年始の挨拶に行く時の服装は?訪問時のマナーやポイントなど解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

年始の挨拶に行く時の服装は?訪問時のマナーやポイントなど解説!

年始の挨拶の服装選びのポイント 季節の悩み

年始の挨拶に行く時の服装って悩むよね?

ビジネス目的なら、やっぱりスーツが無難かな?

年始の挨拶は正装が基本って言われてるわよね。

今回は、年始の挨拶に行く時の服装の選び方のポイントなど紹介するわ!

年始の挨拶に行く時の服装選びで迷うことも多いですが、そもそも正装がどんな服装かわからなくて困りますよね。

今回は、年始の挨拶に行く時の服装選びのポイントやマナーなどご紹介します!

年始の挨拶に行く時の服装選びのポイント

年始の挨拶に行く時の服装を選ぶなら、基本は正装とされているので、男性ならスーツ、女性なら、和装かキレイ目のワンピースなどがおすすめです。

昔からある習慣では、年始の挨拶は基本が着物でしたが、最近は洋式の家が増えたこともあり、食事会がリビングなどで行われるなど、着物が適さないことも多々あります。

また、気心が知れた方の家に年始の挨拶に行く時も、いくら親しいからと言ってもカジュアルすぎる服装は避けた方が無難です。

他にも、靴選びのポイントとして、脱ぎづらいブーツなどは避け、同時に靴の中敷きがボロボロになっていないかなど、見栄えには注意してください。

もし、服装を選ぶのに困った時には、男性も女性もスーツでいけば問題ありません。

上に羽織るコートも、チェスターコート、トレンチコート、ノーカラーコートなどのシンプルなものを選んでおけば安心です。

年始の挨拶で気を付けたい服装マナー

年始の挨拶で服装を選ぶときには、男性も女性もスーツなら無難だと書きましたが、スーツなら何でもいいかというとそうでもありません。

やはり、正装が基本となるので、派手過ぎるスーツやだらしない着方などは避けるべきです。

以下に、服装を選ぶときのマナーもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

マナー①露出度の高い服装はNG

特に女性が気を付けたい服装として、露出度の高い服装はNGと思ってください。

たとえば、胸元が開いたトップス、丈の短いスカートなどは、女性を下品に見せてしまいます。

もし、女性が年始の挨拶にスカートで行くつもりなら、膝下丈を意識して、ストッキングも必ず着用しましょう。

マナー②派手な色合いはNG

年始の挨拶に行くなら、赤色、黄色、青色などの原色系の派手な色あいは避けましょう。

原色の色合いはラフな感じを与えてしまいますので、正装が基本の年始の挨拶には向かない服装です。

男性なら、黒、ネイビー、グレーなど落ち着いた色のスーツ、女性なら、モノトーン調のスーツか、落ち着いた暖色系のワンピース、もしくは、アンサンブルなどが向いています。

どうしても女性で原色系を使いたいのであれば、ややくすみがかかった色を選ぶのもポイントです。

マナー③ラフな服装はNG

気軽に訪問できる気心の知れた親戚であっても、カジュアルすぎるラフな格好はNGです。

パーカー、ジーンズ、スウェットなどは年始の挨拶には向かない服装なので「親しき中にも礼儀あり」の格言通り、スーツなど正装に近い服装を選ぶようにしてください。

マナー④コートの脱ぎ方

年始の挨拶は冬なので、スーツなどの正装の上にコートを羽織ることも多いです。

もし、訪問した場合は、まず玄関に入る前にコートを脱いでおき、服の埃を取ってから玄関に入るようにしましょう。

この時、たたんだコートは片手にかけるのもポイントです。

寒いからと言っても、コートを着たままで玄関に入るのは避けてください。

年始と年末の挨拶はどちらが優先?

プライベートでは年末の挨拶はあまりないと思いますが、ビジネスマンの場合は、年末と年始の両方で挨拶に行く可能性もあります。

ただ、年末も年始も忙しい時期なので、どちらを優先すべきかで迷うこともあると思います。

結論から言えば、年末よりも年始の挨拶を優先するのが正解です。

なぜなら、年始の挨拶は、新しい一年が始まる時期なので、1年で一番重要な時期だからです。

普段からお世話になっている取引先では、年始の挨拶は基本でもあるため、年末に挨拶にいけない場合でも、年始の挨拶は忘れずに行ってください。

年始の挨拶の服装は正装が基本 まとめ

それでは、年始の挨拶での服装の選び方や、服装にまつわるマナーなどご紹介してみました。

年始の挨拶は基本が正装なので、カジュアルな服装は避けるべきですが、迷ったときには、男女ともスーツにしておくのが無難です。

ただ、スーツでも色合いには注意が必要ですし、スーツの上に羽織るコートの脱ぐタイミングなど、マナーはいくつかあります。

一年の計は元旦にありとの格言もあるので、新年では挨拶をびしっと決めて、良いスタートを切ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!