着る毛布は暖房費いらずって本当?実際に一冬を越して感じた北海道事情…

着る毛布で暖房費いらず季節のアイテム

先日新しい着る毛布を買ったんだけどさ。

北海道でも暖房費がいらないのは嬉しいかも。

私も着る毛布にはお世話になったわー。

暖房がない部屋でも、着る毛布を着れば、コタツもいらないのよね。

それじゃ今回は、着る毛布が本当に暖房費いらずなのか紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
先日新しい着る毛布を買ったのですが、すぐに売り切れになってしまい、追加購入ができませんでした。

去年は着る毛布で冬を越したのですが、暖房が一切ない私の部屋でも、着る毛布があると平気でした。
コタツのスイッチも入れずと、暖房費が節約できたんですね。

ということで、今回は、着る毛布が本当に暖房費いらずなのか検証してみます!

着る毛布は本当に温かいのか?

私が去年買った着る毛布は、MOFUというシリーズで、現在さとふる通信のお礼品として買えるみたいですね。

着る毛布-MOFU-(モフ)| お礼品詳細 | ふるさと納税「さとふる」
男女兼用 あったかグッズ!着る毛布-MOFU-(モフ)です。

私は送料無料で3980円で買いましたが、さとふる通信でも5000円でOKみたいです。

この着る毛布は、温かさが断然違います。
ちょっと着丈が長いので、私はいつも着物のようにたくし上げて着ていますが、本当にとにかく温かい!

真冬の部屋でも、これを着ていると暖房いらずで、去年の冬はコタツのスイッチを入れることもなく、もちろん石油ファンヒーターなども一切使いませんでした。

リビングにはストーブがありますが、私の部屋では一切ないので、本当に助かりましたね。

今年も再販されてないかなと楽天を探しましたがないみたいで…
なので、上記のリンク先でふるさと納税しか、現状どうしようもないかなという感じです。

長さも自在に調節できるように、ひもでウェストを縛るタイプです。

ただし…!寝る時にそのまま着ても、裾がはだけるのが1つだけマイナスポイントです。

でも、寝る時に毛布の代わりにかけると、すごく温かいので、毛布としても重宝します。

暖房費の節約にも、着る毛布はお買い得です。
なかには、洗濯がNGの毛布もあるので注意して欲しいんですが、もし丸洗いできるなら、着る毛布は確かに暖房費の節約になりますよー。

新たに買った着る毛布も良きかな

そして、また売り切れになっちゃいましたが、今回こちらを弟に買ってあげました。
今度も着る毛布ですが、こちら着たまま寝てもはだけないタイプ。

ちょっと着丈が長いですが、170cmの弟だとギリギリ裾を引きずる長さ。
ただ、留め金みたいなのがあるので、それを使えば、158cmの私でも問題なく着れました。

こちらもめっちゃ温かいです。
首をしっかりとガードしてくれますし、チャックで締めるタイプなので、はだける心配もなし!

裏起毛でふかふかですし、生地が薄手なのに、非常に温かく…
弟が着ないようなら、予備にして私が着たいくらいです!

洗濯も丸洗いできるので、汚れたら洗えるのも嬉しいですね。

ただし…かなり大きいので、服としてではなく、毛布のつもりで洗わないとダメなくらい、大きな毛布なので、洗濯槽がいっぱいになります。

そこ以外は注意点がないくらい素晴らしいので、冬の暖房費の節約におすすめです。

着る毛布の選び方のポイントとか…

さて、私が着る毛布を買うのは3度目ですが、選び方のポイントをまとめてみますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント①着丈に注意

まず、着る毛布を買うときには、着丈に注意してみてください。

中には着丈が100cmとかありますが、子どもには向いていますが、150cm以上の身長がある方は、かなり短めです。

確かに、引きずる心配はないんですが、冬場は足元まですっぽり隠れるくらいでないと寒くなります。

できれば、着丈が150cm以上あるタイプで、かつサイズ調整ができるタイプがGOODです。

中には、背中の写真を映さないで、背中が開くタイプもあるので気をつけてみてください。

もし着る毛布を買うときには、レビューも確認して、悪い評価がついている理由もチェックです。

ポイント②厚手で裏起毛かどうか

第2のポイントは、裏起毛かどうかです。

裏起毛タイプでも生地が薄いタイプは、ちょっと肌寒いので、厚めの生地を使っている着る毛布を選ぶのがポイントです。

薄い生地だと、暖房がある部屋なら暖かいかもしれないですが、私の部屋のように一切暖房がない部屋の場合、もこもこっとするくらいの着る毛布がちょうどいいです。

せっかく暖房費の節約をするなら、多少高くても厚手の生地を使った、裏起毛タイプを選ぶようにしてください。

ポイント③着丈の長さが調節できるかどうか

次のポイントは、着丈の長さを調節する機能があるかどうかです。

着丈の長さは商品説明にあるのでわかると思いますが、着丈を調節する機能がないと、地面を引きずってしまう可能性があります。

今回ご紹介した2種類はどちらも着丈の長さを調節できるので、身長にあった着丈も大切ですが、ひもやボタンで長さを調節できるタイプを選びましょう!^^

ポイント④洗濯できるかどうか

最後のポイントは、洗濯できるかどうかです。

着る毛布の中には、温かいとレビューにあっても、洗濯時に色落ちしますと書かれている商品もあります。

着る毛布は洗えないと困るので、まず丸洗いできるタイプかどうかもチェックしてみてください。

このポイントは、意外と重要です。^^

着る毛布で寒い冬も快適に!

それでは、今回は着る毛布で暖房費の節約はできるのか、また着る毛布を選ぶポイントなどご紹介してみました!^^

着る毛布は一度着ると手放せなくなるくらい、冬でも暖かいので、ぜひポイントを参考にして選んでみてくださいね。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント