7月26日は幽霊の日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

7月26日は幽霊の日7月

7月26日は幽霊の日なんだって!

幽霊と言えば、昔は夏と言えば肝試しって感じだったよね。

肝試しはやったことがないけど、夏の定番行事のイメージよね。

今回は、7月26日が幽霊の日になった由来や雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

7月26日は幽霊の日ですが、怪談にまつわるエピソードなど、日本のホラー映画でも幽霊は怖く描かれていますよね。

今回は、記念日が出来た由来やちょっとおもしろ雑学などご紹介します!

7月26日は幽霊の日

7月26日は幽霊の日ですが、1825年に鶴屋南北作の「東海道四谷怪談」が江戸の中村座で初演されたことを記念して制定されました。

四谷怪談のストーリーは、四谷左門の娘「お岩」が、夫の民谷伊右衛門に毒殺され、幽霊となって復讐を果たすという話です。

何でも江戸の町で実際に起こった事件がストーリーに盛り込まれ、以降怪談の定番とされます。

四谷怪談は「皿屋敷」「牡丹灯籠」と共に、日本三大怪談とも呼ばれ、江戸時代以降の明治時代になってからは欧米のスピリチュアリズムの影響も受け、日本に怪談ブームが到来します。

現在は100年以上が経過していますが、夏と言えば怪談が定番とされ、テレビでも放映されるなど、根強い人気があるみたいです。

なぜ幽霊には足がないの?

海外の幽霊には足があるのに、なぜ日本だけ幽霊に足がないのか不思議に思ったことはありませんか?

実は、日本の幽霊に足がないのは、死後の世界観が海外とは違うからだと言われています。

日本の世界観では死後に神様になると信じられていますが、海外ではあくまで神の創造物でる人間は神様にはなれません。

なので、日本では死後に人間とは違う存在であるということを示すために、幽霊にも足をつけないで描かれるんですね。

日本の足がない幽霊の姿を確立したのは「円山応挙」という画家ですが、当時は歌舞伎でも幽霊には足がないとして描かれ、有名な画家までもが足のない幽霊を描いたことで、庶民にもそのイメージが定着したと言われています。

イギリスの幽霊保険とは?

事故や事件に巻き込まれたときに保証してくれる保険制度ですが、実はイギリスには幽霊に関する保険があるそうです。

イギリスは一部で幽霊大国と言われるほどで、オカルトマニアは幽霊に会いたいがゆえに、渡米することもあるそうで、実際にイギリスでは各地で怪異現象が起きていると言われます。

そこで始まったのが幽霊保険で、幽霊の被害にあって怪我をした場合に保証してくれるんですね。

ただ、イギリス独自の保険なので、海外にはありませんし、幽霊の被害をどうやって立証するのかが謎ですね。

7月26日の出来事一覧

7月26日は幽霊の日ですが、過去の7月26日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2009年のできごと:ゴルフの宮里藍(当時24歳)が「エビアン・マスターズ」で、米ツアーで初優勝を飾り、日本選手としては最年少での快挙となった。
  • 1981年のできごと:福岡市で、室見ー天神間の地下鉄1号線が開業した。
  • 1970年のできごと:都内で光化学スモッグが発生し、日本で初となる警報が発令された。
  • 1946年のできごと:日本プロ野球で「大阪タイガース対パシフィック戦」が試合時間55分の最短記録をマークした。
  • 1945年のできごと:アメリカ、イギリス、中国が「ポツダム宣言」を発表した。

7月26日が誕生日の芸能人は誰?

  • 山下 美月(やました みづき):1999年7月26日生まれ。日本のアイドル、女優。
    女性アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー。
  • さくら まや:1998年7月26日生まれ。日本の演歌歌手。
    10歳で「史上最年少の演歌歌手」の触れ込みでデビュー。
  • 加藤 夏希(かとう なつき):1985年7月26日生まれ。日本の女優、モデル。
    ドラマ「燃えろ!!ロボコン」のヒロイン・ロビーナ役で女優デビュー。

夏は怪談で涼しくなろう!

それでは、7月26日が幽霊の日になった由来やちょっとおもしろ雑学などご紹介してみました。

四谷怪談は有名な階段ですが、実話が元になっていたとは驚きですね。

日本の怪談やホラー映画は独特の雰囲気があるので、海外よりも怖いと有名ですが、私も昔聞いて眠れなくなった思い出があります。

精神的に涼しくなろうというのは日本人らしいですが、夏場には怪談で涼しくなるのも風情があってよいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント