3月13日はサンドイッチデー!意味や由来など解説!何の日? | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

3月13日はサンドイッチデー!意味や由来など解説!何の日?

3月13日はサンドイッチデー 3月

3月13日はサンドイッチデーだね!

サンドイッチ伯爵の話は、一度は聞いたことがあるんじゃないかな?

伯爵の話はあくまで逸話と言われてるけど、名前は有名よね。

今回は、3月13日がサンドイッチデーになった意味や由来など紹介するわ!

世界中で愛される手軽なお食事、サンドイッチはその便利さと豊かなバリエーションで、日本ではおにぎりと並んで人気のあるスナックとして知られています。

この日は、食文化を通して楽しく学び、家族や保育園などでさまざまな活動をするのにぴったりの機会です。

この記事では、サンドイッチデーの背景やその楽しみ方について解説します。

サンドイッチデーの背景(3月13日)

この日は、数字の1が3に挟まれていることから「サンドイッチデー」と名付けられました。

記念日の詳細な起源や制定した団体は明らかではありませんが、同じくサンドイッチにちなんだ別の日として、11月3日が「サンドウィッチの日」とされています。

これは、サンドイッチの名前の由来となった第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギューの誕生日です。

彼はサンドイッチの発明者ではありませんが、ギャンブルを楽しみながら手軽に食事を取るためにこの食べ方を好んだと言われています。

サンドイッチの魅力

サンドイッチは、パンとさまざまな具材を組み合わせることで作られる料理です。

日本では、「○○サンド」という形で様々なバリエーションが楽しまれています。

日本でのサンドイッチ販売の始まりは、1892年に鎌倉市大船で販売された駅弁サンドイッチとされています。

また、三角形にカットされたサンドイッチは、1961年に東京で始めて販売された「フレンサンドイッチ」が起源とされています。

サンドイッチの多様性

サンドイッチには、地域ごとに特有のバリエーションが存在します。

アメリカではベーコンエッグ・ホットサンドが、スペインではボカディージョ・ディ・トルティージャが、オーストラリアではベジマイトサンドがそれぞれ特徴的です。

各国のサンドイッチには、その地の食文化や好みが反映されています。

日本人が好むサンドイッチ

日本では、特に卵を使ったサンドイッチが非常に人気があり、さまざまな年代にわたって最も好まれている具材とされています。

これは、卵の食感と味わいが、日本人の味覚に合うことを示しています。

「サンドイッチ」と「サンドウイッチ」のどちらが正しい?

「サンドイッチ」と「サンドウイッチ」の表記について、どちらが正しいかという質問は外来語のカタカナ表記に関する一般的な疑問の一つです。

両方の表記が日常生活で使われているのは事実です。

結論としては、どちらの表記も受け入れられています。

最初に普及したのは「サンドイッチ」の表記で、多くの辞書にもこの形が採用されています。

しかし、英語の「sandwich」の発音により近い「サンドウイッチ」という表記も広く使われるようになりました。

このようにカタカナで複数の表記が存在する例は他にもあります。

「violin」の日本語表記で「バイオリン」と「ヴァイオリン」があるのも、かつて日本語に「ヴァ」の音がなかったためですが、現在では「ヴァイオリン」とも表記されるようになりました。

さらに、外来語の長音符号の有無に関しても、「パーティー」と「パーティ」や、「コンピューター」と「コンピュータ」のように、長音を表す「ー」がある場合とない場合があり、これらもどちらの表記も正しいとされています。

テストや正式な文書でどちらの表記を使用すべきか不安な場合は、採用されている教科書や公式文書に準じると良いでしょう。

サンドイッチにまつわる雑学

サンドイッチにまつわる興味深い知識を子どもたちに共有したいものです。

この食べ物は、ピクニックやホームパーティーなど様々なシーンで日本でも広く楽しまれており、多くのコンビニやスーパーマーケットでも特別なセクションが設けられるほどです。

実際、2020年に実施されたある調査によると、サンドイッチは全回答者の約45.6%によって好まれる食事の一つとして挙げられました。

この調査は1998年から始まり、2年ごとに更新されており、サンドイッチの人気は一貫して高いことが確認できます。

特に、年齢層が上がるにつれてその人気も増す傾向にあり、50代では48.0%、60代では47.2%と、最も高い支持率を示しています。

サンドイッチの名前の由来はもう一つ

サンドイッチの名前には面白い由来があります。

一説には、サンド(砂)とウィッチ(魔女)という言葉から成るこの名前は、「(砂と魔女以外)何でも挟んで食べることができる」という意味があると言われています。

記念日にはサンドイッチを作ってみよう まとめ

年には2つの「サンドイッチデー」があります。

1つは数字の3月13日で、1が3に挟まれていることから名付けられました。

もう1つは、サンドイッチという名前の由来とされるジョン・モンタギュー伯爵の誕生日である11月3日です。

この日は「いいサンド」の日としても親しまれています。

最後までお読みいただきありがとうございました!