七五三の母親のアクセサリーは?マナーとして覚えておきたいこと

七五三のアクセサリーマナー七五三

七五三のマナーって、アクセサリーも関係してくるんだね。

七五三は子どもが主役でも、親も恥ずかしくない格好をしたいのはわかるよ。

そうなのよ!母親の服装もマナーの1つだから、気を使うのよね。

今回は、七五三のマナーとして、母親のアクセサリーについて紹介するわね!

七五三では、母親のアクセサリー選びもマナーの1つなので気を使いますよね。

今回は、七五三の母親のアクセサリーで気を付けたいマナーなどご紹介します!

七五三の母親のアクセサリーはどれがいい?

七五三で母親の服装が着物だった場合は、基本的にアクセサリーはなしですが、スーツなどの場合、ちょっとアクセサリーを身につけたいことがあると思います。

以下に、七五三の時に身に着けるアクセサリーの選び方のポイントなどご紹介します。

①ネックレスの選び方

ネックレスをつけると、胸元がキレイに見えますが、選ぶときにはパール系を選ぶのがポイントです。

パールのネックレスならば、華美になり過ぎず、フォーマルなスーツなどにもしっかりと馴染んでくれるからです。

また、シンプルな一連や二連のネックレスなら、派手でないことが前提ですが、他のネックレスと重ねてつけても問題ありません。

ただ、着物を着た場合、ネックレスがなくても「伊達衿」や「半衿」で胸元がキレイに見えるので、逆にごちゃごちゃした印象を与える点に注意してください。

②イヤリングやピアスの選び方

イヤリングやピアスもできればパール系を選んでおくと安心で、耳元をさりげなく飾ってくれます。

小ぶりかつシンプルなデザインなら、上品さや華やかさも演出できるでしょう。

ただ、こちらも着物を着ている場合は、ちょっと注意が必要で、小ぶりでないと華美に映ってしまいます。

基本的には、イヤリングやピアスは身に着けて良いアクセサリーに入るので、小ぶりのタイプを選んでおけば安心です。

③指輪の選び方

指輪は、正式な場面で身に着けるのにも結婚指輪や婚約指輪もOKとされています。

選ぶときには、こちらもパール系を選んでおけば安心ですが、デザインによっては七五三の雰囲気に合わないこともあります。

着物を着る時には特に、ゴテゴテした飾りの指輪は、着物に引っかけてしまうことがあるので、できるだけシンプルな指輪を選んでみてください。

④コサージュの選び方

コサージュもまたシンプルな服装に華を添えてくれるアクセサリーで、入園式などの目的にも使えるのが人気の秘密です。

もし、服装が控えめな場合は、コサージュでアクセントをつけてみるのも良いでしょう。

コサージュにも色々と形がありますが、どれを選んでもそこまで派手にならないので安心です。

中には、コサージュまで入らないという方もいらっしゃると思いますので、その場合はブローチなどでも問題ありません。

七五三のアクセサリーマナー まとめ

それでは、七五三での母親のアクサセリーに関するマナーや、選び方のポイントなどご紹介してみました。

子どもが聞かざる分、母親もある程度お洒落にしたい所ですし、アクセサリーも効果的に使いたいですよね。

もし、アクセサリー選びで迷ったときには、パール系のタイプを選んでおけば安心なので、マナーの1つとして参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!