7月17日は理学療法の日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

7月17日は理学療法の日7月

7月17日は理学療法の日なんだって!

運動療法とかも理学療法の1つだよね!

理学療法がないとリハビリもないと考えると、本当に大切よね。

今回は、7月17日が理学療法の日になった由来や雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

私は理学療法のお世話になったことはありませんが、運動療法などが発達したのも理学療法のお陰ですよね。

今回は、記念日が出来た由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介します!

7月17日は理学療法の日

7月17日は理学療法の日ですが、1966年に理学療法士110名が日本理学療法士協会を結成したことを記念として制定されました。

この日を挟んだ一週間は「理学療法週間」とされていて、全国各地で理学療法に関するイベントやセミナーなどが実施されています。

1965年に理学療法士資格制度が誕生したことで、その翌年の1966年に試験に合格した110名の理学療法士が記念日として立ち上げたのが理学療法の日でもあります。

理学療法士は、厚生労働大臣の免許を受け、医師の指示の元で「理学療法」を施術する人たちです。

ちなみに、理学療法とは、身体に障害を持っている人達に、日常生活の基本動作ができるように、回復の施術(運動療法など)することを指します。

体操や運動、電気マッサージなど、今ではポピュラーですが、社会生活を送れるようになったのも理学療法のお陰と考えると、大切な職業ですね。

貧乏ゆすりは健康を保つのに必要?

貧乏ゆすりって、周りの人も自分も気になる癖のように考えられていますが、なかなかやめられないと困っている方もいらっしゃると思います。

ただ、実は貧乏ゆすりは健康のために必要で、貧乏ゆすりには血行を良くする働きがあるんですね。

長時間座ったままでいると、足の血管が圧迫されてしまい、乳酸がたまりますが、貧乏ゆすりをすることで、エコノミー症候群なども防げると言われています。

また、緊張している時やイライラが募ると、貧乏ゆすりをする方がいますが、これはセロトニンを分泌するためだそうです。

セロトニンとは、精神を安定させる脳内物質の1つで、貧乏ゆすりは心を落ち着ける働きもあります。

貧乏ゆすりは、癖というより体の防衛反応ともいえるので、無理をしてやめる必要はないんですね。

味噌汁の驚きの健康効果

味噌汁は、栄養価も高く、健康効果も期待されていますよね。

そんな味噌汁ですが、実は放射性物質を体外に排出する働きがあることは意外と知られていません。

たとえば、マウスを使った実験で、味噌を食べさせたマウスが実際に体内から放射性物質を排出しているのが確認できたとされています。

味噌汁に使われる味噌には、酵母菌や麹菌、乳酸菌が多く含まれ、味噌1Kgあたりに約1万個もふくまれていると言われており、飲むだけで健康になると言われていますが、放射性物質さえも体外に排出してくれるとなったら、毎食飲みたい料理ですよね。

7月17日の出来事一覧

7月17日は理学療法の日ですが、過去の7月17日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2011年のできごと:サッカー女子W杯で「なでしこジャパンが」がPK戦の末に米国を破り、初優勝を飾った。
  • 1994年のできごと:「シューメーカー・レビー第9彗星」が木星に衝突した。
  • 1975年のできごと:アメリカの「アポロ18号」とソ連の「ソユーズ19号」が大西洋上空で初めてのドッキングに成功した。
  • 1956年のできごと:経済企画庁が経済白書の中で「もはや戦後ではない」と発表して話題となる。
  • 1945年のできごと:ポツダム会談が行われ、トルーマン、チャーチル、スターリンの米英ソ3国首脳らによって、ドイツの処理問題、対日管理方針などが協議された。

7月17日が誕生日の芸能人は誰?

  • 井上 玲音(いのうえ れい):2001年7月17日生まれ。日本の歌手、アイドル。
    「Juice=Juice」のメンバー、および「こぶしファクトリー」の元メンバー。
  • 北野 日奈子(きたの ひなこ):1996年7月17日生まれ。日本の女優、モデル。
    女性アイドルグループ「乃木坂46の元メンバー」で「Zipper」の元専属モデル。
  • トシ:1976年7月17日生まれ。日本のお笑いタレント。
    お笑いコンビ「タカアンドトシ」のツッコミ担当。

理学療法は現代で必須の施術

それでは、7月17日が理学療法の日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

理学療法は現代では、必須の施術の1つですが、とくにリハビリが必要な方にはなくてはならない療法でしょう。

私はまだ理学療法を受けたことはありませんが、父が手術の後経過が良く過ごせたのも理学療法のお陰です。

ぜひ、記念日をきっかけに理学療法の大切さを知り、そこで働く理学療法士の方に感謝の気持ちを忘れないようにしたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント