8月10日は道の日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

8月10日は道の日8月

8月10日は道の日だね!

道と言えば「僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る」の名言が思い浮かぶよ。

高村光太郎さんの名言ね。

今回は、8月10日が道の日になった由来や雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

普段何気なく歩いてる道ですが、近代的な道路整備のお陰で、車も人も歩けると言うのは本当にうれしいことですね。

今回は、記念日が出来た由来やおもしろ雑学などご紹介します!

8月10日は道の日

8月10日は道の日ですが、1920年に日本で初めて近代的な道路整備計画が実施されたことを記念して、1986年に建設省が制定した記念日です。

記念日を通して、あまりにも身近過ぎて重要性に気づきづらい道について、関心を持ってもらうことを目的としています。

記念日の由来となった「道路整備計画」は「第一次道路改良計画」とも呼ばれていたようですが、その3年後に関東大震災が起きてしまい、頓挫してしまったそうです。

1934年に新たに「第二次道路改良計画」がスタートしますが、日本は不況の真っただ中で、かつ日本が戦争モードだったことから、第二次道路改良計画も同様に頓挫します。

戦後にやっと道路整備計画が始まりましたが、道路の整備が完了するまでには紆余曲折があったようです。

階段の国道がある?

日本の国道は人ももちろん利用しますが、車にとってなくてはならない道路ですよね。

ただ、実は日本には肝心の車が通れない階段式の国道があるってご存じでしたか?

階段式の国道は、青森県の津軽半島・竜飛岬にあり、歩行者しか利用できない国道なんです。

なぜ車が通れない国道があるかと言えば、国道はそもそも国が管理している道の総称であり、通ることができれば車も人も関係ないからです。

なので、階段国道も後から作られたというわけではなく、国道に指定された時点ですでに階段だったそうで、ちょっとユニークな国道ですね。

海の上にある国道とは?

国道は国が管理していれば国道として認められると書きましたが、階段国道だけではなく、日本には海の上にも国道が存在しています。

その国道とは、青森の北へと向かう国道279号線で、青森県の海で道がストップしているんです。

普通はここで国道が終わりに見えますが、海の向こうにある北海道からまた国道279号線が続いており、海の上に見えない国道があるというわけですね。

この国道はフェリーなどが運航していたり、道路と道路を繋ぐ交通手段があることから国道として認められています。

海上にも国道があるのは不思議ですが、日本ならではの七不思議という感じですね。

8月10日の出来事一覧

8月10日は道の日ですが、過去の8月10日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2003年のできごと:沖縄で戦後初めての軌道交通として、沖縄都市モノレール(ゆいレール)が開業した。
  • 1992年のできごと:「国連平和維持活動(PKO)協力法」が施行された。
  • 1988年のできごと:アメリカで第二次世界大戦中に強制収容された日系米人12万人に対する補償法が成立し、存命の6万2千人に一人当たり2万ドルが支払われた。
  • 1985年のできごと:全米女子アマチュアゴルフ選手権で「服部道子」が日本人で初めて優勝した。
  • 1935年のできごと:第1回芥川賞(石川達三の「蒼氓」)と、直木賞(川口松太郎の「鶴八鶴次郎・風流深川唄」)などが発表された。

8月10日が誕生日の芸能人は誰?

  • 高月 彩良(たかつき さら):1997年8月10日生まれ。日本の女優。
    スイミングスクールに向かう途中にスカウトされ、スウィートパワーから芸能界入り。
  • 中島 裕翔(なかじま ゆうと):1993年8月10日生まれ。日本の俳優。
    男性アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」のメンバー。
  • 門脇 麦(かどわき むぎ):1992年8月10日生まれ。日本の女優。
    2011年、テレビドラマ「美咲ナンバーワン!!」でデビュー。

道の重要性に気づくきっかけになる日

それでは、8月10日が道の日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

道はなくてはならないものですが、当たり前すぎて普段重要性に気づくことは少ないと思います。

ぜひ、道の日には普段通っている道ができるまでのことを考え、道が整備されていることに感謝してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!