2022年のトヨタのお盆休みは9連休?トヨタカレンダーとは何かも解説!

2022年のトヨタのお盆休みは9連休8月

2022年のトヨタのお盆休みは9連休らしいね。

でもトヨタカレンダーって何のことだろ?

トヨタカレンダーは祝日勤務や長い連休が特徴らしいわ。

今回は、2022年のトヨタのお盆休みとトヨタカレンダーについて解説するわね!

こんにちは。トレトレです。

トヨタカレンダーに沿って休日が決まる企業もあり、2022年のお盆休みはどれくらいの長さになるのかを気にしている方もいらっしゃると思います。

今回は、2022年のトヨタのお盆休みはいつからいつまでなのかなどご紹介します!

2022年のトヨタのお盆休みは9連休

2022年のトヨタのお盆休みは9連休で、8月13日から8月21日までの9連休となります。

トヨタと言えば連休が長いイメージがありますが、2022年のお盆休みも一般企業と比べて長いですね。

ちなみに、2021年のトヨタのお盆休みは、8月7日から8月15日までの10連休でした。

そもそもトヨタの週末の休日は、土日が基本となりますが、お盆と重なることで、8月22日の月曜から業務再開となりそうですね。

サービス業では考えられないほどの長期休暇ですが、自動車関連の会社や工場は、工場のメンテナンスや従業員を休ませるために、一気に休暇を取ります。

まとめて休みを取る方が効率がいいとの理由もありますが、普段の仕事がきつい分、長期休暇はむしろ必要かもしれませんね。

トヨタのディーラーもお盆休みに入る?

2022年のトヨタのディーラーのお盆休みは、8月9日から8月15日までと予想されます。

通常であれば、トヨタの自動車販売会社では、定休日が月曜日です。

なので、連休明けは8月16日から営業が開始され、翌週からは普段通り月曜日が定休日となると予想されます。

また、一部のトヨタのディーラーの中には、本社と同じ休みを取る会社もあり、その場合、同じように9連休となります。

もし、連休中にトヨタのディーラーを利用することが決まっているなら、ホームページを参考にして、連休日に来店しないように気を付けてくださいね。

トヨタカレンダーと普通のカレンダーの違い

トヨタカレンダーと普通のカレンダーとの大きな違いは「祝日も稼働する工場があること」と「通常の企業よりも連休が長いこと」です。

2022年もお盆休みは9連休もありますし、ゴールデンウィークなども長めに設定されています。

もし、2022年のお盆休みなどを確認するなら、公式ページのトヨタカレンダーも確認してみてください。

2022年版 トヨタカレンダー

なぜ、トヨタカレンダーで連休が長いかの理由は、上記でもご紹介しましたが、トヨタの場合、祝日も働く日に設定されることが多いからです。

祝日に働く分、連休くらいはゆっくりと従業員を休ませてあげようという心意気なのかもしれません。

とくに、愛知県を中心として、愛知県や岐阜県、三重県などはトヨタカレンダーを使うことが多く、祝日でも働くことが多いんですね。

トヨタカレンダーが作られた理由

そもそもトヨタカレンダーは、トヨタ自動車を中心としてトヨタグループやトヨタの関連会社、下請け会社などのために作られています。

大小さまざまな関連会社があるトヨタでは、どの会社もスムーズに業務が進むようにと、オリジナルのカレンダーを参考にできるようになっているんですね。

生産部門やフレックス部門による差もありますが、連休自体はどちらも同じトヨタカレンダーが適用されることも多くなっています。

連休が長いことで社員のモチベーションも上がり、しっかりと休みがあるとのメリットが新入社員を呼び寄せやすくなっているわけです。

昨今では、ワークライフのバランスを重視する方も多いので、やりがいを感じられる仕事であることはもちろん、連休が長いことは社員にとっても大事な要素かもしれません。

2022年のトヨタカレンダーが確定

それでは、2022年のトヨタのお盆休みはいつからいつまでなのかや、トヨタカレンダーと普通のカレンダーとの違い、トヨタカレンダーが作られた理由などご紹介してみました。

トヨタカレンダーに沿って休みを取るのは、愛知県や岐阜県などが多いですが、9連休の休みって普通に考えても長いですよね。

連休中は、ぜひ車で近場に遊びに出かけてリフレッシュするなどして、普段休めない分、しっかりと体を労わってあげてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント