手作り料理には波動がある?食べ物とスピリチュアルの関係を解説!

手作り料理の波動が高い理由料理・スイーツ

聞いたところによると食べ物にも波動があるんだって。

とくに愛情を込めた手作り料理は高い波動があるらしいよ?

スピリチュアルな話だけど、手作り料理に波動があるのは納得だわ。

今回は、手作り料理はなぜ波動が高いのかや、波動が高い食べ物など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

今回はスピリチュアルな話になりますが、手作り料理の波動が高い理由や、波動が高い食材をご紹介します!

手作り料理は波動が高い?

この世の物には全て波動がありますが、もちろん食べ物にも波動があります。

食べ物の価値を比べる時、一般的には栄養価の高さや美味しさで判断しますが、波動が高い食べ物は、栄養だけでなく食べ物自体のエネルギーを吸収できると言われています。

波動の関係を例えると、同じような食材を使っているのに、料理をする人によって味が変わるのは経験がある方が多いでしょう。

また、キャンプで作ったカレーがいつもより美味しく感じたり、山の頂上で食べるカップ麺が美味しいのも同じように波動が関係しています。

つまり、料理をする人のテクニックはもちろん、その時の気分によっても味は変わるんです。

手作り料理の波動が高くなる理由

その中でも手作り料理は波動が高いと言われていますが、手作り自体が波動が高いというよりは、愛情をこめて作ったかどうかによります。

なので、家族に美味しく食べてもらおうと愛情を込めた手作り料理は波動が高くなり、逆に作るのがン面倒だなぁと作った料理は波動が低くなるんですね。

作り手の波動や場のエネルギーが食材に伝わることで、食べ物にも波動が生まれます。

波動が高い食べ物一覧

新鮮な果物や野菜にはオーラがあり、自らの波動を高めるには、波動が高い食べ物をとることが手っ取り早いです。

以下に、波動が高いとされる食べ物を一覧でご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

波動が高い食べ物①新鮮な果物

日光をたっぷりと浴びた新鮮な果物は、波動が高い食べ物とされます。

おやつとして時にはスナック菓子もいいですが、波動を取り入れたいなら、毎日フルーツをおやつに取り入れるなどしてみてください。

また、そのままで食べるだけでなく、ミキサーなどを使い、フレッシュなジュースやスムージーにして取り入れるのもおすすめです。

波動が高い食べ物②新鮮な野菜

野菜を波動で考えると「太陽のエネルギー」が豊富な野菜と「大地のエネルギー」が豊富な野菜に分かれます。

太陽のエネルギーが多い野菜には、たとえば、トマトやピーマン、ナスなどの実がなる野菜のほか、キャベツやレタス、ほうれん草などの葉物野菜があります。

一方、大地のエネルギーが多い野菜には、大根、人参、いも類、ゴボウなどの根菜があり、どちらも波動が高い食べ物です。

もし食べるときには、気分が落ち込んだときには「太陽のエネルギー」が多い野菜を、元気が欲しいときには「大地のエネルギー」が多い野菜を食べるなどしてみてください。

波動が高い食べ物③豆腐などの豆類

豆腐に使われる大豆などの豆類には、強いエネルギーと波動が宿っていると言われます。

豆にも種類がありますが、もし普段の生活に取り入れるなら、豆腐やみそ、醬油など豆由来の成分が含まれている食材を選んでみてください。

ただ、同じ豆でも、クルミやアーモンド、ピーナッツは取り過ぎるとカロリー過多になる点には注意です。

牛乳を毎日飲んでいる方は、たまに豆乳を取り入れるなどして、波動をしっかりと取りこんでみてください。

波動が高い食べ物④海藻類

海は生命力にあふれており、その海で取れる食材には大自然のパワーが宿っています。

だからこそ、わかめや昆布などの海で取れる食べ物は波動が高いと言われ、ミネラルなども豊富なので、栄養面でも積極的に取り入れたい食材です。

ひじきやわかめなど、和食にすれば、手作り料理にも取り入れやすいですね。

波動が高い食べ物⑤スローフード

スローフードはファーストフードとは逆の食べ物で、手作り料理もスローフードにあたります。

ゆっくり手間をかけて作った料理を、ゆっくりと味わうのがスローフードの定義だからです。

できれば、無添加、無農薬など、体にも良い素材を使い、旬の波動が高い食べ物を食べると、エネルギーとして取り込むことができるので、ぜひスローフードも生活に取り入れてみてください。

波動の高い食べ物でエネルギーを得よう!

それでは、手作り料理の波動が高い理由や、波動が高いと言われる食材などご紹介してみました。

スピリチュアルな話ではありますが、波動が高いと言われると、何となくそうなのかも?という気がしませんか?

波動が高いと言われる食べ物はたくさんあるので、精神的にも満たされるような手作り料理で、波動を取り入れてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント