パウンドケーキで失敗しないために!失敗あるあるとポイントなどご紹介!

パウンドケーキの失敗あるあるお菓子失敗あるある

パウンドケーキの失敗って凹む…

 

パウンドケーキって手軽に作れてよいよね!

でもその分、失敗すると凹むんだよなぁ。

わかるわー!基本ができてないと難しいのよね。

それじゃ今回は、パウンドケーキなどのバターケーキの失敗あるあるを紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
バターケーキといえば有名なのはパウンドケーキですが、割と失敗もしやすいケーキですよね。

今回はパウンドケーキの失敗あるあるから、成功のポイントなど探っていきます!

パウンドケーキの失敗あるある

パウンドケーキって、一番最初に作ったのがレモンケーキだったんですが、当時はまだネットが普及していなくて、レシピを探すのにも苦労した思い出があります…

パウンドケーキは、どっしりずっしりとしていないと美味しくないですし、作った当日よりも冷蔵庫で一晩置かせた方が絶対に美味しい!

それでは、以下にバターケーキもとい、パウンドケーキの失敗あるあるをご紹介しますね!^^

失敗あるある①ボソボソに仕上がる


画像引用元:今日の手作りおやつ

ボソボソに仕上がるパウンドケーキは、失敗例の中でも一番多いですよね。

ボソボソになっちゃう原因は、まずバターが白くふんわりするまで泡立てていないか、メレンゲがしっかりと泡立っていないかが原因です。

またバターに卵を一気に加えると分離しちゃって、これまたボソボソになります!

卵を加える時には、必ず室温に戻した卵を使うことと、一気に加えないで混ぜながら少しつずつ加えるのがポイントです。

卵は3回くらいに分けて加え、入れる度にしっかりと混ぜるとボソボソを回避できますよー。^^

失敗あるある②粉の固まりが残る


画像引用元:大学弁当

古い粉を使ったり、粉を一気にどっさり入れたりすると、生地に粉がダマになって残る場合があります。

粉は手早くさっくりと混ぜる必要がありますが、基本は2~3回に分けて加えると成功しやすいです。
ただ練ってしまうと、生地が固くなっちゃうので、混ぜすぎには注意してください。

もし混ぜるときにダマが気になるなら、一度ふるってから入れると混ぜやすくなります。

たとえば、一度に粉を120gくらい入れちゃうと、混ぜ足りなくなり、下の方に粉が残る可能性もあります。

失敗を防ぎたいなら、粉を2~3回に分けて、さらに全体に広がるようにふるい入れると、きれいに混ざり、ダマになる危険性も下がるのでおすすめです!^^

失敗あるある③固くてふくらみが悪い


画像引用元:双子ままの日々のこと

薄力粉には少ないとはいえ、グルテンが含まれています。
パウンドケーキも混ぜすぎると、グルテンのせいで固くなり、ふくらみも悪くなっちゃうんですね。

生地を混ぜる時には、さっくりと混ぜるのを意識して、決して慌てないことが大切です。
慌てて泡だて器で混ぜてしまうと、どうしても混ぜすぎになります。

生地を混ぜる時には、あればゴムベラを使い、なければ木べらで練らないようにさっくりと混ぜるのが基本です。

決して、泡だて器で練り混ぜないようにしてくださいね。^^

失敗あるある④外が焦げて中が生焼け


画像引用元:今日の手作りおやつ

オーブンはそれぞれ癖みたいなのがあって、必ずしもレシピ通りに焼いてもうまくいかないこともあります。

オーブンの温度が高すぎると、外側だけが焦げて、中はまだ生焼けになる可能性も高いです。

もしまだオーブンに慣れていない頃は、焼いている途中でオーブンを覗き込み、表面が焼けているかを確認したら、竹串を中央に刺してみましょう。

竹串に生地がくっつかないようなら、中まで焼けているので大丈夫です。

もしパウンドケーキなどのバターケーキを焼くなら、オーブンの上段に入れると、表面が先に焦げてしまうので、中段もしくは下段(中段がなければ)にいれましょう。

もしガスなどの火の通りが早いオーブンの場合は、型の周りをアルミホイルで包んで、じっくりと焼けば大丈夫です。

失敗あるある⑤ドライフルーツが沈む…


画像引用元:じげ風呂

レーズンなどのドライフルーツは、できれば均一に散らばってほしいですよね。
でも、下にたまって沈んじゃう失敗って意外と多いんです!

もし簡単に対策をしたいなら、薄力粉を先にまぶしておくと、生地を混ぜたときに糊のようにくっついて失敗しづらくなります。

また私が取っている対策は、まずドライフルーツなどは多めに入れる、生地の半量をかぶせるようにふるってから混ぜる方法です。

とくにラム酒漬けドライフルーツなどは、少量だと逆に沈みやすくなります。
混ぜる時に、粉をかぶせるようにするだけでも、沈みにくくなるのでぜひ試してみてください!

もし薄力粉をドライフルーツにまぶすときには、ラム酒漬けなどは水分が多いので、キッチンタオルでしっかりと水分をふき取ると、沈まなくなります。

失敗あるある⑥果物が生っぽくなる


画像引用元:レピレピ

りんごやバナナなどの生のフルーツは、そのまま生地に入れて焼くと、水気や生っぽさが残ることがあります。

ムラになって焼ける原因にもなるので、まずバターでソテーしてから入れる、ピューレにしてから加えるなどしてみてください。

生地を少し焼いてから加えれば、沈み込むのも防げますよー。

生のフルーツはドライフルーツと違い、水分が多いので、粉をまぶすだけでは足りません。

バターで軽く炒めてから加えると、油が膜になり、生っぽさを消せるので、ぜひ試してみてくださいね!^^

パウンドケーキは基本に忠実に!

それでは、パウンドケーキの失敗あるあると、その対策法などご紹介してみました。

パウンドケーキは手軽に作れるので人気がありますよね。
でも一方で、うまく焼けないと悩む方も多いです。

ぜひ、ポイントを押さえてみて、失敗を減らしてみてください。

生地が参考になりましたら、嬉しいです!^^