【2022】お盆休みの渋滞予想!ピークはいつ?回避方法など解説!

2022年のお盆休みの渋滞予想8月

2022年のお盆休みも渋滞が予想されるよね。

連休中にピークになる時期は避けたいなぁ。

そうよね…できればピークは避けたいものだわ。

今回は、2022年のお盆休みの渋滞予想や、ピークの回避方法など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

2022年もお盆休みは渋滞が予想されますが、いつがピークか知っておくと回避方法なども使えます。

今回は、お盆の渋滞予想やピークを回避する方法などご紹介します!

2022年のお盆休みの渋滞予想

2022年のお盆休みは6連休の方が多く、中には9連休の方もいます。

12日も休みを取ることが多いので、それによっても渋滞の回避方法は変わってきます。

ただ、この12日がポイントで、この日に出社している方もいると考えれば、連休中に動くなら12日に移動すれば、少しでも人が少ない時期に出発ができます。

つまり、自分は12日に有休などを取って、11日の山の日から連休が続くようにしたうえで、12日は出掛けたくても出かけられない人がいるという盲点をつくわけです。

お盆の渋滞を避けるには、少しでも人が少なくなる12日が狙い目なんですね。

ただ、12日は下りの場合混雑が予想されるので、あくまで上りの時の目安です。

【上り】渋滞予想①8月8日~8月14日

中央道の渋滞予想を、8月8日から14日の上り路線で見ていきましょう。

8月8日の中央道の渋滞予想

8月9日の中央道の渋滞予想(8月8日と同様)

8月10日の中央道の渋滞予想

8月11日の中央道の渋滞予想

8月12日の中央道の渋滞予想

8月13日の中央道の渋滞予想

大月IC八王子JCT13時~翌日1時25km1時間40分
須玉IC双葉JCT16時~19時5km15分
国立府中IC高井戸IC9時~13時10km24分
一宮御坂IC大月JCT14時~18時5km15分
多治見IC恵那IC7時~13時20km48分
伊北IC岡谷JCT10時~13時5km15分

8月14日の中央道の渋滞予想(ピーク)

大月IC八王子JCT13時~翌日1時25km1時間40分
大月IC八王子JCT10時~翌日1時30km2時間
須玉IC双葉JCT17時~19時5km15分
国立府中IC高井戸IC9時~13時10km24分
一宮御坂IC大月JCT12時~17時5km15分
多治見IC恵那IC7時~13時20km48分

【下り】渋滞予想①8月8日~8月14日

下りの場合、8月11日と12日が一番混雑すると予想されます。

中央道の渋滞予想を、8月8日から14日の下り路線で見ていきましょう。

8月8日の中央道の渋滞予想

高井戸IC国立府中IC8時~13時5Km15分
八王子JCT相模湖IC10時~13時5km15分
小牧東IC小牧JCT16時~19時5km12分

8月9日の中央道の渋滞予想(8月8日と同様)

高井戸IC国立府中IC8時~13時5km15分
八王子JCT相模湖IC10時~13時5km15分
小牧東IC小牧JCT16時~19時5km12分

8月10日の中央道の渋滞予想

八王子JCT相模湖IC9時~13時10km30分
高井戸IC八王子IC6時~13時15km45分
小牧東IC小牧JCT16時~19時5km12分

8月11日の中央道の渋滞予想(ピーク)

甲府昭和IC韮崎IC9時~13時5km10分
高井戸IC相模湖IC4時~16時40km2時間
小牧東IC小牧JCT16時~19時5km12分

8月12日の中央道の渋滞予想(ピーク)

国立府中IC相模湖IC5時~14時20km1時間
稲城IC八王子IC7時~12時10km30分
小牧東IC小牧JCT17時~20時5km12分

8月13日の中央道の渋滞予想

高井戸IC八王子IC6時~12時15km45分
八王子IC相模湖IC5時~15時15km45分
小牧東IC小牧JCT16時~19時5km12分

8月14日の中央道の渋滞予想(ピーク)

稲城IC八王子IC6時~12時10km30分
八王子IC相模湖IC6時~13時10km30分
恵那IC土岐JCT16時~2020km48分

下りでは、11日と12日が一番混雑しそうですが、14日も一部の道路では渋滞が予想されます。

一覧を参考にして、なるべく混まない時間帯に移動するようにしてくださいね。

2022年のお盆の渋滞を回避する方法

2022年もお盆休みが渋滞すると予想されますが、それを回避する方法を以下にいくつかご紹介します。

  1. 混む時間帯を避ける
    渋滞する時間帯を避けるのが一番の回避方法なので、どうしてもと言う場合以外は、混む時間帯を避けて運転するようにしてください。
  2. 混むルートを避ける
    ルートによっては遠回りになっても、実際には早く着ける可能性もあります。
    可能なら手前のICで降りるのも回避の方法です。
  3. アプリを活用する
    混雑状況はアプリでも確認できるので、Yahoo!ナビやGoogleマップなどの無料アプリも活用して、混雑するルートを避けるのもおすすめです。

2022年のお盆渋滞はルートや時間帯で回避しよう

それでは、2022年のお盆休みの渋滞予想を中央道を参考にして一覧表でご紹介してみました。

最近はアプリなども使えるので、助手席の人にナビを頼むのもおすすめです。

使われることの多い道路ほど渋滞しやすいので、ぜひ一覧表を参考にして、混雑しない時間帯やルートを選び、多少遠回りだとしても「急がば回れ」の精神で渋滞を回避してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント