ファットスプレッド・マーガリン・バターの違いは?選び方のコツ! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

ファットスプレッド・マーガリン・バターの違いは?選び方のコツ!

ファットスプレッド・マーガリン・バターの違いは? 食に関する悩み事

良く間違うんだけど…

ファットスプレッドとマーガリン、バターって似ているよね?

確かに見た目は似てるけど、内容は違うわ。

今回は、ファットスプレッド、マーガリン、バターの違いを紹介するわね!

この記事では、マーガリン、ファットスプレッド、そしてバターという三種類の食品について、それぞれの特徴と違いを詳細に説明しています。

ファットスプレッド・マーガリン・バターの違いは?

まずバターですが、主原料が牛乳で、その乳脂肪を練り固めて作られます。

バターの特徴は、その温度による形状の変化です。

冷蔵されると固まり、室温では塗りやすい柔らかさになり、さらに温度が上がると溶け出します。

バターはその豊かな味わいや香りが特徴で、料理や製菓に広く使用されます。

ただし、価格が比較的高く、保存期間も限られています。

マーガリンとは

マーガリンは主に植物油脂を原料とし、バターの代用品として開発されました。

これは油脂の含有量が80%以上で、乳脂肪分が40%未満のものを指します。

マーガリンは形状が安定しており、バターに比べて価格が安く、保存期間も長いという特徴があります。しかし、バターほどの風味はありません。

ファットスプレッドとは

最後に、ファットスプレッドはマーガリンの一種で、油脂含有量が80%未満のものを指します。

これは低脂肪でカロリーも低いため、健康志向の商品に多く見られます。

その柔らかさとすぐに溶ける性質は、特にパンに塗るのに適していますが、加熱調理には不向きです。

これらの食品はそれぞれ独自の特性を持ち、使用する際にはそれぞれの特徴を理解することが重要です。

バターとマーガリンは元が違う?おさらい

バターとマーガリンは、見た目や使用法が似ていますが、原材料、製造プロセス、栄養成分、そして風味においてはっきりとした違いがあります。

バターは牛乳を原料とし、特にその乳脂肪分を80%以上含むように作られます。

これに対して、マーガリンは主に植物油脂を基にしており、油脂含有率が80%以上であることが一般的です。

また、油脂含有率が80%未満の製品はファットスプレッドと呼ばれます。

製造面での違い

製造面では、バターは牛乳からクリームを分離し、それを撹拌して乳脂肪を凝集させることで作られます。

一方、マーガリンは食用油脂に水、食塩、その他の乳成分やビタミンなどを加え、乳化させた後に冷やして固めます。

栄養面での違い

栄養的には、バターには乳脂肪とビタミンAが豊富に含まれていますが、マーガリンも脂質の量は同程度です。

ただし、使用される原材料が異なるため、含まれる脂肪酸の種類やコレステロールの量に差があります。

風味での違い

風味の面では、バターは牛乳独特のクリーミーな香りと深い味わいが特徴で、料理やお菓子作りには欠かせない存在です。

一方、マーガリンはよりあっさりとした味が特徴です。

また、ファットスプレッドには、果実やチョコレートなどの風味を加えることもあります。

歴史の違い

歴史的には、バターの起源は明確ではありませんが、紀元前2000年頃のインドの記録には既にバターの製造に関する言及があります。

対照的に、マーガリンは1869年にフランスで生まれ、牛脂と牛乳を混ぜて冷やし固めることで製造されたのが始まりです。

これらの食品は、それぞれ独自の特性を持ち、様々な料理や用途に応じて使い分けることができます。

トランス脂肪酸に関する健康影響

最近、トランス脂肪酸に関する健康影響についての懸念がメディアで取り上げられており、消費者の間での不安が広がっています。

特に、トランス脂肪酸を過剰に摂取することが心血管疾患のリスクを高めるという報告があり、世界保健機関(WHO)からは、トランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の1%未満に抑えるよう勧告されています。

しかし、日本人の平均的な摂取量は比較的少なく、日常の食生活での健康影響は限定的であるとされています。

さらに、食品メーカーによる改良により、食用油脂のトランス脂肪酸含有量は過去より大幅に削減されています。

マーガリンについての一般的な誤解

マーガリンについての一般的な誤解は、それが「バターの代替品」と見なされることです。

実際には、マーガリンはパンの食感を変えるなど、バターにはない独自の風味や特性を持っています。

また、バターと比較して、マーガリンは味が控えめで、小麦などの素材の風味を際立たせます。

トランス脂肪酸はマーガリンの方が低い?

トランス脂肪酸については、現在のマーガリンはバターの約半分の量しか含まれていないことも注目に値します。

これは油脂メーカーの努力によるもので、100gのバターに含まれる1.9gのトランス脂肪酸に対し、同量のマーガリンには0.99gしか含まれていません。

これにより、バターとマーガリンはどちらも健康に配慮した食品として安心してお召し上がりいただけます。

ファットスプレッド・マーガリン・バターの違いについてのまとめ

「バター」、「マーガリン」、「ファットスプレッド」という三つの用語の意味をご理解いただけたでしょうか。

これらの用語は、それぞれの食品の原材料や特性を示す上で重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!