ガトーショコラは純ココアなしでも作れる?砂糖入りのココアでできるのかどうかも徹底検証!

バレンタイン
Advertisements

ガトーショコラは純ココアがないと作れない?

 

ガトーショコラのレシピを見ると、純ココアって書いてるのが多いよね?

でも家にミルクや砂糖入りのココアしかない場合も、ガトーショコラって作れるのかな?

それは難しいわね。

調整ココアとかはそのままお湯に溶かすだけでも飲めるように、砂糖やミルク以外に色々入ってるから、美味しくはできないと思うわ。

今回は、純ココアがなしでもガトーショコラは作れるのかについて紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
ガトーショコラのレシピを検索してみると、ココアパウダーとありますよね?
あれは、純ココアのことなんですが、家に調整ココア(飲む用)しかなくても、ガトーショコラは作れるのか気になりませんか?

今回は、ガトーショコラを純ココアなしでも作れるのか、また飲む用ココアを使っても良いのかなど、徹底検証します!^^

純ココアなしでもガトーショコラは作れる?普通のココアは?

まず、純ココア、もしくはココアパウダーがなくてもガトーショコラは作れるのかですが、結論から言えば作れます。
実際ココアなしでも作れるレシピを検索してみたら、ヒットします。

ただ、純ココアをそもそも使わないレシピなら良いですが、純ココアの代用に普通飲む用のココアを使うのは、失敗するのでやめてください。

勘違いされている方は、飲む用のココアには、純ココアに砂糖が入ってるから、分量の砂糖さえ抜けばよいと思っている方が多いんです。

飲む用のココアには、実際には砂糖以外にもミルクや添加物が入ってるので、純ココアに単に砂糖が入ってるだけと勘違いして、ガトーショコラを作ってしまうと、まず失敗すると思ってください。

一般的に普通のココアとされているのは、純ココアに飲みやすいようにと様々な余分なものが含まれているので、もしガトーショコラを作るのでしたら、純ココアと材料名にあったら、素直に純ココアを使ってください。

一応普通の飲む用ココアでもガトーショコラは、焼きが失敗しなくても風味や甘さなど、失敗要因が大きくなります。
純ココアが高いからと、飲む用ココアを使ったら、失敗作が出来上がり、逆にお金の無駄です。
失敗しないためにも、素直に純ココアを使いましょう!

純ココアとココアパウダーは同じもの?違う?

ガトーショコラのレシピに純ココアとあった場合は、必ず純ココアを使ってくださいと書きましたが、それでは、ココアパウダーは使っても大丈夫なのか気になりませんか?

名前が違うので、同じものかどうか戸惑うこともあると思います。

ですが、結論から言えば、純ココアとココアパウダーは同じものなので、ガトーショコラに使っても大丈夫です。

ココアパウダーは製菓用品売り場や100均などでも売っていますので、もし純ココアが売られていなかったら、ココアパウダーを使うようにしてください。

飲む用のココアはダメですが、ココアパウダーには砂糖やミルクなどの不純物が入ってないため、ガトーショコラにも利用できます!

ブラックココアパウダーをガトーショコラに使ったら?


画像引用元:KT Food LAB

ココアパウダーと純ココアは同じものと書きましたが、ではブラックココアパウダーを使うと、ガトーショコラは失敗するのでしょうか?それとも成功するのでしょうか?

こちらも結論から言えば、ブラックでもガトーショコラで失敗することはありません。
ただ、ブラックとあるように、焼いたケーキが真っ黒になるので、失敗と勘違いされるかもしれません。

そもそも普通のココアパウダーとブラックココアパウダーは同じカカオからできています。
ただ、製造過程の処理で、アルカリ処理などをした結果、酸味が中和されたのが普通のココアパウダーで、ブラックココアは特別な処理がされます。

ブラックになることで、カカオの風味はほとんどなくなり、苦い感じのココアが出来上がります。
なので、ガトーショコラを甘さ控えめにしたいなら、ブラックココアパウダーを使ってビターな感じにするのもおすすめです。

ブラックココアパウダーは色が黒いので、風味も同じくらい強く見えますが、実際は色がついているだけで、普通のココアパウダーよりも風味は弱いんです。
なので、ブラックしかないなら使っても良いですが、美味しいガトーショコラを焼きたいなら、やはり普通のココアパウダーを使った方が失敗も少ないと思います。

純ココアや生クリームなしでも作れるガトーショコラがある?

それでは、純ココアや生クリームなしでも作れるガトーショコラがありますので、以下にレシピをご紹介します。
ただ、くれぐれも純ココアが材料にないレシピだけで、純ココアが材料にある場合は、普通の飲む用ココアは使わないでくださいね。

ふんわりしっとり!濃厚ガトーショコラのレシピ


画像引用元:クックパッド

【材料:15cm丸型・18cmも可】

板チョコ…120g 無塩バター…70g 卵黄…L2個・M3個
卵白…L2個・M3個 薄力粉…20g 砂糖…50g

【作り方】

  1. 型の底と側面にオーブンシートを敷き、オーブンを170℃に予熱しておきます。
  2. ボウルに卵白を入れ、砂糖を数回に分けて加えながら泡立て、つやのあるしっかりしたメレンゲを作りましょう。
  3. 別のボウルに刻んだチョコレートを入れて湯せんにかけ、バターも入れてなめらかになるまで溶かします。
  4. 湯せんから外し、卵黄を入れてよく混ぜ合わせたら、薄力粉もふるい入れダマがなくなるまで混ぜましょう。
  5. 4のボウルにメレンゲをひとすくい強入れ、ゴムベラで混ぜ合わせます。
  6. 混ざったら、5の生地をメレンゲのボウルに戻し、底からすくいあげるようにムラなく混ぜ合わせましょう。
  7. 生地を型に流し入れ、少し高い位置から何度か型をトントンと落とします。
    (しっかり空気を抜くことで焼き縮みが防げます。)
  8. 170℃のオーブンで40分程度焼きます。
    (焼き上がりは膨らんでいますが時間が経つと中心から沈んできますが、失敗ではありません。)
  9. 完全に冷めたら型から外し、お好みで粉砂糖などを振れば完成です。

ココアも生クリームも使わなくても、ガトーショコラは作れます。
ただ、私はココアを入れた方が好きなので、やっぱり純ココアは入れたくなります。^^

純ココアなしでも作れるけど、普通の飲む用ココアはダメ!

それでは、ガトーショコラを純ココアなしでも作れるのかや、普通の飲む用ココアを代用に使うのがなぜ良くないのかなど理由をご紹介してみました。

もし純ココアがない場合は、純ココアをそもそも使わないレシピを探すか、ココアパウダーを使うようにしてください。
同じココアだからと、普通の飲む用ココアを使うと失敗します。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました