4月13日は喫茶店の日!由来や雑学など解説!今日は何の日?

4月13日は喫茶店の日4月

4月13日は、喫茶店の日なんだって!

日本で初の喫茶店ってどんな感じだったのかな?

一番初めの喫茶店は、コーヒーを扱ってたみたいね。

今回は、4月13日が喫茶店の日になった由来や雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

4月13日は喫茶店の日ですが、喫茶店と言えば、コーヒーか紅茶かで迷ってしまうことが多いです。

今回は、喫茶店の日ができた由来やちょっと面白い雑学などご紹介します!

4月13日は喫茶店の日

4月13日は喫茶店の日ですが、1888年に東京の上野に日本初の喫茶店「可否茶館」がオープンしたことを記念して制定されました。

ちなみに、当時の1杯のコーヒーの値段は1銭5厘と値段が高かったことで、利用者は少なかったようです。

コーヒー喫茶店「可否茶館(かひいさかん)」は、1階がビリヤード場、2階が喫茶室の2階建ての洋館で、当時は珈琲がハイカラな飲み物とのことで、特権階級の人々に人気がありました。

ただ、コーヒー1杯が1銭5厘、牛乳入りコーヒーが2銭、席料が1銭5厘と高すぎる価格設定のせいか、売り上げはふるわず、可否茶館は3年も経たないうちに閉館となります。

喫茶店ブームが起こったのはいつから?

日本で初めての喫茶店は早々と閉店してしまいましたが、1910年代の明治時代末~大正時代にかけて「カフェー」と呼ばれる喫茶店が登場したことで、日本でも喫茶店ブームが始まります。

ジャズ喫茶や歌声喫茶など、音楽と融合した喫茶店も登場したのが1950年代後半です。

当時は今のようにCDなどの安価で音楽を聴ける環境が少なかったことから、喫茶店に行けば音楽を楽しめるとの背景もあったみたいですね。

喫茶店では当時お酒を提供する店も多かったようですが、1960年代から1970年代にかけては「純喫茶」が登場します。

「純喫茶」は、当時のお酒を扱う喫茶店「特殊喫茶」と区別するために生まれた言葉で、店主自らがコーヒーを淹れるスタイルもこの頃から始まりました。

喫茶店とカフェは違う?

喫茶店とカフェは混同されがちですが、実は大きな違いがあります。

それは、喫茶店は「喫茶店営業許可」を受けたお店を指し、カフェは「飲食店営業許可」を受けた店との違いです。

つまり、現代では喫茶店と店名にある場合、昔のようにお酒を扱えないんですね。

もし飲食店営業許可を得ている喫茶店があれば、それは上記でもご紹介したように「特殊喫茶」になり、お酒を扱わない「純喫茶」は厳密に区別されます。

スターバックスの意外な事実

喫茶店と言えば、スターバックスもそうですが、スターバックスでは多くの人がトールサイズが一番小さなサイズと思っているようですが、実はそれよりも小さいショートサイズがあります。

トールサイズは350mlですが、ショートサイズは240mlなので、トールサイズが多すぎると感じた場合には、ショートサイズを注文するのがおすすめです。

また、スターバックスでは、ホットのドリップコーヒー限定で100円プラスすれば、おかわり自由となります。

ほかにも、スターバックスのレシートには当たりのついたレシートがあり、印刷されているWebアンケートに答えれば、ドリンク1杯無料サービスなどもあります。

もし、普段からスターバックスを利用されている方は、こちらの雑学も参考にしてみてくださいね。

4月13日の出来事一覧

4月13日は喫茶店の日ですが、過去の4月13日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1997年のできごと:タイガー・ウッズが史上最年少で、ゴルフのマスターズ・トーナメントで初優勝を飾る。
  • 1992年のできごと:TVアニメ「クレヨンしんちゃん」が放映開始となる。
  • 1975年のできごと:矢沢永吉とジョニー大倉らがメンバーのロックバンド「キャロル」で解散コンサートが行われた。
  • 1970年のできごと:宇宙船「アポロ13号」で船内酸素圧が半減する事故が発生し、地球への帰還劇が映画として放映された。
  • 1959年のできごと:アメリカが探検衛星「ディスカバラー5号」を打ち上げた。

4月13日が誕生日の芸能人は誰?

  • 岐洲 匠(きず たくみ):1997年4月13日生まれ。日本の俳優、タレント。
    2017年「宇宙戦隊キュウレンジャー」で俳優デビュー。
  • 阿部 菜渚美(あべ ななみ):1996年4月13日生まれ。日本のモデル、女優。
    「11人もいる!」のゲスト出演で、ドラマ初出演。
  • 秋月 三佳(あきづき みか):1994年4月13日生まれ。日本の女優、タレント。
    連続ドラマ「もっと熱いぞ!猫ヶ谷!!」でドラマ初主演。

4月13日は喫茶店に行ってみよう!

それでは、4月13日が喫茶店の日になった由来やちょっと面白い雑学などご紹介してみました。

喫茶店は当時高級な店で、初めての喫茶店は廃業になりましたが、現代では喫茶店も風変りになり、コメダ珈琲などは独自のブランド化に成功しています。

喫茶店と言えば、紅茶とケーキ、コーヒーを楽しむなど、ちょっと非日常感を味わえるのが魅力です。

ぜひ、喫茶店の日には喫茶店を訪れ、ちょっとアンニョイな午後を過ごしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント