お中元で電話をするときのマナーは?お礼の電話のかけ方を解説!

お中元の電話マナーお中元

お中元をもらったら、まずはお礼の電話って人多いみたいだね。

でも、マナーを守らないと失礼に当たるんだって…。

電話もマナーがあるから大変よね。

今回は、お中元でお礼の電話を入れるときのマナーなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

お中元をもらったとき、お礼の電話をかける方も多いと思いますが、マナーを守らないと失礼にあたるかもしれません。

今回は、電話でのマナーについてご紹介します!

お中元のお礼の電話はマナーが大事

まず、お中元をいただいときには、電話での連絡だけでなく、その後お礼状を送るのが基本的なマナーです。

電話だけで済ませる方も多いですが、実は電話での連絡は、本当にごくごく近しい間柄でないと失礼に当たる可能性もあります。

なぜなら、相手の都合など把握してる間柄でないと、忙しい時間帯にあたるので相手も困ってしまうからです。

また、お中元のお礼を言うときに、相手がいなかったからと言って留守電にメッセージを残すのも失礼に当たるので避けましょう。

つまり、電話でのお礼は普段から親しくしている人限定で、いくら親族でも電話でお礼を伝えるのはおすすめできません。

手間はかかるかもしれないですが、お礼状を送った方が相手にも誠意が伝わるので、もし電話でお礼を述べたとしても、後で別途お礼状を送るのがお中元のマナーです。

お礼の電話で注意すること

お中元のお礼を電話でするときには、本当に親しい間柄ならかしこまった挨拶はいりませんが、少しでもマナーを気にする相手には、まず「感謝の気持ち」と「相手への気遣い」が大切です。

電話の話始めには、名前を名乗り、その後に相手の近況などを聴いてみるのがおすすめです。

その上で話を膨らませながら、お中元への感謝を伝え、同時に日頃お世話になっていることへの感謝を伝えます。

最後に、相手のことや相手の家族への気遣いの言葉をかけ、健康を祈る言葉で締めくくり、挨拶をしてから電話を相手が切るのを待つのがマナーです。

ビジネスでお礼の電話をかける時のマナー

お中元のお礼を電話でする場合は、ごく親しい間柄の人だけがマナーですが、時には上司から言われてビジネス目的で、会社の代表として電話をするケースもあります。

その場合、長くお礼を言う必要はないので、相手の方が忙しいことを考え、お礼の言葉だけを簡潔に述べてください。

たとえば、こんな感じで電話をするのがポイントです。

いつもお世話になっております。
○○会社の××と申します。
この度は、ご丁寧に結構なお品をいただき、ありがとうございます。
こちらの方こそ、日頃から大変お世話になっておりますのに恐縮しております。
社長の○○も、くれぐれもよろしくと申しておりました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
××社長様(電話の相手が社員の場合)にも、どうぞよろしくお伝えください。
それでは、ここで失礼いたします。
ありがとうございました。

このような感じで、簡潔にお礼を述べるだけでいいので、長電話は相手の仕事を邪魔してしまうこともあるので注意してください。

また、相手の会社と普段から頻繁に取引をしている場合は、わざわざお礼だけの電話をかける必要はありません。

仕事の話を電話で伝える時に、お中元が届いた旨を伝え、その電話の中でお礼を伝えればOKです。

電話でのお礼は近しい間柄だけ

それでは、お中元のお礼を電話でする場合のマナーや、実際のかけ方の例文などご紹介してみました。

お礼の電話をかけていいのは、ごく近しい間柄だけなので、どうしてもという場合以外は、お礼状を送るのがお中元のお礼マナーです。

ぜひ、電話をかけるポイントなど押さえて、プライベートやビジネスでの電話のかけ方を参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント