知人や友人のお墓参りマナーとは?気を付ける点や親族との違いなど解説!

知人や友人のお墓参りマナーお墓参り

知人や友人のお墓参りのマナーが知りたいな。

やっぱり親族に連絡が必要なのかな?

そうね。やっぱり一言断るのがマナーだと思うわ。

今回は、知人や友人のお墓参りに行くときに気を付けたいマナーなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

知人や友人のお墓参りに行くときには、親族が相手ではないので、マナーなどにも気を使いますよね。

今回は、お墓参りの基本マナーや気を付ける点などご紹介します!

知人や友人のお墓参りマナー

知人や友人のお墓参りでは「お葬式や通夜に行けなかったから、お墓参りだけでもしたい」と言う場合や「故人以外と面識がないけど、お墓参りに行きたい」などのケースが考えられます。

ただ、知人や友人のお墓参りでは、基本的なマナーがあるため、まずはマナー違反にならないように基本を押さえておきましょう。

家族に一声かけるのがマナー

もし知人や友人のお墓を知っていれば、黙ってお墓参りに行くことも可能ですが、やはりマナーとしては家族にはひと声をかけておくようにします。

遺族の方に電話や手紙などを使って事前に連絡をしてから、故人との関係を伝えて、お墓参りをしていいかどうかを聞いてみましょう。

ベストな流れとしては、まず電話などで連絡、次に、訪問日時を決め、ご自宅の仏壇にお線香を供えてから、お墓参りにいくのがポイントです。

お墓参りの時期は四十九日が明けてから

四十九日が終わってからがお墓の納骨の時期にあたるので、お墓参りのタイミングも当然それを過ぎてからになります。

ただ、いくら故人と親しかったと言っても、あくまでも他人なので、初盆などのご遺族が忙しい時期のお墓参りは避けた方が無難です。

もし、知人や友人のお墓参りに行くなら、お彼岸の時期や一周忌の頃にし、遺族の迷惑にならないタイミングで行うのが基本マナーです。

どんな服装が良いの?

お墓参りは基本的には普段着でもよいですが、できるだけ地味な服装を選びましょう。

喪服を着るまではしなくてもよいので、華美にならないようにだけ気を付けます。

ただ、お墓には砂利が敷いてあることも多いので、とくに女性はヒールの靴などは避けた方が無難です。

また、お墓参りのタイミングによっては、知人や友人の親族と鉢合わせする可能性もあるため、その時の印象を良くする意味でも、服装は少し気を付けてみてください。

お墓参りで持参するもの

知人や友人のお墓参りでは、とくに普通のお墓参りと持参するものに違いはありません。

故人が生前好きだったお供え物や線香、ろうそくやライター、生花などを持っていきましょう。

また、お墓の掃除などは遺族がやってくれているはずなので、もし近くにゴミが落ちていたら拾っておくくらいでも大丈夫です。

自分がお参りする前よりも美しい状態になるように、お墓をさっときれいにしておくのもおすすめです。

親族のお墓参りと違いはあるの?

知人や友人のお墓参りは、親族のお墓参りと基本的に違いはありません。

お墓参りの手順も同じなので、1つ違うといえば、お墓を掃除するかどうかでしょう。

上記でもご紹介しましたが、お墓の掃除は親族がしていることが多いので、大きなごみが落ちていたら拾うくらいです。

ただ、花立てだけは枯れた花が供えられていることが多いので、生花を持参して、それと交換しておくのがポイントです。

お花やお供え物を供え、線香に火をつけたら線香立てや線香のお皿に乗せるのも同じですし、最後に合掌してお参りをする手順も親族と変わりありません。

お供え物は、そのままにしておくと墓が荒れる原因にもなるため、持ち帰るようにするのも親族のお墓参りといっしょですね。

また、霊園の規定などにはちゃんと従い、管理をしている親族の方に迷惑をかけないようにするのもマナーの1つです。

知人や友人のお墓参りは親族と変わらない?

それでは、知人や友人のお墓参りに行くときの基本的なマナーや、親族のお墓参りとの違いなどご紹介してみました。

知人や友人のお墓参りに行くときは、普通のお墓参りと大差はありませんが、親族でない以上、まずご遺族に連絡を入れて、お墓参りのタイミングを決めておきましょう。

親しき中にも礼儀ありと言う言葉通り、マナーは守るのが社会人の基本です。

ぜひ、記事を参考にして、知人や友人のお墓参りで、相手に不快なイメージを与えることのないようにマナーを守ってお参りしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント