンゲがトロトロになっても、混ぜて寝かすだけで出来るので、しっかりと活用できます。

こちらも、以下に簡単なレシピをご紹介しますね。

【材料:12個分】

卵白…M5個分 砂糖…50g 薄力粉…小2 苺ジャム(あれば)…小1

この卵白と砂糖を、失敗したメレンゲに置き換えます。
大量に失敗した時にも便利なので、ぜひ活用してみてください。

【作り方】

  1. 失敗したメレンゲに、薄力粉とあればジャムを加えて、よく混ぜます。
    (砂糖だけでも結構な甘さがあるので、味を見ながら、ジャムなど加えてみてください。)
  2. 型(アルミカップなど)に流しいれ、180度のオーブンで30分ほど焼きます。
  3. 焼いたら、冷めてから型から外せば完成です!

混ぜて焼くだけの簡単レシピなので、失敗したメレンゲでもOKです。
ぜひ、試してみてくださいね。^^

メレンゲの失敗原因はどこ?

そもそもメレンゲが失敗する原因を知っておけば、同じ失敗をしなくて済みますよね?
なので、まずなぜメレンゲが失敗してしまうのか、原因を探っていきましょう!

①ボールに油分や水分が残っていない?

私が一番最初に失敗したのは、こちらが原因でした。
しっかりと洗ったボールで、しかも綺麗に拭いておかないと、泡立てても時間が経ってもメレンゲが作れなくなり、トロトロになります。

意外と見落としがちなのが、泡立て器で、こちらの水分や油分もしっかりと確認してくださいね。

②卵が古くなっていない?

こちらも私が経験したことがありますが、卵の賞味期限が切れて、コシが無くなっていると、いくらやっても泡立ちません。
最初に泡立て始めた段階で、クリーム状にならないようなら、卵が古すぎる可能性があります。

特に、最初から常温保存ではなく、冷蔵庫に入れた後常温保存した場合は、卵の泡立ちが悪くなるので、早めに使うようにしてください。

③砂糖を最初から入れていない?

メレンゲは、最初に砂糖を入れるとしても、ひとつまみからです。
最初から分量の砂糖を全部入れてしまうと、泡立ちが悪くなり、トロトロのメレンゲになってしまいます。

砂糖をひとつまみ入れてから泡立て始め、生クリーム状になったら、残りの砂糖を2回に分けて加え、その都度しっかりと泡立てるのがポイントです。
最初から、砂糖を入れ過ぎないように注意してくださいね。^^

メレンゲを初心者が作るなら、ハンドミキサーが便利

私はメレンゲを作る時に、泡立て器で作ることが多いですが、初心者の方や腕が疲れるのが嫌という場合は、やはりハンドミキサーが便利です。
以下に、おすすめのハンドミキサーをご紹介しますので、参考にしてみてください。

メレンゲは失敗しても大丈夫!

それでは、メレンゲを失敗した時の活用術と、メレンゲの失敗する原因をご紹介してみました!
メレンゲは、原因さえわかれば、もう失敗しないで済みます。

また、もし失敗しても救済策はあるので、失敗しても捨てずに、他のスイーツなどに活用するのがおすすめ。
メレンゲの活用術は、探せば沢山あるので、もし他のレシピを知りたいなら「メレンゲ 失敗 ○○」などで検索すると見つかります。^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました