10月17日は貯蓄の日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

10月17日は貯蓄の日10月

10月17日は貯蓄の日だね!

僕は貯蓄が苦手なんだけど、どうやったらお金って貯まるのかな?

収入より支出が大事って言うわよね!

今回は、10月17日が貯蓄の日になった由来やおもしろ雑学など紹介するわね!

10月17日は貯蓄の日ですが、貯蓄って支出を見直すと、それだけで貯蓄が増えるなんて言われていますよね。

今回は、記念日が出来た由来やおもしろ雑学などご紹介します!

10月17日は貯蓄の日

10月17日は貯蓄の日ですが「貯蓄に対する関心を高め、貯蓄の増進を図ること」を目的として、1952年に、貯蓄増強中央委員会が提唱し、後に制定された記念日です。

ちなみに、日付の由来は、戦前に天皇がその年の新穀を伊勢神宮に奉納した「神嘗祭(かんなめさい)の日」にあるとされます。

神嘗祭は、天皇がその年の新米を伊勢神宮に供えるための祭事ですが、この日にはお金が勤労の収穫物であることに例えて、お金を大切にしようとの目的もあります。

昨今では、ボーナスも貯蓄に移行する人が増えており、その場しのぎの消費よりも、将来を見据えて貯蓄を考える人も多いようです。

一番簡単な貯蓄は、毎月の支出を減らすこととも言われていて、確かに毎月1万円を交際費に使う方がいれば、それを抑えるだけで、毎月1万円貯金したことと同じになりますし、だからこそ、貯蓄には支出を見直すことが大切なのかもしれません。

1万円札にも寿命がある?

普段何気なく支払いに使っているお札には、実は寿命があり、1万円札の場合は4~5年、千円札や5千円札の寿命は1~2年とされています。

寿命と言うとしっくりこないかもしれないですが、要するにヨレヨレになったり、破けたりしたお札は寿命を迎えたといえます。

そんなヨレヨレの一万円札はどうなるかと言えば、日本銀行の地下で廃棄されているんです。

処分方法は、まず1万円札の中央に大きな穴を三つあけ、パルパーと呼ばれる機械にかけて、液体状まで溶かされ、さらに脱水機にかけて残ったかすは回収となります。

余ったカスは再利用も可能みたいですが、品質が良い紙にはならないので、ダンボールの底や卵ケースの下に敷く紙くらいしか用途がなく、再利用の材料としても不十分らしいです。

銀行にはそこまでお金は貯蓄されていない

銀行強盗をテーマにしたドラマや映画があることから、銀行には大量にお金が貯蓄されているイメージをお持ちの方も多いと思います。

ただ、通常の銀行では、支店には金庫に1億円ほどしか貯蓄されていません。

もちろん、本店にはそれ以上の貯蓄がありますが、給料日やボーナス日以外はそこまでお金を置かないようにしているらしいんですね。

昨今では、銀行のATMでも引き出しの上限額が設定されていますが、そもそも銀行にはそこまで大量のお金が貯蓄されていないので、その対策もあると思います。

銀行強盗に狙われるリスクを減らす目的もあると思いますが、銀行はたくさんのお金が金庫にあるとは限らないんです。

10月17日の出来事一覧

10月17日は貯蓄の日ですが、過去の10月17日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1992年のできごと:服部剛丈君射殺事件が起き、アメリカに留学中の男子高校生が訪問宅を間違え、出てきた男性の英語が理解できず、不審者とみなされて射殺された。
  • 1987年のできごと:京都市が「古都保存協力税」を廃止した。
  • 1968年のできごと:川端康成氏の「ノーベル文学賞」の受賞が決定した。
  • 1967年のできごと:中国最後の皇帝(ラストエンペラー)の「愛新覚羅溥儀」が61歳で死去した。
  • 1905年のできごと:津田梅子が会長の「日本基督教女子青年会(日本YWCA)」が創立された。

10月17日が誕生日の芸能人は誰?

  • 柄本 時生(えもと ときお):1989年10月17日生まれ。日本の俳優。
    2008年「俺たちに明日はないッス」で映画初主演。
  • 松坂 桃李(まつざか とおり):1988年10月17日生まれ。日本の俳優。
    「侍戦隊シンケンジャー」で志葉丈瑠 / シンケンレッド役で出演し、俳優デビュー。
  • 大島 優子(おおしま ゆうこ):1988年10月17日生まれ。日本の女優。
    女性アイドルグループ「AKB48」の元メンバー。

貯蓄するなら支出を見直そう まとめ

それでは、10月17日が貯蓄の日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

貯蓄を増やすには、逆の発想で支出を減らすのが良いとされていますが、将来を考えたら貯蓄は大切ですよね。

貯蓄を増やすのは今の時期大変かもしれないですが、デフレとインフレが同時に起きている今こそ、一番貯蓄が大切な時期かもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました!