寝相が悪いのは改善できる?悪い原因や対処法など解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

寝相が悪いのは改善できる?悪い原因や対処法など解説!

寝相が悪い原因と改善方法 オールシーズン

僕は小さい頃、すごく寝相が悪かったんだけど…。

大人になって改善されたのは、原因が解消されたお陰かな?

大人でも寝相が悪い人がいるけど、それにもちゃんと原因があるわ。

今回は、寝相が悪い原因や改善方法など紹介するわね!

多くの人が家族やパートナーから「寝相が悪い」と指摘され、改善を望んでいることでしょう。

幸い、寝相の問題は適切な寝具や寝室の環境を見直すことで改善する可能性があります。

今回は、寝相の悪さに悩む人々に向けて、その原因と改善策をご紹介します!

寝相が悪い原因は何か?

寝相が悪くなる理由についての疑問があるかもしれません。

以下で、寝相の悪さの主な原因について詳しく説明します。

睡眠が浅くなっている

寝ている間に体が頻繁に動くことは、睡眠が浅いことの兆候とされています。

そのため、以下の理由により睡眠が浅くなり、寝相が悪くなる可能性が考えられます。

  • 寝具が適切でない
  • 寝室の環境が適切でない
  • ストレスや不安を感じている

寝相の改善策を考える上で、これらの要因に注目してみましょう。

寝具が適切でない

身体に負担のかかる寝具を使用することにより、睡眠が浅くなることがあります。

たとえば、快適な寝姿勢が取りにくいマットレスを使用すると、良い姿勢で寝ることが難しく、結果として睡眠が浅くなります。

また、枕の高さが合わない場合も、快適な睡眠を妨げ、多くの寝返りを必要とすることになります。

寝室の環境が適切でない

寝具だけでなく、寝室の環境も寝相の悪化に影響を与えることがあります。

睡眠が浅くなる寝室の特徴は次の通りです。

  • 室温が適切でない
  • 部屋が明るすぎる
  • 騒音がある

例えば、夏季でもクーラーを使用せずに寝ることが暑苦しい場合、寝返りを頻繁に打ったり、掛け布団を蹴ったりすることがあるでしょう。

明るすぎる環境では、睡眠ホルモンの分泌が減少し、浅い睡眠につながることもあります。

これらの要因に注意を払い、寝室の環境を改善することで、寝相が改善される可能性があります。

ストレスや不安

寝具や寝室に問題がない場合、寝相の悪さはストレスや不安が原因である可能性があります。

これらの要因が増えると、自律神経が乱れ、睡眠が浅くなる可能性があります。

寝相に悩んでいる場合、自身の精神状態を見直すことも大切です。

病気の可能性

極端に多くの寝返りを打ったり、寝相が著しく悪い場合、病気が原因である可能性も考えられます。

以下では、寝相の悪さに関連する2つの疾患について紹介します。

睡眠時無呼吸症候群

うつぶせで寝ることが多い人や、過度に寝返りを打つ人は、睡眠時無呼吸症候群のリスクが高いです。

この疾患では、睡眠中に何度も呼吸が止まります。

うつぶせで寝ることで気道が開き、呼吸がしやすくなるとされています。

レム睡眠行動障害

寝ている間にベッドから落ちたり、一緒に寝ている人を蹴ったりするなど、激しい動きをする場合、レム睡眠行動障害の疑いがあります。

この疾患では、夢の内容と同じような行動を現実でも行います。

症状が強い場合、危険な行動を伴うこともあります。

いずれの症状も放置せず、医療機関で詳細な診断を受けるべきです。

寝相を改善する6つの方法

寝相の問題に悩む人々にとって、寝具や寝室の環境を改善し、質の高い睡眠を実現することが肝要です。

以下では、寝相を改善するための6つの方法をご紹介します。

①適切なマットレスを選ぶ

快適に寝返りを打てるマットレスを選ぶことで、睡眠の質を向上させ、寝相の改善に寄与します。

適切なマットレスの特徴は次の通りです。

  • 適度な厚みと硬さを備えている
  • 体圧分散性が高い
  • 十分な広さがある

体圧分散性は、体にかかる圧力を均等に分散する性質を指します。

また、マットレスのサイズは、体格や寝る人数に合わせて選びましょう。

②適切な枕を選ぶ

マットレスと同様に、寝返りを打ちやすい枕を選ぶことも大切です。

適切な枕を選ぶ際に注意すべきポイントは次の通りです。

  • 枕の高さ
  • 頭が沈み込まない硬さ
  • 十分な横幅

枕の高さは、頭から肩にかけての隙間を埋める高さと一致する必要があります。

また、枕の横幅は、寝返りを打っても頭が落ちないように、頭の3分の1程度の大きさを目安にしましょう。

③寝室の室温を調整する

寝室の室温を快適に保つために、夏季は26~28℃、冬季は16~19℃を目安に調整しましょう。

エアコンの風が不快な場合は、タイマー機能を使用することを検討してください。

また、湿度は一年を通じて50~60%程度を保つと快適な睡眠が得られます。

湿度が高い夏季にはエアコンの除湿機能を、乾燥する冬季には加湿器を利用することがおすすめです。

④寝室の明るさを調整する

寝室での睡眠前には、睡眠ホルモンの分泌が始まり、自然な眠気が感じられるようになります。

ただ、明るい光や青白い光を浴びると、睡眠ホルモンの分泌が妨げられることがあります。

真っ暗な寝室も眠りを妨げることがあるため、寝室の照明は暖色系の電球を選びましょう。

また、睡眠を妨げる青白い光を避けるため、寝る前にスマートフォンやパソコン、テレビを使用しないようにしましょう。

⑤寝室の騒音を軽減する

寝るときはテレビやラジオを大音量で再生しないようにしましょう。

無音で寝られない場合は、歌詞のないヒーリング音楽や自然音を低音量で流すのがおすすめです。

外部からの騒音に対しては、防音性の高いカーテンを取り付けることで、一定の軽減効果が得られるかもしれません。

⑥寝るときの服装を見直す

パジャマなどの寝るときの服装にも注意が必要です。

伸縮性がないパジャマは、寝返りが打ちにくく、睡眠の浅さにつながる可能性があります。

通気性の高く、動きやすい服装を選び、リラックスして眠れる環境を整えましょう。

寝相改善のための原因と対策についてのまとめ

寝相が悪くなる主な原因は、身体に負担をかける寝具やストレスなどにより、睡眠が浅くなることが挙げられます。

寝相の改善を目指すには、寝具や寝室の環境を見直し、高品質な睡眠を促すことが大切です。

また、寝返りが頻繁で、寝相に関して問題がある場合は、睡眠時無呼吸症候群やレム睡眠行動障害などの可能性も考慮すべきです。

症状が続く場合は、医療機関でも相談してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!