5月18日は18リットル缶の日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

5月18日は18リットル缶の日5月

5月18日は18リットル缶の日なんだって。

ちょっとユニークな記念日だよね!

昔はガロン缶って名前だったみたいね!

今回は、5月18日が18リットル缶の日になった由来や雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

18リットル缶と聞いても正直、容量がピンときませんが、1リットルのペットボトルが18個と考えると、かなり大きいですよね。

今回は、18リットル缶の日になった由来やおもしろ雑学などご紹介します!

5月18日は18リットル缶の日

5月18日は18リットル缶の日ですが、全国18リットル缶工業組合連合会によって制定された記念日です。

従来は5ガロン缶と呼ばれていましたが、この日を境に18リットル缶に名称が統一され、5ガロン=5+18リットル=18の語呂合わせから、5月18日が記念日となりました。

18リットル缶は、通常であれば「一斗缶」「石油缶」などと呼ばれることも多いですが、正式名称は「18リットル缶」だったんですね。

18リットル缶に名前が変わった理由は?

18リットル缶は、統一されるまで「石油缶」「一斗缶」「5ガロン缶」などのように名前が変わっていました。

  1. 石油缶:缶に初めて石油をいれたことから石油缶と呼ばれる。
  2. 一斗缶:容器に入る量が当時の一斗との容量だった影響。
  3. 5ガロン缶:戦後アメリカ式の重さの単位が使われて、5ガロンと呼ばれる。
  4. 18リットル缶:18リットルちょうど入るので呼ばれるようになり、現在はJIS規格となる。

18リットル缶と呼ばれるきっかけになったのが、一人が運べる重さの限界と言われていたからです。

また、18リットル缶は内部がコーティングされているので、何でも入るからと、昔は石油を入れるのにも使われていたようです。

リサイクルが可能な18リットル缶

実は18リットル缶はリサイクルが可能で、昔は1度使用した缶を洗浄し、2級缶という名前で流通させていました。

ただ、現在では洗浄業者が減ったことで、リサイクル自体の数が減っています。

ちなみに、18リットル缶の再利用法としては、灰皿、ゴミ箱、たき火の炉に使われ、斜めにカットしてちり取りに使う方もいるようです。

工場や店舗などでは、使い終えた18リットル缶を廃油入れに使うこともあり、18リットル缶はリサイクルが可能な容器なんですね。

ただ、18リットル缶のリサイクルには基準があり、「缶の中に異物が入っている」「内容物が残っている」「内容物が多量に付着している」「内装のプラスチックが除かれていない」に該当する場合は、リサイクルできません。

5月18日の出来事一覧

5月18日は18リットル缶の日ですが、過去の5月18日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2010年のできごと:家畜の伝染病「口蹄疫」で殺処分対象の家畜が11万4000頭にもなり、宮崎県の知事が非常事態宣言を発令した。
  • 2005年のできごと:紀宮様と黒田慶樹(東京都職員)さんの結婚式が11月15日に東京都千代田区の帝国ホテルで行われた。
  • 2000年のできごと:特定の相手につきまとう行為に対する「ストーカー行為規制法」が衆院本会議で可決され、成立した。
  • 1997年のできごと:今村昌平監督の「うなぎ」がカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞し、1983年の「楢山節考」に続いて2度目の受賞と話題になった。
  • 1869年のできごと:戊辰戦争が終わり、函館の五稜郭の戦いで榎本武揚らが降伏を宣言した。

5月18日が誕生日の芸能人は誰?

  • 入江 甚儀(いりえ じんぎ):1993年5月18日生まれ。日本の俳優。
    「MEN ON STYLE」のメンバー。
  • 大迫 勇也(おおさこ ゆうや):1990年5月18日生まれ。日本のサッカー選手。
    Jリーグ「ヴィッセル神戸」所属で日本代表。
  • 瀬戸 康史(せと こうじ):1988年5月18日生まれ。日本の俳優、タレント。
    若手男性俳優集団「D-BOYS」のメンバー。

18リットル缶は扱いに注意!

それでは、5月18日が18リットル缶の日になった由来やおもしろ雑学などご紹介してみました。

18リットル缶はリサイクルも可能ですが、スチール製なのが逆に、使い道が少ないのは欠点かもしれません。

もし18リットル缶を扱うなら、十分に注意して、元々は石油缶に利用されていたことを思い出してください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント