高校生の職場見学のマナーとは?見学前・見学中・終了までを徹底解説!

高校生の職場見学マナーとは?マナー

高校生が職場見学に行く時には、緊張するよね。

マナーが大切だとは思うんだけど、気を付けたいことはある?

高校生でもマナー自体は同じだから、特別なことはないと思うわ。

今回は、高校生の職場見学で押さえておきたいマナーなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

高校生から就活を始める方も多いですが、職場見学に行く時には普通に成人と同じマナーが適用されます。

今回は、高校生の職場見学で押さえておきたいマナーやポイントなどご紹介します!

高校生の職場見学マナーとは?

高校生の職場見学マナーとは?

高校生であっても、職場見学でのマナーは社会人と変わりません。

ただ、特別なマナーは必要ないとは言っても、就職に影響する機会でもあるので、見学前、見学中、見学後にフォーカスして気を付けたいマナーなど見ていきましょう。

職場見学前のポイント

職場見学に行くのであれば、まず見学前に以下の3点をチェックしておきましょう。

  1. 遅刻は厳禁なので、10分前には到着しておくこと
  2. スマホの電源を切っておく
  3. あいさつははっきりと丁寧に

上記の3点に気をつけておけば、落ち着いて職場見学に臨めると思います。

まずは、職場見学では遅刻は厳禁なので、もし電車が遅れるなどの特別な事情がある場合は、先に電話などで連絡しておき、早すぎても相手が迷惑なので、10分前に到着するようにしてください。

意外と忘れがちなのがスマホの電源が入ったままになっていることです。

職場見学の最中に、私用の電話などのコール音が響いたら、他の見学者にも迷惑ですし、担当者に悪印象を与えかねないので、必ず電源は切っておき、見学に集中してください。

また、職場見学は、受付の人にあいさつする時点で始まっています。

誰かとすれ違った際にも、必ず挨拶をするようにするのがポイントです。

職場見学中のポイント

見学が実際に始まってからも気を抜かず、集中するのがポイントですが、以下にこちらも3点ほどマナーとして注意したいことをご紹介します。

  1. メモを取ることを忘れない
  2. 質問はありませんはNG
  3. 姿勢を崩さないこと

まず、見学中は自分がどれだけ真剣に見学に挑んでいるのかを担当者にアピールする必要があります。

なので、メモを取ることを忘れないようにし、質疑応答でも「特に質問はありません」と答えてしまうと「やる気がない」と取られてしまいかねません。

また、メモを取るときには、下ばかり向いてメモをすると担当者に失礼なので、説明してくれている方の顔を見ながら、要点をしっかりとメモしましょう。

質問内容はあらかじめ用意しておく必要がありますが、メモを取ったこともプラスして質問をすれば、担当者にも好印象を与えやすいです。

ほかにも、座っている時の姿勢や立っている時の姿勢も重要で、姿勢が悪いだけでも「だらしがない人」との悪印象を与えてしまいます。

見学中は、常にみられていることを意識して、同時に意欲をアピールするのがポイントです。

職場見学後のポイント

職場見学は終わった後も、まだやることは残っています。

見学後のマナーもしっかりと押さえ、最後まで好印象を与えられるようにしてみてください。

  1. 当日中にお礼メールを送ること
  2. 見学後のあいさつにも注意
  3. 休憩場所に気を付ける

見学後のマナーとして、必ずやっておきたいのが、当日中にお礼メールを送ることです。

志望度の高さをアピールできるだけでなく、丁寧さを担当者に印象付けられるので、必須のマナーと言えます。

終了後すぐにお礼のメールを送れば、担当者にも強く印象付けられるでしょう。

また、見学後にも感謝のあいさつは必須で、見学の場を提供してくれたことにもしっかりと感謝を伝えます。

ほかにも、見学が終わったからと言っても、会社の近くで休憩をしてしまうと、まだ担当者の目についてしまうかもしれません。

休憩の仕方によっては「本当はこんな人で、さっきは猫をかぶっていたんだな。」などの悪印象を与えてしまうかもしれません。

気が緩んでしまうのは仕方ないですが、すぐに休憩がしたくてもぐっと我慢をして、会社の近くでは休まないようにしてください。

高校生でも社会人とマナーは同じ

それでは、高校生の職場見学で押さえておきたいマナーなど、見学前、見学中、見学後に分けてご紹介してみました。

高校生であっても、マナー自体は社会人と変わりません。

職場見学は直接選考に関わらないと安心する人もいますが、実はしっかりと担当者に見られていることを忘れずに、家に帰るまでが職場見学と思ってください。

最後までお読みいただきありがとうございました!