6月25日は住宅デー!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

6月25日は住宅デー6月

6月25日は住宅デーなんだって!

何でも、あのガウディさんの誕生日らしいよ!

ガウディさんと言えば、サグラダ・ファミリアが未完の作品で有名よね!

今回は、6月25日が住宅デーになった由来やおもしろ雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

住宅デーは、あのサグラダ・ファミリアで有名なガウディさんの誕生日でもあるそうですね。

今回は、記念日ができた由来やおもしろ雑学などご紹介します!

6月25日は住宅デー

6月25日は住宅デーですが、1978年に建築職人の存在を広く一般の人に知ってもらうため、全国建設労働組合総連合が制定した記念日です。

サグラダファミリアで有名なアントニオ・ガウディの誕生日にちなんでできた記念日でもあります。

記念日ができた当時は、高度経済成長による住宅建設ブームが起こっており、住宅に関するトラブルが頻発していた時期でもありました。

その状況を打破するため、町の大工や左官屋など職人の腕や信用をPRするために作られたのが住宅デーです。

以前は、住宅を建てるのは昔は大工や職人が主流でしたが、建築業者にとって代わられるかもしれないとの危惧から、職人の腕をアピールする必要があり、伝統的な技術を守る意味でも記念日は活躍しているんですね。

インドの石油王の住宅がすごい

世界でも豪華な住宅に住んでいる富豪は多いですが、中でも有名なのがインド最大の石油企業の社長の邸宅で、何と、個人の住宅なのに27階建てなんですね。

住宅と言うよりは、ビルと言った方が正しいかもしれないですが、世界の富豪の住宅はさすがにスケールが違います。

もちろん、それだけの広さがあれば自分でメンテナンスをするのは難しいので、メンテナンス専門のスタッフが600人もいるそうです。

ほかにも、スイスにある大邸宅として有名なのが、家屋の備品が全て純金やプラチナで作られている家もあるそうです。

ちなみに、スイスの邸宅は価値が1兆円とも言われていて、海外には日本にはないスケールの家も多くあります。

世界一敷地面積が広い家とは?

アニメや漫画には移動に車を使うほど大きな家が登場しますが、現実世界にもそんな家が存在しています。

その住宅とは、ブルネイの国王が住んでいる家で、住宅と言っても宮殿に住んでいます。

敷地面積が20平方メートルもあり、大きさを比較すると、東京ドーム4個分というから驚きです。

ちなみに、宮殿には1788個も部屋があり、お風呂も257個、接待室は5000人も入れるほどの大きさがあるんだとか。

駐車場も完備されており、110台もの車が停まられるスペースもあるとなると、日本では考えられない大きさと言えます。

大きな家に住みたいと考える方は多いかもしれないですが、ここまで大きいとメンテナンスが大変なので、大きいだけで住むと大変なことになるかもしれませんね。

6月25日の出来事一覧

6月25日は住宅デーですが、過去の6月25日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2010年のできごと:サッカーW杯の南アフリカ大会で日本代表がデンマークに3-1で勝ち、日韓大会以来2度目の決勝トーナメントに進出した。
  • 2001年のできごと:北海道上空で航空自衛隊の戦闘機が訓練弾188発を誤射し、そのうち13発がリハビリセンターの屋根などに着弾する事故が起きたが、幸いにもけが人は出なかった。
  • 1978年のできごと:サザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」で歌手デビューをした。
  • 1976年のできごと:国際捕鯨委員会が「ナガスクジラの捕獲」を禁止とした。
  • 1959年のできごと:初の天覧試合が行われ、巨人の長嶋選手が阪神の村山からサヨナラ本塁打を放った。

6月25日が誕生日の芸能人は誰?

  • 平手 友梨奈(ひらて ゆりな):2001年6月25日生まれ。日本の女優、モデル。
    女性アイドルグループ「欅坂46」の元メンバー。
  • 石橋 菜津美(いしばし なつみ):1992年6月25日生まれ。日本の女優。
    「メイちゃんの執事」に風間藍役で出演し、地上波連続ドラマ初出演作となる。
  • 藤ヶ谷 太輔(ふじがや たいすけ):1987年6月25日生まれ。日本の俳優。
    男性アイドルグループ「Kis-My-Ft2」のメンバー。

住宅デーで大工や職人の大切さを知ろう!

それでは、6月25日が住宅デーになった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

住宅デーは大工や職人の技術を広める目的で作られた記念日ですが、日時はガウディさんの誕生日にちなんだものです。

建築業者に家を建てるのをお願いする方も多いですが、大工や職人の技術を失くさないためにも、記念日をきっかけにして、大切さを再認識してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント