駐車場でパーキングブレーキをかけない理由は?冬の駐車事情も解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

駐車場でパーキングブレーキをかけない理由は?冬の駐車事情も解説!

駐車場でパーキングブレーキをかけない理由雑学・地域

駐車場で、特にAT車の場合、Pレンジだけでパーキングブレーキをかけない人が多いんだって。

でも、理由はなぜかな?

パーキングブレーキはかけないと危険なのに、なぜかしら?

今回は、駐車場でパーキングブレーキをかけない人がいる理由など紹介するわ!

駐車場でPレンジに入れるのは誰でもがやることですが、中にはパーキングブレーキをかけない人も多いと言います。

今回は、なぜパーキングブレーキをかけない人がいるのか理由などご紹介します!

駐車場でパーキングブレーキをかけない人が多い?

AT車を駐車する際、シフトレバーを「P」レンジに入れ、パーキングブレーキをかけないドライバーもいます。

ただ、「P」レンジだけでは車を完全に固定できない場合があるため、通常はパーキングブレーキも併用することが推奨されます。

これは、特に傾斜のある場所での駐車や、寒冷地域での冷凍凍結を避けるためです。

「P」レンジにすると、トランスミッション内部の歯車が固定され、駆動輪は動かなくなります。

パーキングブレーキは後輪に働きかけるので、制動力は「P」レンジよりも劣ります。

安全性を高めるならパーキングブレーキは必須

教習所のインストラクターによれば、一般的な前輪駆動の車では「P」レンジだけでは後輪がロックされず、安全性を高めるためにパーキングブレーキをかけることが勧められます。

これにより、車が衝突された場合でも、ゆるやかな動きで被害を最小限に抑えることができます。

ただし、パーキングブレーキをかけない選択をするドライバーもいます。

特に寒冷地域では、冷凍凍結によってパーキングブレーキが凍結し、解除できなくなることがあるため、この習慣が広まっています。

ただ、近年では自動で電動パーキングブレーキが作動する車種も増えており、パーキングブレーキをかけない傾向が減少しています。

ただ、一部の国産車の説明書では、電動パーキングブレーキも凍結の可能性があるため、輪止めを使用することが推奨されています。

輸入車にパーキングブレーキは必要ない?

輸入車では上記のような記載はあまり見られないことがあります。

なので、車種によって適切な駐車手順を確認することが重要です。

つまり、AT車を駐車する際には、「P」レンジに入れただけでなく、パーキングブレーキをかけることが安全であり、法的にも要求されています。

冬の駐車でサイドブレーキは使わないほうが良い?

車には、通常のブレーキとは異なる駐車専用のサイドブレーキ(またはパーキングブレーキ)が装備されています。

ただ、このサイドブレーキを使うべきでない場面が実は存在します。

それをご存知でしょうか?

正確には「寒冷地域での冬季駐車時にサイドブレーキをかけないほうが良い」というのが正解です。

サイドブレーキをかけない理由

なぜかけないほうが良いのか、その理由は車の構造に関連しています。

通常、運転中に使用されるブレーキは、油圧を利用してブレーキパッドとディスクローターを摩擦させ、車を停止または減速させます。

ところが、サイドブレーキは違います。

サイドブレーキは、ワイヤーを引くことで回転式のドラムブレーキを内側から固定するメカニズムを採用しています。

ただ、このワイヤーは冷凍凍結の影響を受けやすく、寒冷地域では凍ってしまい、サイドブレーキを解除できなくなることがあります。

サイドブレーキが非推奨の地域

冬に気温が氷点下10℃以下になる場所では、上記の問題がより顕著に現れることがあるため、サイドブレーキをかけないことが勧められます。

とはいえ、一部の高級車は油圧式のサイドブレーキを採用しており、これらの車には当てはまりません。

一般的なオートマチック車では、Pポジションにシフトを入れると、自動的にギアがロックされ、車が動かなくなります。

マニュアル車の場合は、1速またはR(リバース)ギアに入れて駐車します。

冷たい季節が近づいている地域では、このサイドブレーキの使用に注意を払い、適切な駐車手順を心に留めておくことが重要です。

駐車場でパーキングブレーキは必須! まとめ

それでは、駐車場でパーキングブレーキをかけない人がいる理由や冬のサイドブレーキは必要なのかなどご紹介してみました。

結論から言えば、安全性を高めるためにもパーキングブレーキは必須です。

ただ、冬には寒い地域では、サイドブレーキを使わないケースもあるので、なぜブレーキが必要なのか理由を知って、カーライフを楽しんでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!