7月12日は人間ドックの日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

7月12日は人間ドックの日7月

7月12日は人間ドックの日だね!

僕は今までやったことがないんだけど、やっぱり大変なのかな?

人間ドックってお金はかかるけど、やっておいた方が良いらしいわ。

今回は、7月12日が人間ドックの日になった由来や雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

職種によっては毎年受ける人間ドックですが、何か機械の整備みたいなイメージがあるのは私だけでしょうか…。

今回は、記念日ができた由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介します!

7月12日は人間ドックの日

7月12日は人間ドックの日ですが、1954年に国立国際医療センター(国立東京第一病院)で人間ドックが初めて行われたことを記念して制定されました。

人間ドックは、日本独自の考え方で、予防医学の観点から自覚症状があるかないかに関係なく定期的に病院や診療所で、身体各部位の精密検査を受けることで、普段気が付きにくい疾患や臓器の異常を発見るために行われています。

人間ドックは、昔「短期入院精密身体検査」とも呼ばれていましたが、堅苦しいイメージがあることで現在は人間ドックと言う呼び名に変わりました。

人間ドックの名前が生まれたきっかけは、読売新聞の記事に載ったことで、そこで人間ドックという言葉が生まれて、それが一般にも定着したみたいです。

ちなみに、人間ドックの「ドック(dock)」は、船を修理点検するドックから来ています。

バリウムが不味い理由

健康診断で胃カメラの検査などで飲むバリウムですが、メロン味や苺味など改良が加えられているにも関わらず、非常に不味いですよね。

でも、実はバリウムが不味く作られているのには理由があります。

バリウムはX線を通さない性質を持っており、消化器官の撮影に使われますが、もしバリウムが美味しいと脳が美味しい飲み物として判断してしまい、正確な撮影ができなくなってしまうんですね。

胃腸の写真を撮影するのに、肝心の胃腸が活性化してしまうと、検査で上手に写真を撮れなくなるので、わざと不味い味にしているそうです。

バリウムは不味いから苦手と言う方も多いかもしれないですが、健康診断の結果が正確にわかるためにも、必須のドリンクでもあります。

健康診断は寿命が短くなる?

健康診断を受けておくと、自分では気づかない病期や症状にも気づけるので、定期的に受けている方も多いと思います。

ただ、実は健康診断は受けると寿命が短くなるなんてデータもあります。

ある検証で、1200人の参加人数のうち半数が健康診断を受け、半数が健康診断を受けなかった場合、受けなかった人の方が長生きしていたとのデータが取れたからです。

確かに病気の早期発見は大切ですが、余りにも健康に気を使ってしまうと、それが逆にストレスになるのかもしれません。

ただ、こちらの検証に科学的根拠は一切ないため、健康診断はやはり受けておいた方がいいでしょう。

定期的に健康診断を受けないと、保険も加入できないなどのデメリットもあるため、その意味でも定期的な健康診断は必須だと思います。

7月12日の出来事一覧

7月12日は人間ドックの日ですが、過去の7月12日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1998年のできごと:サッカーの第16回ワールドカップ「フランス大会」で、地元フランスが前回優勝のブラジルを3対0で破り、初優勝を飾った。
  • 1997年のできごと:宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」が封切りとなった。
  • 1993年のできごと:北海道南西沖地震(M7.8)が奥尻島を直撃し、地震と津波(高さ30メートル)と火災で死者と行方不明者が231人にのぼった。
  • 1962年のできごと:英のロックバンド「ローリング・ストーンズ」がロンドンのクラブに初めて出演した。
  • 1925年のできごと:NHK(当時は東京放送局)がラジオの本放送を開始した。

7月12日が誕生日の芸能人は誰?

  • 百田 夏菜子(ももた かなこ):1994年7月12日生まれ。日本の歌手、女優。
    「ももいろクローバーZ」のリーダーで、イメージカラーは赤。
  • 石橋 杏奈(いしばし あんな):1992年7月12日生まれ。日本の女優。
    主演ドラマ「失踪HOLIDAY」で女優デビュー。
  • 片平 なぎさ(かたひら なぎさ):1959年7月12日生まれ。日本の女優。
    映画「青い山脈」で女優デビュー。

人間ドックは定期的に受けよう!

それでは、7月12日が人間ドックの日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

健康診断を定期的に受ければ、疾病にも早く気付くことができるため、できるだけ受けた方がいいみたいですね。

バリウムが不味くて苦痛と言う方もいらっしゃると思いますが、不味いのにはちゃんと理由があるので、健康診断の時だけと割り切ってみてください。

ぜひ、人間ドックも定期的に受けて、健康な状態をキープしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント