紅茶のティーバッグは何回使う?2杯目も美味しく飲む方法を解説!

紅茶のティーバッグは何回まで使える?オールシーズン

紅茶のティーバッグって何回まで使う?

僕は、2杯目も同じティーバッグを使うんだけど、おかしいって言われたんだよね。

紅茶は確かに何回まで使えるのかが疑問よね。

今回は、紅茶のティーバッグは何回まで使えるのかなど紹介するわ!

紅茶のティーバッグって、通常は1度で捨てると言われたことがありますが、2杯目も飲まれる方は意外と多いみたいです。

今回は、紅茶のティーバッグは何回使えるのかや2杯目も美味しく飲める方法などご紹介します!

紅茶のティーバッグは何回使う?

紅茶のティーバッグ

紅茶を入れる時、一回だけしか使わないで捨てるのはもったいないと感じたことはありませんか?

お客さんに出すときには1度だけだとしても、自分が家で飲むときには2回や3回など使うことも多いと思います。

ただ、同じティーバッグを何回も使っていると、やはり味が落ちる感は否定できません。

では、紅茶のティーバッグは何回までなら使えるのかなど、以下にご紹介します。

紅茶会社によって違う回数

紅茶のティーバッグは何回まで使えるのか疑問に思ったときには、紅茶のメーカーの回答も参考になると思いますので、メーカーのそれぞれの回答も見ていきましょう。

紅茶専科の回答

茶葉の分量にもよりますが、2~3回くらいは紅茶の色は出ます。
しかし、おいしい味は一回目でほとんど全てできってしまいます。
そのため、できるだけ一回(一煎)だけを召し上がっていただきたいです。

引用元:紅茶に関するQ&A 紅茶専科

リプトンの回答

ティーバッグ1袋につき1杯の抽出をおすすめしております。1杯目の抽出で紅茶のおいしい成分は出てしまうため、2杯目以降はおいしく紅茶をいれていただくことができません

引用元:良くあるご質問(リプトン)

日東紅茶の回答

ティーバッグ1袋につき1杯が標準量です。
1袋で2回抽出すると、1杯目で紅茶のおいしい成分は出てしまいますので、2杯目はあまりおいしくお召し上がりいただけません。1袋で2杯分取りたい場合は、ティーポットに2杯分の熱湯とティーバッグ1袋を入れ、蒸らし時間をやや長めにして抽出すると、おいしくお楽しみいただけます。

引用元:紅茶全般についてー日東紅茶

このように、どこの紅茶メーカーもティーバッグは1回までにして欲しいとの回答が寄せられています。

もったいないようにも感じますが、ティーバッグは1杯につき1回が基準となっているみたいですね。

実際に2杯目や3杯目を飲むと、紅茶の風味も薄れていきますし、コーヒーもそうですが、ティーバッグなどは1度で飲みきる方がおいしくいただけると言うことかもしれません。

紅茶のティーバッグで2杯目も美味しくする方法

紅茶のティーバッグで2杯目も美味しくする方法

紅茶のティーバッグは1回までが原則ですが、2杯目も美味しく飲みたいなら「2杯分のお湯で同時に出す」「ピラミッド型のティーバッグを使う」「1回目のティーバッグにミルクを入れる」などの方法があります。

それぞれの方法を詳しくみていきますね。

方法①2杯分のお湯で同時に出す

紅茶のティーバッグは1回目出し切ってしまうと、2杯目はかなり薄くなってしまいます。

なので、最初から2杯分のお湯を入れて同時に抽出しておけば、味も割と楽しめます。

上記の日東紅茶の回答にもあるように「ティーポットに2杯分の熱湯とティーバッグ1袋を入れ、蒸らし時間をやや長めにして抽出」すれば、2杯目も美味しく飲めるんですね。

一番美味しいのはやはり1回につき1杯が原則ですが、こちらの方法もぜひ試してみてください。

方法②ピラミッド型のティーバッグを使う

紅茶のティーバッグには、平たいタイプとピラミッドのような形をしたタイプがありますが、2回目も楽しむなら、ピラミッドタイプのティーバッグがおすすめです。

なぜなら、ピラミッドタイプの方が茶葉の対流が起こりやすく、効率的に紅茶を入れられるからです。

2杯目も味をそれなりに楽しみたいなら、ティーバッグの形状を変えてみるなどしてみてください。

方法③1回目のティーバッグにミルクを入れる

1杯目のティーバッグで紅茶本来の味を楽しんだら、2杯目はミルクを入れてミルクティーにする方法もおすすめです。

2杯目なので若干紅茶の味は落ちますが、ミルクを入れることで、味がまろやかになり、紅茶の味が落ちるのをそれほど感じなくなるんですね。

1杯目が出終わったティーバッグをカップに入れ、牛乳を注いでレンジで温めるだけで、即席のミルクティーが作れるので、ぜひ試してみてください。

紅茶のティーバッグは1回が原則 まとめ

それでは、紅茶のティーバッグは何回まで使えるのかや2杯目を美味しく飲む方法などご紹介してみました。

私はもったいないからと2杯目はおろか、3杯目まで紅茶のティーバッグを使っていましたが、1回で終わった方が味は良いのは間違いない所です。

紅茶メーカーでも1杯に付き1回が原則とされているみたいなので、もし2杯目も楽しみたいということでしたら、上記の方法も試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!