幼稚園児のホワイトデーのお返しは何が喜ばれる?相手が複数の場合におすすめのお返しも!

幼稚園児のホワイトデーのお返し ホワイトデー
Advertisements

ホワイトデーのお返しは幼稚園児ならどうする?

 

今の子供って、おませさんだよね。

僕の子供の頃は、ホワイトデーのお返しなんて考えたことなかったよ。

単に、モテなかっただけかもしれないけど…💦

そうよね。最近は幼稚園児でもホワイトデーのお返しが困りどころよね。

それじゃ今回は、幼稚園児のホワイトデーのお返しのおすすめの定番など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
私はアラフォーということもあり、幼稚園に行ったことがないためわからないのですが、今は幼稚園児でもホワイトデーのお返しに困る時代なんですね。

確かに幼稚園児だと、高価なお返しをするわけにもいきませんし、いじめの原因にもなりそうなので、お返しがないと困るというのも納得できるところ。
今回は、ホワイトデーのお返しの定番など、おすすめの商品をご紹介しますね!^^

幼稚園児のホワイトデーのお返しはなにがいい?

幼稚園児のホワイトデーのお返しは、悩むところですよね。
まさか本命用の高価なお返しをするわけにはいきませんし、彼女にあげるようなお返しもするわけにはいかないですし。

そんな時におすすめのお返しをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

お返しならキャラクターグッズがマスト!

幼稚園児のホワイトデーのお返しの定番なら、キャラ物のハンカチなどがおすすめです。
価格も安めなので、相手の親にも迷惑がかかりませんし、女子幼稚園児なら可愛いものが好きな子も多いので、定番ならサンリオのグッズが一番無難かなと思います。

ハンカチは普段使うものですし、シールやレターセットなども喜ばれます。
お値段以上に感謝の気持ちを込めるのが大切なので、キャラ物のハンカチなどが定番です。

手作りのお菓子はお返しにしたらどうなの?

バレンタインに手作りチョコをもらった場合、手作りのクッキーなどをお返しにしたら、相手が喜んでくれないのでは?と不安になることもあります。
ただ、基本的には手作りに手作りで返すのは、問題ないです。

手作りお菓子は気持ちがこもっていますし、良く倍返しなんて言われますが、ホワイトデーのお返しは、もらったものと同程度のお返しが基本になります。
なので、手作りのクッキーなどお返しにしても喜ばれますし、買ったものより喜ばれることも多いので、親密度と気持ち次第です。

相手が複数の場合のお返しはどうしたらいいの?

幼稚園でクラス全員にバレンタインチョコを渡す女の子もいますよね?
私の場合、専門学校の時にクラス全員にチョコを渡している女性がいて、これってホワイトデーのお返しはどうなるんだろう?と疑問に思ったものです。

でも、なかにはもらった女の子は一人なのに、クラス全員に渡さないと子供が気恥ずかしいのでは?と心配される親もいます。

ただ、結論から言いますと、もらった相手だけにお返しすればOKです。
幼稚園児も特定の女の子にだけ渡すというのは、ちょっと気恥ずかしいかもしれません。
でも、全員に渡すっていうのもちょっと変ですよね?

心がこもっているかどうかがお返しには大切なので、クラス全員ともなれば、チョコをもらっていない相手まで渡すことになるので、逆に失礼かなと思います。
変に見栄を張ることはないので、感謝の気持ちを込めて、もらった相手にだけお返しを渡すので大丈夫です。

幼稚園児のお返しの相場はどれくらい?高いと迷惑?

幼稚園児のホワイトデーのお返しの場合、困るのが相場です。
高いと気を使わせて迷惑に思われるでしょうし、安っぽいのは失礼にあたる気がしますよね?

なので、幼稚園児のホワイトデーのお返しの相場は、もらったもの+200~300円前後がおすすめです。
もし500円程度のお菓子をもらったなら、お返しに700円くらいのヘアアクセサリーにするなどが良いですね。

手作りの場合は、手作りで返しても全然問題がないので、予算はプラス200円か同等くらいが目安です。

出来れば、女の子の好みを知っている息子さんと一緒に買い物に行って、好きそうなキャラクターなどのアイテムを選びましょう。
また、複数の女の子からもらった場合は、皆に同じお返しが基本です。

特定の子だけ違うものをあげてしまうと、息子さんが友達などからからかわれてしまうので気をつけてください。
幼稚園児だって男の子ですから、冷やかされては可哀そうですね。

ホワイトデーのお返しは相場と何をあげるかが大事

それでは、幼稚園児のホワイトデーのお返しには何が良いかや、相場や注意事項などご紹介してみました。

ホワイトデーのお返しは、幼稚園児であってもマナーが大切です。
特に高価なお返しをして、相手の親に迷惑がられないように、相場もしっかりと確認しておきましょう。

手作りのクッキーなども喜ばれますので、もし親が作れるなら、息子さんと一緒に手作りを楽しんでみても良いかもしれません。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました