高校生はカラオケ何時までいれる?保護者同伴のケースなど解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

高校生はカラオケ何時までいれる?保護者同伴のケースなど解説!

高校生のカラオケは何時までいれる? 雑学・地域

疑問なんだけど、高校生はカラオケ何時までいれるんだろ?

保護者が同伴したら、遅くまでいられるのかな?

高校生だけだと、夜遅くが危険なのは間違いないわね。

今回は、高校生はカラオケに何時までいれるのかなど紹介するわ!

多くの高校生が成長するにつれ、友人とのカラオケでの遊びを楽しむようになります。

年をとるごとに遊びの選択肢が増え、夜更かしも許されるようになるため、彼らはより長い時間楽しむことを望むかもしれません。

ただ、高校生がカラオケボックスを利用できる時間には一定の規制があります。

今回は、高校生がカラオケでどの程度の時間まで遊べるかという問いに焦点を当ててみます!

高校生はカラオケ何時までいれる?

高校生はカラオケでいつまで遊べるのでしょうか?

一般的には、未成年の高校生が友人同士でカラオケを楽しむことができるのは、夜の10時までとされています。

これは、日本カラオケボックス業界団体が設けた「自己規制ガイドライン」に基づいています。

具体的には以下のようになっています。

16歳以下の青少年は夜6時以降の使用を制限し、18歳以下の青少年は夜10時以降の使用を制限する。 (注意)青少年の利用時間制限は、地域によって異なる青少年保護育成条例に準ずる。
出典:一般社団法人日本カラオケボックス協会連合会『非行防止のためのカラオケボックス自主規制ガイドライン』(最終確認日:2023年2月10日)

これにより、まねきねこやビックエコーなどの主要なカラオケチェーン店は、高校生が夜10時まで利用できるように自主規制しています。

これは、未成年者による犯罪を防ぐ目的で、18歳未満の利用者に対して店側が設けた時間制限です。

ただし、学校の規則によっては、10時より早く退去する必要がある場合もありますので、カラオケに出かける前に校則を再確認することが重要です。

保護者同伴のカラオケの楽しみ方について

保護者同伴の場合、高校生はカラオケをどれくらいの時間まで使えるかという疑問について、一般的には夜11時までとされています。

地方自治体によって定められた「青少年保護育成条例」により、夜遅くの未成年の外出を規制しているためです。

例えば、東京都の場合、午後11時から翌4時までの間、正当な理由なしに16歳未満の青少年を連れ出す行為は、罰則の対象となっています。

これにより、たとえ保護者が同伴している場合でも、高校生は夜11時には帰宅する必要があります。

カラオケでの高校生の安全な遊び方に関するアドバイス

高校生がカラオケで楽しむ際には、以下の点に注意することが望ましいです。

不良や問題を起こす人々から身を守る

カラオケはしばしば不良たちのたまり場になることがあります。

彼らによる金銭の要求やトラブルの可能性があるため、特に治安の悪い地域では慎重に行動しましょう。

また、カラオケ店で提供されるお酒により酔っぱらいに絡まれるリスクもあります。

そのような場合は迅速に警察に通報することが推奨されます。

犯罪に巻き込まれないようにする

カラオケボックスでの性犯罪の発生が報告されており、防音の個室で大音量が流れている場合、外部に声が届きにくい状況が考えられます。

このような時に備えて、140デシベル以上の音量を出せる防犯ブザーの携帯が推奨されています。

SNSへの不適切な投稿を控える

迷惑行為やその様子をSNSに投稿することは避けましょう。

場合によっては、カラオケ店から賠償を求められる可能性もあります。

SNSでの情報拡散は、予想外のトラブルへと発展しやすく、家族を含めた長期的な影響を及ぼす恐れがあるため、常に社会的なルールを遵守することが重要です。

カラオケは保護者同伴でも時間制限がある まとめ

成人に近づくにつれて、夜更けのカラオケの楽しみが手に入るものの、自己管理が伴わなければリスクに直面することも少なくありません。

残念ながら、年々、若者を標的にした犯罪の報告は後を絶たない状況です。

「問題ないだろう」と楽観視してしまうと、自分自身や身近な人々が取り返しのつかない被害に遭遇する可能性があります。

この点を念頭に置きながら、楽しく、かつ安全に時間を過ごすことを心がけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!