6月23日は沖縄慰霊の日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

6月23日は沖縄慰霊の日6月

6月23日は沖縄慰霊の日なんだって。

沖縄戦争が終結した日だから、沖縄の人にも大切な日だよね。

戦争では沖縄の人も大変な思いをされたというわ。

今回は、6月23日が沖縄慰霊の日になった由来や雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

沖縄慰霊の日は、沖縄に住んでいる方にとっても特別な日だと思います。

今回は、記念日ができた由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介します!

6月23日は沖縄慰霊の日

6月23日は沖縄慰霊の日ですが、1945年に太平洋戦争の80日にもおよぶ沖縄戦が終結したことを記念として制定されました。

当日は、約20万人もの犠牲者の霊を慰めると同時に、平和を祈念する日として沖縄県では慰霊祭が執り行われます。

沖縄戦争は80日にも及びましたが、守備隊の司令官だった牛島満大将らが自決し、日本軍の組織的戦闘は終了を迎えます。

休日となった経緯とイベント

そんな沖縄戦争が終結した日が1945年6月23日で、その後1961年に、アメリカ施政下で「住民の祝祭日」として制定されました。

日本に沖縄本土が復帰したことを受け、休日としての法的根拠が失われますが、その後沖縄県の条例が適用されたことで「沖縄慰霊の日」が再び休日となりました。

記念日には、毎年、糸満市摩文仁の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」が行われており、同時に沖縄県平和祈念資料館、ひめゆり平和祈念資料館が入場無料となるそうです。

沖縄戦争の悲惨さを忘れないためにも、記念日として忘れないようにしたいですね。

沖縄には昔電車があった

沖縄と言うと「ゆいレール」などのモノレールは有名ですが、線路を走る電車がないイメージがありますよね。

でも、実は沖縄にも大正初期から昭和8年頃までは、ちゃんと電車がありました。

電車が走っていたエリアは、那覇市の久米町から那覇市の首里城まででしたが、東南アジアでよくみられる三輪自動車の出現によって電車が廃止されてしまったんですね。

現在の沖縄では車で移動される方も多く、道が混雑しがちですが、今後新しく電車が走る可能性はないとは言えません。

今後、ゆいレール以外の電車がまた現れたら、沖縄観光も便利になりそうですね。

マングースはフェレットと同じ?

沖縄にはハブの天敵とも言われるマングースがいますが、ペットでおなじみのフェレットにとてもよく似ています。

実は、沖縄にいるマングースは呼び方が違うだけで同じ動物を指しており、野生のフェレットが沖縄で言うところのマングースなんです。

沖縄にマングースが現れたのは昭和50年頃ですが、ハブと呼ばれる毒蛇を退治する目的で輸入されたと言います。

ただ、マングースは非常に警戒心が強いので、地元の沖縄でもなかなか見ることができません。

フェレットはこの野生のマングースをペットにして飼えるようにしたもので、元々は同じ動物だったんですね。

なので、両者の違いは野生かペットかの違いであると覚えておくと便利かもしれません。

6月23日の出来事一覧

6月23日は沖縄慰霊の日ですが、過去の6月23日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1991年のできごと:「ル・マン24時間耐久レース」でマツダが日本車で初となる総合優勝を飾った。
  • 1990年のできごと:日本の首相では初めて、海部首相が沖縄戦没者追悼式に出席した。
  • 1969年のできごと:「宇宙開発事業団法」が公布された。
  • 1944年のできごと:北海道の洞爺湖畔の大噴火で、昭和新山が誕生した。
  • 1894年のできごと:国際オリンピック委員会が設立された。

6月23日が誕生日の芸能人は誰?

  • 芦田 愛菜(あしだ まな):2004年6月23日生まれ。日本の女優。
    「ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”」で子役デビュー。
  • 安田 聖愛(やすだ せいあ):1996年6月23日生まれ。日本のタレント。
    「第35回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し、デビュー。
  • 石橋 けい(いしばし けい):1978年6月23日生まれ。日本の女優。
    1992年の「NIGHT HEAD」でドラマデビュー。

沖縄の慰霊祭は毎年行われている

それでは、6月23日が沖縄慰霊の日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

当時沖縄戦争は80日間にも及び、激戦区の1つとして知られていましたが、約20万人の方が犠牲になった戦争でもあります。

沖縄戦争の悲惨さを忘れないためにも、慰霊祭に参加したり、黙とうを捧げたりなど、自分にできることをしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント