ガトーショコラが生焼けになったら?焼き直し方法や見分け方など一挙にご紹介!

ガトーショコラが生焼けになったら? バレンタイン
Advertisements

ガトーショコラが生焼けになっても大丈夫!

 

あちゃー!ガトーショコラが生焼けになっちゃったよ!

これって焼き直しって出来るのかな?
だとしたら、何で焼き直ししたらいいんだろ?

そうね。焼き直し方法にはレンジやオーブンがあるけど…。

まずは、生焼けかどうかチェックする必要があるわ。

今回は、ガトーショコラが生焼けになったかどうかの見分け方やおすすめの焼き直し方法を紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
ガトーショコラが生焼けになることって、意外と多くありますよね。
私も生焼けになって焦ったことがありますが、そんな時に焼き直しの方法を知っていれば、ちゃんと復活できます。

今回は、ガトーショコラが生焼けになってるかどうかの見分け方、生焼けになった場合の焼き直し方法などご紹介しますね!^^

ガトーショコラが生焼けになった時の焼き直し方法


画像引用元:Yahoo!知恵袋

ガトーショコラが生焼けになってしまったら、もう終わり!と諦める前に、以下のような焼き直し方法を試してみてください。
生焼けはある程度焼き直しも可能なので、まだ落ち込むのは早いです!

焼き直し方法は、2種類ありますので、以下の方法をぜひお試しください。

焼き直し方法①レンチン

ガトーショコラが生焼けになった場合は、一番簡単な焼き直し方法はレンチンすること。
電子レンジは、ガトーショコラの内部から温めることが可能なので、手っ取り早く生焼けの対処をするなら、レンジが一番楽なんですね。

ただ、レンジを使う場合は、少しずつ様子を見ながら温めないと、周りが焦げたり、全体が固くなりすぎるなんて失敗例もあります。
なので、まずやは600Wのレンジで1分加熱して様子を見てみましょう。

竹串を中央に刺してみて、生地がくっつかない程度になるまで、20秒ずつ加熱すると、うまく生焼けの焼き直しができますよー。^^

焼き直し方法②オーブンで追加焼き

ガトーショコラをオーブンから出してすぐに、竹串を中央に刺してみて、生地がつくようならそれは生焼けの証拠です。
オーブンで焼き直しをするなら、オーブンがまだ温かいうちにやらないといけないので、ちょっと急ぎましょう。

最初のうちは、オーブンからケーキを取り出した時に、ドアを開いたままにせずに閉じておいて、庫内の温度が下がらないようにするのもポイントです。

オーブンが熱いうちに、5分程追加焼きしてみましょう。
まだ竹串に生地がつくようなら、また追加で5分程焼きます。

もし表面が焦げそうなら、アルミホイルをかぶせながら、追加焼きを繰り返します。
本当は追加焼きが必要ないのが一番ですが、もしガトーショコラが生焼けになった場合は、竹串に生地がついてこないくらいまで、追加焼きするのも一つの方法です。

ガトーショコラの生焼けの見分け方


画像引用元:Yahoo!知恵袋

ガトーショコラはチョコケーキなので、外見を見ただけでは、生焼けかどうかが見分けづらいです。
香りでわかるなんて人もいますが、プロでない限り無理そう…💦

なので、一番簡単な見分け方は、竹串を生地の中央に刺してみることです。
爪楊枝でも確認できますが、ケーキが大きい場合長さが足りないので、出来れば長めの竹串を使いましょう。

竹串を中央に刺してみて、串にべたっと生地がくっついてきたら、生焼けです。
きちんと焼け手入れば、綺麗なまま竹串が抜き取れるはず。
もし引き抜く時に粘った感じで、竹串が重たく感じた場合も生焼けなので、もし生焼けだと思ったら、上記の方法のように、オーブンで追加焼きをするか、レンチンしてください。

生焼けのガトーショコラは冷やすと良い?

ガトーショコラが生焼けになった場合、冷蔵庫に入れるという方も多いかと思います。
ただ、こちらは正解ではありません。

一見固まったように見えても、それは生地内に含まれるバターが固まっただけで、もちろん中身は生焼けのままです。
ガトーショコラには卵や生クリームなどが含まれてるので、生焼けのケーキは日持ちもしませんし、食べるとお腹を壊すこともあります。

生焼けのケーキになったら、冷蔵庫で冷やすことはせずに、オーブンで追加焼きをするか、レンジで温めて、まず生焼けを何とかしましょう。

ガトーショコラが生焼けになる原因は?

では、そもそもガトーショコラが生焼けになる原因を探っていきましょう。
原因がわかれば、そもそも生焼けになる失敗を防ぐことができます。

原因①焼き時間が短すぎるから

ガトーショコラは生地のレシピやオーブンの性質にもよりますが、平均して30~40分程焼くことが多いです。
もし焼き時間を10~15分などに設定してしまうと、チョコや生クリームが多いガトーショコラは、当然内部が生焼けになります。

焼いている間に焼き加減が気になり、オーブンの扉を開けたくなる気持ちはわかりますが、扉をちょっと開けるだけでも庫内の温度が下がってしまうので、まずは焼き上がりまでぐっと我慢をしてください。

30分から40分以上焼いても、まだ中身が生焼けの場合だけ、焼き直しが必要になります。

原因②オーブンの予熱をかけていないから

オーブンはどのタイプでも、必ず予熱をかける必要があります。
予熱をしないで、オーブンに生地を入れてしまうと、ヒーターに近い部分だけが先に焼けるなど、焼きムラが出来てしまい、結果生焼けになることも。

レシピ通りに作っているのに、生焼けになった!などの場合は、もしかしたらオーブンがきちんと温まっていないのかもしれません。
オーブンは電気にしろガスにしろ、しっかりと予熱をして、庫内を温めてから、ケーキを焼くようにしてくださいね。

原因③オーブンの温度が高すぎるから

ガトーショコラの表面が焦げているのに、中身は生焼けと言う場合は、焼く時の設定温度が高すぎるせいです。
オーブンの種類によって、例えレシピ通りに作ったとしても、温度が高すぎる場合もしばしば。

もし焼いている間に焦げた匂いがする時には、一旦オーブンの扉を開け、すばやくケーキにアルミホイルをかぶせてから、オーブン内に戻しましょう。
オーブンの温度が下がらないように、ケーキにホイルをかぶせている間は、扉はしっかりと閉めておいてくださいね。

ガトーショコラが生焼けの時も慌てないで!

それでは、ガトーショコラが生焼けになる原因や焼き直し方法などご紹介してみました。
もしガトーショコラが生焼けになっても慌てずに、まずは上記でご紹介した焼き直し方法を試してみてください。

失敗したと思っても、慌てないで、すぐに対処すれば、ちゃんと焼き直しはできます。
そして、生焼けになった場合は、冷蔵庫で冷やすのはNGなのでやめましょう。
生焼けのケーキを無理に固めて食べて、お腹を壊さないようにしてくださいね。

Advertisements

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました