花祭りの食べ物といえば?甘茶以外のおすすめの食べ物3選!

花祭りの食べ物3選!4月

花祭りの食べ物といえば、やっぱり春が旬の食べ物がいいよね!

僕は、やっぱりタケノコ派かなぁ。

そうね!食べ物なら山菜も捨てがたいわー。

今回は、花祭りの食べ物のおすすめを3選して紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

花祭りの食べ物といえば、真っ先に思い浮かぶのが甘茶ですが、実はほかにも縁起がいいとされる食べ物や旬の食べ物もあります。

今回は、花祭りにおすすめの食べ物を3選してご紹介します!

花祭りにおすすめの食べ物3選!

花祭りと言えば、甘茶をお釈迦様にかけるというのは知っている方も多いと思います。

でも、花祭りにはほかにも縁起のいい食べ物や旬を迎える食べ物もあるので、以下に3選してご紹介しますね。

ぜひ、春の訪れを感じつつ、花祭りを楽しんでみてください。

①タケノコ

花祭りのときの食べ物といえば、タケノコも有名です。

なぜタケノコが食べられるようになったかといえば、地上に出たばかりの筍が、土の中から天に向かって真っすぐ伸びるので、その姿が誕生仏に似ているからとの理由です。

昔は「筍(タケノコ)」は「笋」と書いていたそうで、字でタケノコの新芽を表しているとも言われています。

タケノコには「仏影蔬(ぶつえいそ)」との別名もあり、昔から尊い食べ物として尊重されていたんっですね。

ちなみに、仏影蔬とは、お釈迦様の姿をした植物との意味もあります。

②ソラマメ

千葉産新鮮そら豆【5k】1箱5kg
水郷佐原 4代目 島矢
¥ 4,320(2022/04/25 16:26時点)

ソラマメも花祭りの定番の食べ物で、さやの先が天に向かって伸びることから縁起がいいとされています。

ソラマメの別名は「仙豆(せんず)」で、植物の中でも茎が珍しい四角柱になっていて、どっしりとまっすぐ伸びるのも特徴です。

ソラマメは、炭水化物が豊富で、かつ脂質も少ないので、主食としてもおすすめの食べ物です。

精進料理にも使える食べ物なので、ぜひ花祭りの日には煮て食べたり、焼いて食べたり、揚げて食べたりなどレパートリーを楽しんでみてください。

③ウド

ウドは、漢字で書くと独活(うど)となり、お釈迦様が生まれた時に言ったという「天上天下唯我独尊」につながり、縁起がいい食べ物とされます。

ウドは春が旬なので、我が家でも毎年食卓に上がります。

ウドもまた精進料理にぴったりで、天ぷらにしたり、酢味噌で和えたり、煮物にしたり、漬物にしたりなどバラエティ溢れる使い道があります。

ぜひ、花祭りの時期には、上記の3種類の食べ物でお祝いしてみてくださいね。^^

花祭りは精進料理が基本?

それでは、花祭りにおすすめの食べ物を3選してご紹介してみました。

花祭りはお釈迦様の誕生日を祝う日なので、基本的には精進料理となります。

ぜひ、旬を感じつつ、縁起のいい食べ物を取り入れて、年に一度の花祭りを楽しんでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!