職場見学の持ち物に履歴書は必要?マナーや持ち物のチェックリストなど解説!

職場見学に必要な持ち物リストマナー

今度職場見学に行くんだけど…

アポでは言われなかったし、持ち物は何もなくても大丈夫かな?

持ち物はちゃんとした方がいいわ!

今回は、職場見学で持っていきたい持ち物リストなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

職場見学に行く時には、たとえ相手から指定がなくても、必要な持ち物があり、マナーの1つでもあります。

今回は、職場見学に行く時の持ち物のチェックリストなどご紹介します!

職場見学の持ち物リスト

職場見学をする際に、相手の方から特に何も言われなくても、いつ必要になるかわからない履歴書や証明書などは持っていくのが基本マナーです。

社会人として必要なマナーでもあるので、以下の持ち物リストを参考にして、万全の状態で見学に臨んでみてください。

持ち物①連絡用のスマホ

スマホをお持ちでなければ必要ないですが、職場の住所を調べたり、電車の遅延状態を調べたりするのに、スマホは大変役立ちます。

また、何かのトラブルがあって相手の方に連絡を取る必要が生じる可能性もあり、スマホは持って行った方がいいでしょう。

ほかにも、受付時の指示、担当者名などはメールで届くことが多いので、確認の意味でもスマホは必須と言えます。

普段スマホを使わない方でも、企業に勤めるつもりなら、初期費用としてスマホを用意しておくのがおすすめです。

持ち物②履歴書&証明写真

履歴書や証明写真は、とくに相手の方から指定されなくても、持っていくと安心な持ち物です。

なぜなら、会社によっても違いますが、職場見学後に「この後の選考に進みたい方は、この後に履歴書を提出してください。」などと言われる可能性があるからです。

後日でも問題はないのですが、やる気を買われるかどうかは履歴書にも現れます。

職場見学はもちろん、就職活動中は何があるかわからないので、常に履歴書や証明写真などは持ち歩くのがマナーです。

持ち物③筆記用具

職場見学では、メモを取る必要もあるため、筆記用具は必ず揃えておきましょう。

会社の中には、メモを取っているかどうかも見られる可能性があり、メモを取らない人は「やる気がない」と取られる可能性もあるからです。

会社によっては見学の後にアンケートがあり、そこでも筆記用具がないと困ってしまいます。

また、会社への提出物は基本的に油性のボールペンで書くことも多いので、シャーペンとボールペンはマストの持ち物です。

持ち物④印鑑や身分証

職場見学では、アンケートの記入欄に捺印する箇所があったり、オフィスなどに入るときに身分証を提示するように求められたりすることがあります。

交通費の支給などがある場合、受取時に印鑑が必要なケースもあり、印鑑は持ち物リストに加えておきましょう。

また、学生であることの証明も身分証が必要なケースは多々あるので、印鑑と身分証も持ち物リストに加えてみてください。

持ち物⑤身だしなみを整える道具類

職場見学に行く際に、髪の毛に寝ぐせがあるなどはマイナスの印象を与えることもあるので、身だしなみを整えるグッズなども用意しておきましょう。

たとえば「ハンカチ」「ポケットティッシュ」「手鏡」「スーツなどの埃取り」「口臭ケアグッズ」「歯ブラシ」「櫛」などは用意しておくのがおすすめです。

もし女性なら、ストッキングが破れるなどの場合もあり得るので、予備のストッキングも用意しておくと安心ですし、コンタクトをつけている方は予備のコンタクトなども用意しておくと安心です。

持ち物⑥A4の資料が入るカバン

会社見学では、書類を持ち帰ることも考えて、最低でもA4サイズの書類が入るカバンを用意しておきましょう。

また、かばんは椅子の足元に置くことも多いので、できれば自立できるタイプのマチ付きカバンがおすすめです。

それにプラスして、A4のクリアファイルも用意しておけば、配られた書類がゆがむのを防いでくれます。

カバンを持たずに行くのはマナー違反と取られるので、持ち物を持ち歩く意味でもカバンはマストアイテムです。

職場見学では見られることを意識しよう!

それでは、職場見学の際に持っていく持ち物リストをご紹介してみました。

履歴書などはいわれなくても持っていくのがマナーですし、持ち物が足りなくて悪印象を与えるのは避けたいものです。

職場見学では、その場で選考が行われるわけではないですが、見られていることを意識することが大切なので、やる気があると思われるためにも入念に持ち物をチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!