ANAの正式名称と呼び方は?一体どれが正しいのかなど解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

ANAの正式名称と呼び方は?一体どれが正しいのかなど解説!

ANAの正式名称と呼び方は? 雑学・地域

ANAはそれ自体が略称だけど、呼び方もいくつもあって混乱しちゃうよ!

どれが正しい呼び方なのかな?

公式では「エイ・エヌ・エー」とされてるわ。

今回は、ANAの正式名称や呼び方など紹介するわね!

全日空航空(ANA)の略称について、公式には「エイ・エヌ・エー」と発音されています。

これは、会社の国際的な認識を考慮してのことですが、過去には「アナ」とも呼ばれた時期がありました。

ANAの正式名称は?

この略称は、飛行機の尾部に書かれた「All Nippon Airways」から来ており、その頭文字を取って「ANA」とされています。

かつては「全日空」という名称も広く用いられていましたが、現在では主に「ANA」または「全日本空輸」という表記が使われています。

これは、ブランドイメージの統一や国際市場での認知を考慮しての変更です。

また、公式なコミュニケーションでは「全日空」という表記は使用されておらず、ANAの現代のビジュアルアイデンティティに合わせた変更が行われています。

「ANA」を「アナ」と呼んでいた時代もありましたが、国際的な視点と響きを考え、「エイ・エヌ・エー」とすることが適切であると判断されました。

これに伴い、ブランドロゴや企業のキャッチフレーズも更新され、現在では「Inspiration of JAPAN」をスローガンに掲げています。

公式には「エイ・エヌ・エー」

全日本空輸、通称ANAは、さまざまな名称で親しまれています。

航空業界や愛好家の間では「全日空」や「アナ」とも称されますが、公式な場では「エイ・エヌ・エー」と呼ばれています。

撮影趣味の筆者は、飛行機の離着陸シーンをカメラに収める際、他の愛好者たちから「全日空」という呼び名や「アナ」という名前を耳にすることがありますが、正式にはどうなのでしょうか。

ANAの公式答えによると、英語名「All Nippon Airways」の略称である「ANA」は「エイ・エヌ・エー」と読むのが正しいとされています。

「アナ」という呼称もかつては広告などで使用されていましたが、現在は公式用語としては使われていません。

同社の名称は、過去に「全日空」から「全日本空輸」に変更されていますが、一部の子会社では依然として「全日空」の名が用いられることがあります。

フライトコードに使用される「NH」の記号の秘密

さらに興味深いのは、ANAのフライトコードに使用される「NH」という記号です。

これは、同社の前身である「日本ヘリコプター輸送」に由来し、その歴史を今に伝えるものです。

また、飛行計画を示す際には、国際民間航空機関(ICAO)が定める三文字のコードが用いられます。

ANAの現在の飛行機デザインは?

最後に、ANAの現在の飛行機デザインは1982年に確立されたもので、特徴的な二色のブルーラインは多くの人に認識されていますが、2003年頃には「全日空」のロゴから「ANA」へと更新されました。

この変更は、同社が国際線に力を入れる戦略の一環として行われました。

ANAとJALの正式名称

「ANA」と「JAL」は日本を代表する二大航空会社です。

ANAは「All Nippon Airways」の略称で、正式には「全日本空輸株式会社」(ANAホールディングス <9202> )として知られています。

一方、「JAL」は「Japan Airlines」の略称で、「日本航空株式会社」<9201>として登録されています。

両社は第二次世界大戦後に設立され、長い間、日本の航空業界をリードしてきました。

かつてはANAが国内線に強く、JALが国際線に強いと見なされていましたが、最近ではANAが国際線でもJALを凌ぐ存在になっています。

ANAはエイ・エヌ・エーと呼ぼう! まとめ

特に注目されるのは、2013年に導入されたANAの新しい企業ロゴです。

これはグループの統一感を強調し、「Inspiration of JAPAN」というスローガンと共に、機体の側面などにも掲出されています。

この新たなブランディング戦略は、ANAの現代的なイメージをさらに強化しています。

最後までお読みいただきありがとうございました!