手作り料理とスピリチュアルの関係は?料理がしたくなる理由など解説!

手作り料理のスピリチュアルな意味料理・スイーツ

料理にはスピリチュアルな意味があるんだって!

そうなると、手作り料理が美味しくなるのにも、意味があるのかな?

スピリチュアルな意味はきっとあると思うわ!

今回は、手作り料理とスピリチュアルの関係など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

スピリチュアルというと胡散臭いように感じる方も多いと思いますが、なぜ料理をしたくなるのか?と考えたことはありませんか?

今回は、料理がしたくなる理由とスピリチュアルな関係などもご紹介します!

料理がしたくなるのにはスピリチュアルな意味がある?

料理がしたくなったりしたくなくなったりするのはなぜだろう?と考えた時、もしかしたらそこにはスピリチュアルな意味があるのかもしれません。

そもそも料理自体は、食材を無駄にしないためにと発達した技術の1つと考えられています。

たとえば農耕時代にはいつも食材が取れるとは限りませんし、狩猟時代にはいつでも獲物が取れるとは限りませんよね?

だからこそ、食べ物がない時に保存できるようにと料理の技術が発達していったんですね。

では、なぜ手作り料理にはスピリチュアルな意味があるのかといえば、以下の2つの理由があります。

スピリチュアルな意味①料理は愛の1つだから

料理は技術の1つと書きましたが、保存技術の1つとも言えます。

ただ、納豆は美味しいですが臭みはありますし、漬物も保存食ではありますが塩辛いのになぜ残ったのだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

ここで料理が登場するのですが、臭みのある納豆はからしなどを入れて美味しく変身し、漬物も炒飯やおにぎりに入れたりなどすれば、断然美味しくなります。

つまり、この何とか美味しく料理したいという気持ちが愛情の1つでもあり、スピリチュアルな意味でもあるんです。

手間をかけてでも美味しい手作り料理が作りたいとの気持ちは、家族などに対する愛情の1つであり、美味しいと喜んでもらえた記憶があるからこそ、料理をしたいとの気持ちも生まれるんですね。

中には「家族がいない1人暮らしだけど、好きでやってるだけ。」などの方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方が料理をしたくなる理由は、愛情ではなく、創造が関係していると言います。

スピリチュアルな意味②料理は創造の産物だから

私は趣味でゲーム製作をしていますが、ゲームって1つ作り上げるのにかなりの時間がかかり、また新しいストーリーを考えるなど、これも一種の創造の産物です。

料理と関係ないと思われるかもしれませんが、料理もまた創造の産物と言えます。

ゲームを作るのには1月以上かかることもありましたが、料理なら数分で済む可能性もある、短時間で作れる創造物です。

料理をしたくなる理由は、何かを想像したいからと言う気持ちもあると思います。

新しい料理にチャレンジするときには、想像力も働きますが、創作物が失敗するかどうかは科学の実験にも似ています。

1人暮らしの方が料理をしたくなる理由の1つに、創造心を掻き立てられるからと言うのもあるでしょう。

だからこそ、料理をしたくなる理由にはスピリチュアルな意味合いも含まれると言えます。

食べ物の好みが変わるのにも意味がある?

食べ物って小さいころと大きくなってからでは、好みが変わることがありますよね?

人間はある転機を迎えると味の好みが変わるとも言われていて、それには波動が関係しています。

つまり、スピリチュアルな意味になりますが、魂がレベルアップを望むときには波動が高いものを欲しがるようになり、逆に休息が欲しくなったときには消化の良い食べ物を好むようになります。

年を取るとあっさりしたものが食べたくなるのにもスピリチュアルな意味があり、何度も魂のレベルアップを繰り返すと、一定の段階で落ち着くからこそ、波動の高い食べ物を必要としなくなるという仕組みです。

もし、年を取ってからも大食漢であったり、肉などのボリュームがある食べ物が欲しくなる場合は、まだ現世で使命が残ってる証かもしれません。

食べ物には波動があると言われていますが、手作り料理には愛情や創造の意味が込められており、だからこそ、何らかの心が込められた手作り料理には高い波動が宿り、結果毎日でも飽きずに食べられるんですね。

手作り料理にスピリチュアルが関係する理由

それでは、料理がしたくなったときのスピリチュアルな意味やなぜ、食べ物の好みが変わるのかなどご紹介してみました。

スピリチュアルと言うと胡散臭く聞こえることもありますが、手作り料理には愛情や創造の意味が込められてるとしたら、それは納得できる部分ですよね。

ぜひ、手作り料理で食材からの波動を受け取り、スピリチュアルな世界からの思いを受け取ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント