5月16日は工事写真の日!意味や由来など解説!今日は何の日? | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

5月16日は工事写真の日!意味や由来など解説!今日は何の日?

5月16日は工事写真の日 5月

5月16日は工事写真の日だね!

工事写真って、修正がいらないのがベストだけど、難しいよね。

工事写真も今はデジタルだから、出すのも楽になったわ。

今回は、5月16日が工事写真の日になった由来など紹介するわね!

5月16日は、「工事写真の日」として知られています。

この日は、東京都清瀬市に拠点を置く有限会社多摩フォートが業務を開始した日に由来しており、1997年のこの日に設定されました。

5月16日は工事写真の日

有限会社多摩フォートは建設プロジェクトの工程を記録する工事写真の撮影及び管理を主な事業としており、工事写真の重要性を広める目的でこの記念日が制定されました。

この記念日は、2017年に一般社団法人日本記念日協会によって正式に認定されています。

工事写真の役割と重要性

工事写真は、建設プロジェクトの品質保証と施工の合理化を目的として、施工過程を正確に記録するために不可欠です。

これにより、施工管理の証明が強化され、適切な記録保持が求められるようになっています。

しかし、忙しい工事現場ではしばしば撮影作業が後回しにされがちです。

そのため、多摩フォートのような専門業者が、詳細な記録写真の撮影と編集を行い、現場作業員をサポートしています。

公共および民間プロジェクトにおける工事写真の必要性

特に公共工事プロジェクトにおいては、工事写真の撮影が義務付けられており、これにより進行状況の透明性が保たれます。

民間プロジェクトでは義務ではないものの、進行の証明や後のトラブル解決に備えて工事写真が重要となります。

実際に、工事完了後に問題が発生した場合、これらの写真が重要な証拠となり得るのです。

工事写真撮影のプロセスとその重要性

工事写真は、経験が浅い作業員や、立場が下の職員に任されることが多い業務です。

これは、写真を通じて現場の状況を把握できるため、初心者にも適した作業とされています。

工事写真を撮影する際の主要なステップ

ここでは、工事写真を撮影する際の主要なステップを紹介します。

撮影のプランニング

最初に、工事写真の撮影計画を立てます。

この段階で、撮影が必要な施工前、施工中、完成後の各ステージを特定し、撮影のタイミングを計画します。

これにより、作業の流れを止めずにスムーズに撮影が進行できるようになります。

撮影機材の準備

撮影に必要な機材を準備します。

事前に黒板に情報を記入しておくと、現場に到着した際に撮影までの時間を短縮できます。

また、測定器具など特定の機材が必要な場合もあるため、撮影前にこれらの準備が重要です。

撮影の実施

撮影は、工事の進捗に合わせて行います。

撮影時には黒板の位置、記入内容の可読性、太陽の位置などを考慮し、一貫した方向から写真を撮ることが重要です。

これにより、誰が見ても理解しやすい写真を残すことができます。

写真の確認

撮影した写真はその場で確認します。

完璧に撮れたと思っても、ぼやけていたり、必要な部分が写っていなかったりすることがあるため、確認は必須です。

不備があればその場で再撮影を行います。

工事写真の意義と撮影タイミングの組み込み

工事現場では、写真撮影を日常的なスケジュールに組み込むことで、撮り忘れのリスクを減らすことができます。

撮影担当者を明確にし、チェックリストやリマインダーを用いることで、撮影の効率と正確性を保つことができます。

以上が、工事写真撮影の流れとその重要性についての概要です。

これにより、工事写真が工程管理や品質保証、トラブル解決にどのように役立つかが理解できるはずです。

まとめ

「工事写真の日」は、建設業界における工事写真の価値を再認識し、その慣行を促進するために重要な日です。

工事の各段階を正確に記録することで、品質管理、維持保全、そして問題が発生した際の迅速な対応が可能になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!