9月2日は宝くじの日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

9月2日は宝くじの日9月

9月2日は宝くじの日だね!

夢を買うものとわかっていても、当たらないと落ち込むなぁ。

そうなのよね!買わないと当たらないのよね。

今回は、9月2日が宝くじの日になった由来やおもしろ雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

9月2日は宝くじの日ですが、宝くじが当たる確率ってものすごく低いので、私も当たったことがありませんが、夢を買うものとして、毎回10枚くらいは買っちゃうんですよね。

今回は、記念日が出来た由来やおもしろ雑学などご紹介します!

9月2日は宝くじの日

9月2日は宝くじの日ですが、1967年に、当選金の引換もれ防止のため「く=9 + じ=2」の語呂合わせから、現在のみずほ銀行が制定した記念日です。

当時は、当選しても引き換えられず時効となってしまうケースが多く、時効防止をPRする目的で制定されました。

日本で初めて宝くじが発売されたのは1945年10月29日でしたが、当時はせっかく当たっても引き換えるのを忘れる方が多かったみたいですね。

ちなみに、1973年からは、宝くじの外れ券の中からラッキーナンバーを選び、賞品を贈る敗者復活戦として「宝くじの日お楽しみ抽せん」なども開催されています。

年間で引き替えられない宝くじは200億円以上とも言われており、宝くじの時効は1年間となっているので、もし宝くじを買った場合は、忘れずに番号をチェックするようにしてください。

宝くじが非課税の理由

宝くじは数億円を当てる方もいますが、実は税金がかからないって意外と知られていないみたいです。

宝くじで非課税になる理由は、宝くじを買った時点ですでに税金を納めているからなんです。

※ご指摘がありましたので、訂正いたします。

毎年3月31日を区切りとして、4月から3月までの1年間の販売額から経費や当せん金などを引いた残りを、販売割合に合わせて分配され、これが税金となるそうです。
つまり、買った時点で税金を納めているわけではなく、40%という数値も結果的にそうなるだけで、最初から引かれているわけではないとのご指摘をいただきました。

ご指摘ありがとうございました。

ただ、ここで注意したいのは、もし宝くじで数億円が当たったとしても、家族に渡すときには、贈与税が発生するので税金がかかってしまいます。

なので、もし宝くじが当たった場合、家族に渡すならいいだろうと思っても、税金がかかり、当たった額が大きいほど贈与税も高額になる点に注意してください。

宝くじの売れ残りに当選はない?

宝くじの売り場はたくさんありますが、時に大量の売れ残りが出ることもあります。

そこで疑問に思うのが「売れ残りの中に当選した宝くじがあるのでは?」と言うことです。

ただ、宝くじの場合、売れ残りの中からは絶対に当選しないような仕組みになっています。

どういうことかと言うと、売れ残った宝くじは全国から集められますが、その際にどの番号が売れ残っているのかなどのデータが引き継がれます。

つまり、売れ残った宝くじのデータを元にして、売れ残った番号は抜いて当選が決められるため、売れ残りのくじから当選番号が出ることはないんですね。

とすると、売れ残りが多ければ多いほど、当選確率も上がりそうなものですが、こればかりは運としか言いようがないかもしれません。

9月2日の出来事一覧

9月2日は宝くじの日ですが、過去の9月2日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1982年のできごと:国鉄が宮崎県日南市で、リニアモーターカー(最高時速262キロ)の有人走行実験を世界で初めて成功させた。
  • 1945年のできごと:米艦ミズーリ号内で、日本が「降伏文書」に調印した。
  • 1943年のできごと:東京都長官の命により、上野動物園で空襲時の猛獣逃走の危険性があるとして、ライオンやトラなど27頭が毒殺された。
  • 1937年のできごと:近代オリンピックの父と呼ばれた「クーベルタン男爵」が74歳で死去した。
  • 1902年のできごと:東京専門学校が「早稲田大学」に改称された。

9月2日が誕生日の芸能人は誰?

  • 松山 メアリ(まつやま メアリ):1991年9月2日生まれ。日本のタレント、女優。
    中学の部活帰りにスカウトされて芸能界入りする。
  • 国分 太一(こくぶん たいち):1974年9月2日生まれ。日本のタレント。
    「TOKIO」のキーボード、コーラス担当。
  • 林 修(はやし おさむ):1965年9月2日生まれ。日本の予備校講師。
    東進ハイスクールのテレビCM「いつやるか? 今でしょ!」が話題となり、流行語に。

宝くじは買わないと当たらない

それでは、9月2日が宝くじの日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

宝くじは買わないと当たらないですが、当たる人は何度も当たるので、運って本当にあるんだなぁと思います。

夢を買うのが宝くじですから、当たらない時も「夢を見させてくれた」と考える方がショックも少ないかもしれません。

もし、宝くじを買った場合は、当たっているかどうかを確認し、時効にならないようにしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!