保育園のお迎えは親以外でもOK?祖父母でも登録が必要なことも! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

保育園のお迎えは親以外でもOK?祖父母でも登録が必要なことも!

保育園のお迎えは親以外でもOK? 雑学・地域

保育園のお迎えって親以外でもOKなのかな?

誘拐とか問題になってるみたいだし、祖父母も登録が必要なケースがあるんでしょ?

最近は日本でも物騒な事件が起こってるし、問題を防ぐ目的もあると思うわ。

今回は、保育園のお迎えを親以外の祖父母などができるのかなど紹介するわ!

難しめの仕事のスケジュールや子どもの突然の体調不良など、全時間労働をしている親にとって、子どもの送り迎えは、なかなかの問題となります。

もし、家族や親戚が協力してくれるのなら、そんな時もう少し楽になりますよね。

今回は、保育園のお迎えは親以外でも可能なのかなどご紹介します!

保育園のお迎えは親以外もOK?

認定保育園での子供の迎えについては、保育園のポリシーに依存します。

いくつかの保育園は、トラブルを避けるために、親でない人による迎えを厳しく制御している一方で、いくつかは事前に通話をして問題を解決したり、登録システムを設けているものもあります。

実際のところ、現代では、働く親の多くが共働きであり、そのため、時折、送り迎えが難しい時があることは、保育園もわかっています。

なので、多くの場合、親でない人でも送り迎えが許可されることが多いと感じます。

ただ、もし、親以外が迎えに行く可能性があるなら、事前に保育園の手続きなどを確認しておくと良いでしょう。

祖父母にお迎えをお願いする

祖父母に積極的に迎えのお手伝いをお願いするのも一つの選択肢です。

近くに住んでいる、または、時間に余裕がある祖父母なら、迎えに協力をお願いするのもストレスが少なく、便利かもしれません。

実際に、多くの家族が祖父母に送り迎えを依頼しています。

実は、高齢者にとっても、孫との交流は新しい活気をもたらし、同時に保育園のスタッフや他の祖父母と交流するチャンスも広がります。

また、最近では、祖父母が送り迎えを行うことが一般的になりつつあり、同世代同士でのコミュニケーションの機会も増えてきています。

ただ、過度に親戚に依存するのもよくありません。

親自身が保育園の状況や他の保護者とのコミュニケーションを把握することも重要です。

祖父母は、喜んで手伝ってくれるかもしれませんが、無理をせず、体調を考慮しながら頼むことが大切です。

ベビーシッターサービスやファミリーサポートの利用

家族に頼ることが難しい場合、ベビーシッターサービスや地域のファミリーサポートを利用するのも一つの方法です。

ファミリーサポートは、地域コミュニティが提供するサポートで、子どもの一時的なケアや送迎などを、プロのベビーシッターよりも手頃な価格で依頼することができます。

手続きについては、地元の公式ウェブサイトなどで情報をチェックしてみましょう。

保育園でのお迎えには事前の認証が不可欠!

近年、親でない者でも、事前に認証がされていれば子どもの受け渡しが許可される保育園が増加しています。

昔は、急な変更で受け渡しを代行してもらう際に、指定した人の詳細を伝えるだけでスムーズに運んでいました。

ただ、昨今の状況を考慮すると、全ての保育園がこのシステムを採用しているわけではありません。

子供が様々な問題から守られるために、非親者による受け渡しに対して慎重なアプローチを採る園も存在します。

保育園とは、基本的に両親がフルタイムで働いている、または単身で子育てを行っており、日中の子供のケアが必要な場合に利用される施設です。

現代社会においては、共働きが標準となってきています。

従業に伴い、絶対に受け渡しに関われない状況が発生することもあり、それは社会全体で共通の認識となっています。

親以外のお迎えがNGの保育園は減少している?

「親でない者の受け渡しは絶対に不可」というポリシーを持つ園は減少傾向にあります。

ただ、受け渡しを行う者を事前に認証させるポリシーを持つ園はまだまだ多いのです。

認証のプロセスとして、保護者と一緒に一度だけでも園を訪れる必要がある、という厳格なルールを設けている場所もあります。

確かに手間がかかりますが、これも子供を様々な危険から保護しようとする園の意図であり、結果として、丁寧に子供を管理してくれる園は、保護者としても安心感を持って子供を預けることができます。

なので、保護者も積極的に協力しましょう。

急な変更での受け渡しで園と問題が生じないように、常に園の方針を確認し、従って行動しましょう。

保育園のお迎えは親以外でもOKな場合が多い まとめ

保育園での子供の受け渡しにストレスや肉体的な負荷が発生してしまうことは、子供自体にとっても悲しい結果を招く可能性があります。

これを避けるためにも、手を貸してくれる人がいればその手を借り、一人で過度に努力しすぎないように心がけましょう。

何より大切なのは、子供がポジティブな気持ちで保育園に通えること。

それを可能にする最適な方法を選びたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!