1月7日は消救車の日!意味や由来・消救車について徹底解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

1月7日は消救車の日!意味や由来・消救車について徹底解説!

1月7日は消救車の日 1月

1月7日は「消救車の日」だけど、消防車と救急車とはどう違うのかな?

記念日の由来や意味など教えて!

消救車って確かに聞きなれない言葉かも。

今回は、1月7日は消救車の日になった意味や由来など紹介するわ!

消防救急車の日本国内における主要メーカーであり、「世界初の消防救急車」を開発したモリタホールディングスが定めた「消防救急車の日」という記念日が存在します。

「消防救急車の日」とはどんな日なのか?

毎年1月7日は「消防救急車の日」とされています。

この日は2005年に千葉県松戸市で初めての消防救急車が配備された記念日です。

長寿命化が進み、高齢社会が進行する日本において、火災対応と救急活動の両方を行うことで運用効率化を図る消防救急車は、急増する救急出動に対応し、より迅速な救助活動を可能にしています。

消救車とは?

消防救急車(通称:消救車)は、火災発生時にはポンプ車として、また救急要請があった際には救急車として、それぞれの機能を果たすことができる特殊な自動車です。

従来の消防車と救急車の役割を一台でこなすことで、コスト削減と迅速な対応が可能になりますが、その運用や法規制にはまだ課題もあります。

「消防救急車の日」は、一般社団法人日本記念日協会によって認定されており、消防救急車の重要性やその役割を再認識する日として位置づけられています。

日本で初めての消防救急車は?

日本で初めての消防救急車が2004年12月に千葉県松戸市の六実消防署に導入されました。

この先駆けとなる車両は、モリタが開発した日野・デュトロベースのモデルでした。

その後、消防救急車は全国に広がりを見せ、2007年には京都市消防局に特注モデルが配備され、2008年には青森県むつ市大畑町の消防団にも導入されました。

これらの車両は、火災対応と救急活動の両面で活躍し、地域の安全を支えていますが、機能や設備の面での改善の余地もあります。

「PA連携」戦略

また、救急出動の効率化を目指して、いくつかの消防機関では、救急隊員が乗車する消防車を先行させる「PA連携」戦略が採用されています。

しかしこの取り組みは、一部の地域では目的外使用や法規制の問題から活用が見送られています。

このような背景を受け、大手前大学は尼崎市消防局と連携し、救急車の適正利用を促進するためのPR動画を制作しました。

この動画は2022年にシネマ神戸で上映され、救急車の有効な利用を呼びかけるとともに、広報活動の一環として注目を集めました。

1月7日は消救車についての理解を深めよう! まとめ

1月7日は、消防と救急の機能を一体化した革新的な「消救車」に光を当てる日として、特に記念されています。

この日は「消救車の日」として知られ、2005年1月7日に千葉県松戸市に第一号の消救車が導入されたことがきっかけで、この分野での技術革新と貢献をした株式会社モリタにより設立されました。

この記念日は、消防車や救急車の重要性について考え、それらのサービスに対する理解と尊敬を深める機会となっています。

最後までお読みいただきありがとうございました!