テレビ前にベビーゲートを置くと見えない?選び方のコツ! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

テレビ前にベビーゲートを置くと見えない?選び方のコツ!

ベビーゲートを置くとテレビが見えない? 雑学・地域

ベビーゲートが必要だとわかっても…

置くとテレビが見えないのを何とかしたいなぁ。

子供の安全を考えたら、ベビーゲートも必要なのよね。

今回は、テレビ前にベビーゲートを置くと見えない時の対策を紹介するわ!

テレビ周りを赤ちゃんから守るためには、ベビーゲートが非常に効果的です。

特にテレビがあるエリアは、赤ちゃんにとって魅力的で、同時に様々な危険が潜んでいます。

以下に、テレビガードとしてのベビーゲートの必要性について説明します。

テレビ前にベビーゲートを置くと見えない?

テレビの前にベビーゲートを設置したいけれど、画面が見えるかどうか心配な方も多いでしょう。

テレビ台の高さ次第ではありますが、適切な高さのベビーゲートを選ぶことで、この問題は解決します。

テレビ画面を遮らずに赤ちゃんを安全に保つためのベビーゲートの高さのポイントを解説します。

ベビーゲート選びの重要ポイント

テレビ前でのベビーゲートの設置において、次のポイントを考慮すると良いでしょう。

  1. 推奨される高さ: ベビーゲートの高さは約60cmが理想的です。この高さならば、テレビ画面が遮られることなく、赤ちゃんが乗り越えるリスクも低くなります。
  2. 適切な設置高さの重要性: 60cmより低いベビーゲートは赤ちゃんが乗り越えやすくなるため、適切な高さの選択が重要です。
  3. タイプの選定: テレビ前には、設置が簡単な置くだけタイプのベビーゲートが最適です。このタイプのベビーゲートは、使用しない時には折りたたんで収納したり、他の場所へ移動させたりすることが可能です。

テレビ台との調和

テレビ画面がベビーゲートによって遮られる場合は、テレビ台の高さを変更することも検討してみましょう。

一般的なベビーゲートは60cm以下のものが少ないため、手作りする場合には特に高さに注意が必要です。

結論として、テレビ前にベビーゲートを設置する際は、赤ちゃんの安全を確保しつつ、テレビ視聴も楽しめるようなバランスを取ることが大切です。

適切な高さのベビーゲートを選び、必要に応じてテレビ台の高さを調整することで、理想的な環境を整えることができます。

テレビガード(ベビーゲート)が必要な理由

テレビ周りの安全を確保するためにベビーゲートが重要である理由は主に次の3つです。

  • テレビの保護: 赤ちゃんはテレビに触れたり、棒でたたいたりして、テレビを傷つける可能性があります。
  • 物へのアクセス制限: テレビ台の扉を開けて、中の物を出してしまう行動を防ぎます。
  • 適切な視聴距離の保持: 赤ちゃんがテレビに夢中になり過ぎて、画面に近づき過ぎるのを防ぎます。

赤ちゃんや幼児は予想外の行動を取ることが多く、テレビを叩いたり、シールを貼ったり、牛乳をかけたりすることもあります。

ベビーゲートが必要になる期間

ベビーゲートの必要性は赤ちゃんがハイハイを始め、物を掴む力が強くなる0歳後半から感じ始めます。

この時期になると、テレビ台の扉を開けて中の物に手を伸ばしたりする行動が見られます。

また、つかまり立ちを始めると、テレビの画面に手を伸ばしたり、画面を至近距離で見たりする行動が増えるため、特に注意が必要です。

ベビーゲートの必要な最終期間

テレビ周りにレコーダーやゲーム機などがある場合、子供が2歳後半になるまではベビーゲートが必要だと考えています。

2歳後半になると、子供は言葉の理解が進み、テレビに触ってはいけない、テレビから離れて見るべきなどの指示を理解し始めます。

しかし、1歳後半から2歳前半は特に危険な期間であり、この時期には子供が棒で画面を叩いたり、何かで画面をこすったりする行動が多く見られます。

以上の点から、テレビ周りの安全対策としてベビーゲートを設置すると良いでしょう。

置くだけのおすすめベビーゲート一覧

以下は、特におすすめのベビーゲートのリストです。

  1. 日本育児の「おくだけとおせんぼ スマートワイドWoody」
  2. 日本育児の「キッズパーテーション」
  3. リッチェルのドア付きゲート
  4. Babydan(ベビーダン)の「ハースゲート」
  5. カトージの木製ベビーサークル

中でも「日本育児」のおくだけとおせんぼシリーズが特におすすめです。

「日本育児おくだけとおせんぼ スマートワイドWoody」の特徴

  • 種類豊富: 中央のセーフティープレートにより、安定した設置が可能。
  • 多目的利用: テレビ台との間仕切りとしても使用でき、インテリアにも馴染む。
  • シンプルデザイン: 余計な装飾がなく、使いやすい。

テレビ前にベビーゲートを置くなら高さは重要 まとめ

テレビ前のベビーゲートを選ぶ際は、赤ちゃんの安全はもちろん、テレビ視聴の快適さも考慮する必要があります。

適切なベビーゲートを選ぶことで、赤ちゃんの安全と家族の楽しいテレビタイムの両立が可能です。

最後までお読みいただきありがとうございました!