ラカントのデメリットと危険性とは?過剰摂取の影響など解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

ラカントのデメリットと危険性とは?過剰摂取の影響など解説!

ラカントのデメリットと危険性 料理・スイーツ

ラカントは甘味料として有名だけど…

食べ過ぎるとデメリットが発生するって本当かな?

ラカントの取りすぎには危険性があるとも言われてるわね。

今回は、ラカントの取りすぎによるデメリットなど紹介するわ!

糖分やカロリーが気になる方や体重管理をされている方に適した甘味料として、ラカントが注目されています。

これはカロリーゼロで糖分も含まないため、食事制限中の甘味に好適です。

一方で、この甘味料に潜在する健康リスクについて懸念する声も存在します。

今回は、ラカントの安全性についてご紹介します!

ラカントのデメリットと危険性

ラカント、またはラカントSとは、ウリ科の果実である羅漢果から抽出された甘味エキスと、エリスリトールという甘味成分を含む甘味料の商標名です。

これは、料理やお菓子作り、飲料の甘み付けに多用されています。

エリスリトールは「糖類」に分類されますが、エネルギーの代謝に関与しないため、実質的なカロリーを加えません。

また、血糖値に影響を及ぼす糖分を含まないため、血糖値やインスリンのレベルに影響しません。

ラカントに関しては、正しい量で摂取すれば健康上のリスクは小さいとされています。

ラカントの主成分である羅漢果エキスとエリスリトールはどちらも天然成分で、安全に管理されています。

エリスリトールは天然に存在する甘味料で、多くの果物や発酵食品にも含まれています。

ラカントの取りすぎが危険な理由

国際的な食品安全機関もエリスリトールの安全性を認めていますが、普通の食事量を超える摂取についてはまだ十分な情報がないため、過剰摂取は避けるべきです。

エリスリトールを過度に摂取すると、消化されにくい特性が原因でお腹がゆるくなる場合があります。

成人では一度に30~40グラムを摂取すると下痢を引き起こす可能性があります。

また、カロリーゼロの甘味料を多用することで食べ過ぎの原因になることもあります。

これは、甘味料が血糖値を上昇させず、脳が満腹感を感じないためです。

したがって、ラカントは適度に、特に甘みを求める時に控えめに使用することが推奨されます。

ラカントsの過剰摂取が健康に与える影響とは?

糖尿病や体重管理に配慮したラカントsは、羅漢果とエリスリトールを含み、これらはカロリーを含まないため糖尿病患者にもよく使用されます。

しかし、この甘味料の長期間の過剰摂取は潜在的な健康問題を引き起こす可能性があります。

影響①インスリン分泌の変動

カロリーがなくともラカントsを含む人工甘味料を摂取すると、体はインスリンを分泌します。

これが血糖レベルと同調せず、最終的にはインスリンの分泌が低下する可能性があり、糖尿病を引き起こすリスクが指摘されています。

影響②消化器系の不調

主成分のエリスリトールは消化されにくい性質があり、過剰に摂取した際に消化吸収されず大腸に到達し、下痢を引き起こすことがあります。

影響③味覚の変化

長期間にわたるラカントsの使用は、味覚の鈍化を引き起こすことがあり、結果として甘味料に依存するようになる恐れがあります。

影響④過食と体重増加

ラカントsは砂糖の約75%の甘さであり、過剰に摂取することで満足感が得られにくくなり、食べ過ぎや体重増加の原因になることもあります。

ただし、これらはあくまで過剰摂取によるものであり、適量を守れば問題はないとされています。

ラカントsは妊娠中や子供にとって安全か?

カロリーと糖質が低いため、妊婦や子供にも適していると考えられがちなラカントsですが、メーカーはエリスリトールの安全性を確認しています。

妊娠中や子供にとって安全とされている

メーカーSARAYAは、「妊娠中や子供に使っても安全ですか?」という問いに対して、エリスリトールがさまざまな安全性試験に合格していることを確認しており、基本的には安全であるとしています。

乳幼児の使用は控えるべきか

しかし、妊娠中の女性や乳幼児には、体質によっては避けた方が無難なケースもあります。

特に乳幼児は、新しい物質に敏感なことから、初めての摂取には注意が必要です。

以上の情報は、2023年8月31日時点での情報であり、詳細や最新の研究結果については医師や専門家に相談することをおすすめします。

ラカントは取りすぎるとデメリットが大きくなる まとめ

この記事では、ラカントsの安全性について触れ、その過剰摂取がもたらす健康リスクにも焦点を当てています。

ラカントsは日本の公的な安全基準を満たした甘味料であり、適量を守れば健康維持や体重管理に寄与する可能性があるとされています。

試してみたい方は、通常の砂糖の代替品として取り入れてみるのが良いでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!