転職で会社見学をする時のマナーとは?見ておきたいポイントなども解説!

転職の会社見学の基本的なマナーマナー

転職するときに会社見学をすることって割とあるよね。

でも、マナーとかやっぱり大切だよね?

そうね!会社見学自体に選考がなくても好印象を与えることは大事だと思うわ。

今回は、転職で会社見学をする時のマナーなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

新卒はもちろん、転職でも会社見学をする時があると思いますが、マナーを知らないと選考にも悪影響を与えてしまうかもしれません。

今回は、会社見学をする時のマナーなどご紹介します!

転職で会社見学をする時のマナーとは

会社見学は、転職者が会社の内情などを知る場所なのはもちろんですが、企業側が相手のマナーなどを確認するためにも開かれています。

企業によって違いはありますが、直接の選考の場ではなくても、見学者の態度やマナーが選考に関わってくるのは間違いないです。

求められるのは一般的なマナーですが、身だしなみを整える、遅刻はしないなどに気を付けて、万全の態勢で会社見学に臨みましょう。

もし、会社見学に行くのなら、以下のポイントも押さえておくと安心です。

会社見学で押さえておきたいポイント

  • メモ帳や筆記用具を持参し、必要な場所はしっかりとメモを取ること
  • 見学中は黙ったままよりも、適切なタイミングで質問をすることが望ましい
  • 社員に対して、はきはきとした挨拶を返すこと
  • 立ち姿勢や歩き方なども注意すること

押さえておきたいポイントは、まず会社で働きたいとの意欲を見せることと、自分がきちんとした人間であることをアピールする必要があります。

どんなシーンでも、企業で働きたいとの意欲を見せれば、転職先でも受かりやすくなるでしょう。

会社見学ではここを見ておこう!

会社見学では、実際の社内の雰囲気などを実感できる大切な場です。

面接の前であれば、会社見学の印象なども面接に生かすことができるので、以下の部分はしっかりと見ておくようにしてください。

社内環境をチェック

社内が整然として清潔感があるかどうかは、会社見学では見ておいた方がいい部分になります。

また、仕事内容によっても違いますが、備品が使いやすいか、整備が行き届いているか、社員のデスクなども参考にして詳しく観察してください。

社内の環境が整っている会社ほど、労働時間や業務内容がきちんとしていることが多いので、長く働けるかどうかは社内環境からもわかることがあります。

社員のイメージをチェック

会社見学では、自分が面接に受かった時にも影響するので、相手が誰であろうと、ハキハキと挨拶をしましょう。

見知らぬ相手であっても挨拶をすることで、ホスピタリティがもし感じられれば、社内の雰囲気も感じ取ることができます。

逆に挨拶をしても、相手から嫌な顔をされたり、挨拶が返ってこなかったりする場合は、社内の雰囲気も悪いとわかるでしょう。

会社見学でしかわからない部分でもあるので、自分のためにも、挨拶をすることは大切です。

社内の雰囲気をチェック

会社見学では、自分が受かったことも想定しつつ、現在働いている人の仕事ぶりや会話、コミュニケーションもチェックします。

和やかなムードなのか、またはPCに向かって作業を黙々とこなしているなど、会社によって雰囲気はまるで違います。

どちらがいいかは断定できませんが、より自分にマッチしているかの確認も大切です。

会社見学後はメールを送る

会社見学が無事終わっても、まだ安心せず、最後の準備が待っていると思ってください。

会社見学の後は、お礼のメールを送るのが基本マナーだからです。

時間を割いて会社見学をさせてくれた担当者の方に、当日の就業寝時間前までには必ずお礼のメールを送りましょう。

いくらメールとはいっても、夜中に送るのは失礼に当たりますし、次の日にメールが届くようなら、お礼のメールを送っても「意欲がない」と思われてしまうかもしれません。

もし遠方などから帰った後で、お礼のメールが遅れる場合にも、お詫びの言葉を添えてメールを送るのがマナーです。

転職する時に、相手に好印象を与えるためにも、お礼のメールは必ず送るのがマナーと言えます。

会社見学では一般的なマナーを忘れずに

それでは、転職先で、会社見学があった場合の基本的マナーや見るべき場所、注意点などご紹介してみました。

会社見学はその場で選考がないので安心しがちですが、企業側からは見られていることを忘れないでください。

また、忙しい時間を割いて会社見学を用意してくれた担当者には、必ずお礼のメールを送るのがポイントです。

マナーを守って、ぜひ採用されるように頑張ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!