3月6日は世界一周記念日!意味や由来など徹底解説!今日は何の日?

3月6日は世界一周記念日3月

3月6日は世界一周記念日みたいだね。

マゼランが関係しているのかと思ったら、日本の記念日でちょっとびっくりだよ。

日本の記念日だとしても、世界一周は憧れるわー!

今回は3月6日が世界一周記念日となった意味や由来など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

3月6日は世界一周記念日ですが、どんな記念日なのか気になりませんか?

今回は3月6日の世界一周記念日について、意味や由来などご紹介します!

3月6日は世界一周記念日

3月6日は世界一周記念日ですが、1967年に本航空の世界一周路線が営業を開始したことで記念日となりました。

以前の日米航空協定では、世界一周路線が持てなかったのですが、羽田発西回り便が開設されたことで、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどと一緒に世界一周路線の仲間入りを果たしたんですね。

アジアの航空会社の中でも初の世界一周路線ということで一時期話題になったこともあります。

ちなみに、世界一周路線とは以下のような意味があります。

●世界一周路線の意味は、単一の航空会社が出発地となる空港から出発して地球を一周し、再び出発地に戻る定期路線を指します。

現在は世界一周路線は廃止?

1972年には廃止されてしまうんですが、世界一周路線が始まってから5年間は、東京→香港→バンコク→ニューデリー→テヘラン→カイロ→ローマ→フランクフルトの路線が運行され、パリ→ロンドン→ニューヨーク→サンフランシスコ→ホノルル→東京も運行されていました。

世界一周路線が廃止された背景には、大西洋路線の業績が不振だったこともありますが、1972年に日本航空が連続して事故を起こしていたことがあります。

国際路線用のDC-8型機が3機も失われたことで、運航可能な機材が減ったのも関係しています。

ちなみに、現在では日本に世界一周路線はないのですが、乗り継ぎによって世界一周は可能です。

世界一周は何か国回るの?

世界一周路線が廃止された現在でも、飛行機の乗り継ぎで世界一周は可能です。

ただ、そもそも世界一周は何か国を回ると世界一周と言えるのかが気になりませんか?

実は世界一周の定義は、はっきりと決められていないので、国際連盟加入国193か国を回るなどの壮大な目標ではありません。

一応の目安として「太平洋と大西洋を1度以上横断して地球を一周し、出発した国に戻る」と世界一周と定義されるみたいです。

世界一周と言えば、クルーズ船での旅行が思い浮かぶ方もいると思いますが、世界一周は全部の国を回るというわけではありません。

つまり、地球を一周できる経路を使い、寄ってみたい国に立ち寄ればそれも世界一周です。

世界一周の期間は、飛行機を乗り継げば、最短で3日間で可能とも言われます。

ただ、せっかく世界一周をするのであれば、できればゆっくりと旅を楽しみたいですね。^^

3月6日の出来事一覧

3月6日は世界一周記念日ですが、ほかにも3月6日に起きた出来事などを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2005年のできごと:日本初の実用磁気浮上システムのリニアモーターカーとして、愛知高速交通東部丘陵線「リニモ」が改行された日(愛知県で開業)
  • 1994年のできごと:新横浜ラーメン博物館が3月6日にオープン。
  • 1990年のできごと:シャープが世界初となるカラーのファクシミリを発表した。
  • 1946年のできごと:日本で初めてのスポーツ新聞「日刊スポーツ」が創刊された日。
  • 1945年のできごと:国民勤労動員令が公布される。

3月6日が誕生日の芸能人は誰?

  • 藤井 サチ(ふじい サチ):1997年3月6日生まれ。ファッションモデル、タレント。
    スニーカーベストドレッサー賞2022 モデル部門を受賞。
  • 萩原 みのり(はぎわら みのり):1997年3月6日生まれ。日本の女優。
    2021年3月「RISKY」で地上波連続ドラマ初主演。
  • 筧 美和子(かけい みわこ):1994年3月6日生まれ。日本の女優、モデル、タレント。
    リアルバラエティ番組「テラスハウス」に出演してブレイク。

3月6日は世界一周してみたい!

それでは、3月6日が世界一周記念日となった理由や現在廃止されている理由などご紹介してみました。

世界一周を夢見る方も多いですが、世界一周の定義は曖昧なので、やり方によっては飛行機を乗り継いで3日間でも世界一周は可能です。

私も訪れたい国はたくさんありますし、世界一周でなくても、いつか外国には行ってみたいですね。