レインシューズには靴下がないと蒸れる!女性ならパンプスもおすすめ?

蒸れ対策に靴下を履く 悩み解決
Advertisements

レインシューズは蒸れるもの?

レインシューズってやっぱり蒸れるものなのかな?

そうねぇ。防水性が高ければ、それだけ蒸れるのは仕方ないかもね。

でもさ、レインシューズってかっこいいの多いし、レインブーツより履きやすいから、出来れば使いたいんだよ。

それなら任せて!そんな時の対策を解説するわ!

レインシューズとレインパンプスどちらが良い?

女性に人気のレインパンプスですが、防水機能ではレインシューズの方がやっぱり上かなと思います。
レインパンプスも防水機能はありますが、やはり土砂降りの雨の中歩くなら、レインシューズの方が安心できますよね。

レインシューズは蒸れ対策として、靴下を履くことがありますが、レインパンプスの場合、土砂降りの雨の中では、まず靴下自体が濡れてしまいます。
では、レインパンプスは諦めた方が良いのか?と言えば、そんなことはありません。

替えの靴下を持参して、会社のトイレなどで履き替えればよいんです。
レインパンプスもレインシューズも、土砂降りの雨の中なら、濡れる可能性大ですから。

濡れた靴下を履き続けるのは、気持ちいいことではないですし、会社の床が絨毯などの場合、濡らしてしまうのでは?と心配になることもありますよね?
そこで私は靴下の替えを持っていきます。
これなら、職場でも快適に過ごせます。

レインシューズを選ぶかレインパンプスを選ぶかは好みによる所ですので、無理にレインシューズを買わなくても、靴下だけ変えればOKです。
私の場合、レインパンプスがお気に入りなので、雨の日でも履いていきたいと思いますので、靴下の替えだけ用意して、雨の日も快適に過ごしています。

レインシューズに靴下は必要?

靴下

梅雨時になると、じめじめした感じで不快に感じますよね?
まだ夏の気温とまでいかなくても、湿度が高くなることで、温度よりも湿度が気になる所。
レインシューズは、梅雨時にも大活躍しますが、素足で履いてる人は…

ちょっと待ってください!

レインシューズは、普通の靴よりも防水性が高く、その分蒸れやすいんです。
なので、梅雨時はもちろん、夏になっても、レインシューズを履く時には靴下をセットにしましょう!

特にラバー製のレインシューズやビニール製、レザータイプだと蒸れる可能性大。
足元がジメジメすると、いつも以上に不快指数も高くなります。
靴下を履くと濡れるからと、素足でレインシューズを履く人も多いですが、蒸れ対策にはむしろ靴下を履いた方が良いんです!

レインシューズは雨の日用の靴ですが、全く濡れないというわけではありません。
またもし濡れた際に、靴下を履いておけば、靴下を履き替えるだけで済みます。
なので、梅雨時は特にレインシューズには、靴下を用意しておくと安心ですね。^^

レインシューズ以上に濡れない靴下がある?

Showers Passというスポーツメーカーをご存知でしょうか?
このメーカーから出されているCrosspoint Waterproof Hi-Viz Crew Socksは、レインシューズよりも濡れない靴下と話題になっています。

まず、3層の防水構造「ナイロン」「ポリエステル」「スパンデックス」で、完全防水を実現し、靴下のまま水たまりにはいっても濡れないという驚きの靴下なんです!
また保温性も高いので、冬場にも使えるという優れもの。

良質なメリノウールを採用していることで、ムートンブーツのように冬場でもホカホカ温かく、かつ防水で、雨の日もへっちゃら。
アウトドアで大活躍してくれる靴下ですが、普段使いも可能なので、もしレインシューズが薄手で防水性に難ありなら、こちらの靴下をセットにすれば、防水も完璧ですね。^^

レインシューズと靴下で快適な雨の日を!

それでは、レインシューズの蒸れ対策の方法でした。
靴下を履くと蒸れると感じる方は多いですが、私の場合は、特に足の方がより蒸れてしまい、夏場や梅雨時に不快指数が増してしまうんです。

靴下を履かないでレインシューズを履くと、防水性ゆえに普通の靴よりも蒸れやすくなります。
特に職場にレインシューズを履いていく方は、ぜひ替えの靴下を用意しておきましょう。

靴下自体に防水加工がなされているものもあるので、もし普通の靴下だと濡れた後着替えるのが面倒という場合は、防水の靴下も利用してみてくださいね。

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました