5月29日はこんにゃくの日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

5月29日はこんにゃくの日5月

5月29日はこんにゃくの日らしいね。

僕はダイエット抜きにしても、こんにゃくなら毎日でもいいよ!

わかるわー!私もこんにゃくが大好きなの!

今回は、5月29日がこんにゃくの日になった由来や面白雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

こんにゃくってヘルシーで食べ応えもあって大好きな食材なんですが、やっぱり有名なのは群馬ですよね。

今回は、こんにゃくの日の由来やちょっとおもしろ雑学などご紹介します!

5月29日はこんにゃくの日

5月29日はこんにゃくの日ですが、1989年に「こん=5 + にゃ=2 + く=9」の語呂合わせから生まれた記念日です。

また、こんにゃくイモの種付けがちょうど5月に当たることも、記念日になった由来です。

日本こんにゃく協会と全国こんにゃく協同組合連合会によって制定された記念日ですが、こんにゃくの効用や機能性を再確認し、健康に過ごせるようにとの思いが込められています。

公式ページを見てみると、さまざまなこんにゃくを使ったレシピが載ってるので、ぜひ参考にしてみてください。

こんにゃくの日には、こんにゃくの収穫量が第一位の群馬では「ぐんまこんにゃく祭り」も開催されます。

ちなみに「ぐんまこんにゃく祭り」では、以下のようなイベントが開催されているそうですよ。

  • こんにゃく料理の試食や製品、販売
  • 手づくりこんにゃくの体験教室
  • こんにゃく種芋を無料で配布
  • こんにゃく料理のレシピ集を配布
  • こんにゃく料理の資料を展示

糸こんにゃくと白滝はどこが違うの?

スーパーなどに行くと、白滝や糸こんにゃくが販売されていますが、両者の違いはどこにあるかご存じですか?

実は、糸こんにゃくと白滝の違いは、細さではなく、製造方法がそもそも違います。

糸こんにゃくを作るときには、こんにゃく芋を粉末状にし、石灰乳と混ぜ合わせて固めた後で、細く切って作ります。

一方、白滝は、作り方自体は同じですが、固まる前に細い穴のついた容器から押し出して細くしています。

つまり、固めてから細くするのか、糸状にしてから固めるかの差なんですね。

ほかにも、糸こんにゃくは少し太めで黒見がかかった色をしていますが、白滝はより細くてきれいな城をしているのも違いの1つです。

こんにゃく消費量世界一は日本

こんにゃくは日本が消費量世界一で、そもそもこんにゃく自体が日本、中国、ミャンマー、スリランカなどの一部の国でしか作られていないんですね。

そんなこんにゃくですが、驚くのは生産量の95%が日本で消費されていることです。

生産されているこんにゃくを国民一人当たりの年間消費量を計算すると、1年に1人が2kgものこんにゃくを食べていることになります。

外国人に人気の料理と言えば、寿司や天ぷらがお馴染みかもしれませんが、こんにゃくの消費の方が多いと聞いたら、ちょっとびっくりされるかもしれませんね。^^

5月29日の出来事一覧

5月29日はこんにゃくの日ですが、過去の5月29日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2009年のできごと:村上春樹の「1Q84」が発売され、年最大のベストセラーとなった。
  • 2005年のできごと:日本ダービーが東京競馬場で行われ、1番人気の「ディープインパクト」が優勝した。
  • 1981年のできごと:京都で最初の地下鉄として「烏丸線」が開通した。
  • 1972年のできごと:歌手の「加藤登紀子」が元反帝全学連委員長だった「藤本敏夫」と獄中結婚したと発表した。
  • 1953年のできごと:ニュージーランドの登山家「エドマンド・ヒラリー」らが世界で初となるエベレストの登頂に成功した。

5月29日が誕生日の芸能人は誰?

  • 小湊 よつ葉(こみなと よつは):1996年5月29日生まれ。日本の女優。
    ダンスボーカルユニット「フェアリーズ」の元メンバー。
  • 石田 ニコル(いしだ ニコル):1990年5月29日生まれ。日本のモデル。
    神コレモデルオーディション2010グランプリ。
  • エハラマサヒロ:1982年5月29日生まれ。日本のお笑いタレント。
    「カウンターパンチ」→「アンディ」の2組を経てピン芸人に。

こんにゃくを食べて便秘も解消!

それでは、5月29日がこんにゃくの日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

こんにゃくの消費量は日本がダントツで1位ですが、こんにゃくの美味しさは海外にもぜひ広まって欲しいですね。

こんにゃくは食物繊維が豊富で便秘解消にも良いとされていますが、食べすぎは禁物なので注意してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント