3月17日は漫画週刊誌の日!日本の最初の漫画週刊誌はジャンプじゃない!今日は何の日?

3月17日は漫画週刊誌の日3月

学生時代よく漫画の週刊誌を読んでたよ。

オトナになった今でも漫画は読みたくなるね~!

私も漫画の週刊誌はお世話になったわー。

今回は3月17日が漫画週刊誌の日になった由来など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

3月17日は漫画週刊誌の日ですが、私はてっきりジャンプが最初だと思っていました。

今回は、漫画週刊誌の日の由来やどの週刊誌が最初なのかなどご紹介します!

3月17日は漫画週刊誌の日

3月17日は漫画週刊誌の日ですが、1959年に日本で初めての漫画週刊誌「少年マガジン」と「少年サンデー」が創刊された日を記念として制定されました。

今は少年ジャンプなどの少年誌やなかよしなどの少女雑誌がありますが、一番最初がジャンプではなかったんですね~。

ちなみに、当時の少年マガジンと少年サンデーの詳細は以下の通りです。

少年マガジンってどんな週刊誌?

少年マガジン公式

少年マガジンの発売当初は、毎週水曜ではなく毎週木曜日に刊行されていて、値段は40円でした。

当時のキャッチコピーは「ゆめと希望の少年マガジン」でしたが、現在でこそ漫画の雑誌ですが、当時は小説の連載が大半を占めていたといいます。

そのせいか、最初はヒット作が生まれず、ライバル雑誌の「週刊少年サンデー」に水を空けられている状態が続いていました。

ただ、1965年になって、ちばてつやさんの「ハリスの旋風」の連載が始まったことで、「巨人の星」や「あしたのジョー」の2大スポ根漫画が登場し、一気に人気が出ます。

ほかにも、「ゲゲゲの鬼太郎」や「天才バカボン」が連載されることで、人気と知名度が高まり1967年にはミリオンセラーとなり現在に至ります。

少年サンデーってどんな週刊誌?

少年サンデー公式

少年サンデーも当時は、今のように毎週水曜日ではなく、毎週火曜日に刊行されており、値段はマガジンよりも10円安い30円でした。

サンデーの名付け親は、初代編集長の豊田亀市さんで、「この雑誌を読むとまるで日曜日のように楽しい気分に浸れる」などの意味が込められています。

「小学館の新児童誌」として大々的に登場し、付録なども充実していたことで、当初はマガジンよりも売れていたようです。

創刊号のラインナップも豪華で、手塚治虫さんの「スリル博士」、横山隆一さんの「宇宙少年トンダー」、寺田ヒロオさんの「スポーツマン金太郎」、藤子不二雄さんの「海の王子」、益子かつみさんの「南蛮小天狗」などが連載されていました。

創刊号の売り上げは、マガジンが20.5万部、サンデーが30万部とサンデーに軍配が上がったためか、5号からはマガジンも30円の値下げに踏み切ります。

当時から、マガジンとサンデーはライバル関係にあり、手塚治虫「W3」がマガジンからサンデーに移籍する、逆に「天才バカボン」がマガジンからサンデーに移籍するなど、一部で事件のようになった過去もあります。

今ではほかにも漫画の週刊誌が多く刊行されてますが、当初はマガジンとサンデーがライバル関係にあり、2大勢力として君臨していたようです。

3月17日の出来事一覧

3月17日は漫画週刊誌の日ですが、ほかにも3月17日に起きた出来事などを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2010年のできごと:東芝ライテックの一般向けの白熱電球の製造が終了し、LED電球などに切り替えられ、東芝発祥事業の120年との長い歴史に幕が降りた。
  • 1996年のできごと:JRAで女性騎手が初勝利を納める。
  • 1994年のできごと:沖縄のマグロはえ縄漁船員9人が救命ボートで37日間漂流し、2780㎞の漂流後、フィリピン沖で全員が無事救助となる。
  • 1988年のできごと:日本初となる屋根付き球場「東京ドーム」が完成し、ビッグエッグの通称で親しまれた。
  • 1951年のできごと:公職選挙法が成立する。

3月17日が誕生日の芸能人は誰?

  • 村上 虹郎(むらかみ にじろう):1997年3月17日生まれ。日本の俳優。
    連続ドラマ「天使のナイフ」でテレビドラマ初出演。
  • 早見 あかり(はやみ あかり):1995年3月17日生まれ。日本の女優。
    映画「百瀬、こっちを向いて。」で初主演。
  • 玉森 裕太(たまもり ゆうた):1990年3月17日生まれ。日本の歌手、俳優、タレント。
    男性アイドルグループ「Kis-My-Ft2」のメンバー。

3月17日は漫画を読んでみよう!

それでは、3月17日が漫画週刊誌の日となった由来や、当時の漫画週刊誌のサンデーとマガジンがライバル関係にあった理由などご紹介してみました。

サンデーとマガジンは古い歴史があり、ライバル関係にあったようですが、今でもライバル関係にあるんでしょうか?

今は少年ジャンプなどの人気に押され気味ですが、当時でもミリオンセラーと言うのはすごい実績ですね。

ぜひ、3月17日は漫画を読んで、当時の子どもたちがなぜわくわくしていたのか秘密を探ってみるのも面白いかもしれませんね。^^