甘い野菜には糖質が多いは嘘?本当?糖質が多い野菜をご紹介! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

甘い野菜には糖質が多いは嘘?本当?糖質が多い野菜をご紹介!

甘い野菜には糖質が多いは嘘?本当? 食に関する悩み事

甘い野菜は糖質が多いって本当のことかな?

だとしたら、野菜も食べすぎには注意が必要かも…。

結論から言えば、確かに甘い野菜は糖質が高いわ。

今回は、糖質が多い野菜と少ない野菜など紹介するわね!

多くの人が日々の食事で血糖値の管理に努めていますが、注意が必要なのが「野菜」の選び方です。

一般的に健康的とされる野菜ですが、中には糖質が高い種類も存在します。

甘い野菜には糖質が多いは嘘?本当?

糖質の多い野菜には、さつまいも、じゃがいも、にんじん、ごぼう、玉ねぎ、れんこん、トウモロコシなどが含まれます。

これらは「甘みが強い」と感じるものほど糖質が豊富です。

特に根菜類やいも類には注意が必要です。

糖質を制限している場合、これらの野菜の摂取には注意し、食べる際には量や食べる順番を工夫すると良いでしょう。

例えば、大根は糖質が低い野菜ですが、干すと糖質が相対的に増えるため、過剰摂取は避けるべきです。

一方、キャベツ、ほうれん草、レタスなどの葉物野菜や、アスパラガス、カリフラワー、ブロッコリー、なす、トマトなどは糖質が少なく、糖質制限中でも安心して食べられます。

サラダを作る際は、糖質の多いドレッシングの使用にも注意が必要です。

市販のドレッシングの中には糖質が少ないものもあるため、選ぶ際には成分を確認しましょう。

糖質を低くしたいならアボカド!

果物の中ではアボカドが特におすすめです。

アボカドは糖質が低く、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、糖質制限中でも積極的に摂りたい食品の一つです。

アボカドは様々な食材と合わせやすく、サーモンやレタスと合わせたり、ふすまパンに挟んで食べると、ヘルシーで満足感のある食事が楽しめます。

日常的に血糖値管理を心掛けている人々が、「糖質の高い野菜」を食べたい場合の工夫や注意点ですが、糖質の高い野菜を多く摂取すると、本来血糖値が高めの人にとってはさらに血糖値を上昇させるリスクがあります。

これらの野菜の摂取量を控えること、また調理方法に工夫を加えることで血糖値の上昇を緩和できます。

例えば、茹でたり蒸したりすることで血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

糖質が少ない野菜と果物一覧

糖質が少ない野菜と果物について、いくつかの例を挙げてみましょう。

糖質が少ない野菜

  • ほうれん草:100gあたりの糖質量が約0.4gで、非常に低糖質です。ほうれん草は鉄分やビタミンCが豊富で、様々な調理方法で美味しく食べることができます。
  • ブロッコリー:100gあたり約0.9gの糖質量を持ち、栄養価が高いことからアスリートにも推奨される野菜です。茹でてそのまま食べるのが一般的です。
  • チンゲン菜:糖質量は100gあたり約0.9gと低く、クセが少ないため様々な料理に使いやすいです。
  • きゅうり:100gあたり約1.9gの糖質を含み、そのほとんどが水分です。ビタミンやミネラルが豊富で、むくみの改善や夏バテ予防に役立ちます。

糖質が少ない果物

  • アボカド:100gあたり約0.8gの糖質量で、果物としては非常に低糖質です。ビタミンEや健康に良い脂肪が含まれており、糖質制限中に適しています。
  • イチゴ:100gあたり約7.1gの糖質量で、果物の中でも比較的低糖質です。ビタミンCが豊富で、健康や美容に効果的です。

ベジファーストとは

野菜を先に食べる「ベジファースト」は、血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。

食物繊維が豊富な野菜を最初に食べることで、その後のタンパク質や炭水化物の摂取が血糖値に及ぼす影響を緩和することができるため、食事の順序も重要です。

普段から少しの工夫を加えることで、血糖値を効果的に管理しましょう。

甘い野菜にはご用心! まとめ

野菜を食べる際の工夫として、次のような点に注意すると良いでしょう。

「イモ類を食べる際は、主食であるごはんの量を減らして、食事全体の糖質バランスを保つ」、「葉物野菜や肉、魚などのタンパク質を含む食品を先に食べ、その後でゆっくりと噛み締めてイモ類などを食べる」などが挙げられます。

これにより、血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました!