メルカリの出品最低価格が300円?それでも赤字にならない理由など解説!

メルカリで300円送料込みで赤字にならない理由メルカリ関連

メルカリで300円とかで出品してる人も多いけど…

これって赤字にはならないのかな?

確かに、疑問よね…

今回は、メルカリの出品最低価格が300円な理由と赤字になるかどうかを紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

メルカリで300円送料込みとかで売ってる商品を度々見かけますが、なぜ赤字になりそうな価格で出品しているのかが不思議ですよね?

実は、メルカリには出品最低価格があり、やり方によっては赤字にはならないんです。

今回は、メルカリで最低価格でも赤字にならない理由などご紹介します!

メルカリで「300円送料込み」でも赤字にならない理由

まず、メルカリでは出品最低価格が300円に設定されており、上限は999万9,999円です。

価格設定がされていることからもわかる通り、たとえ300円送料込みで出品しても、赤字が出るとは限りません。

なぜ、赤字にならないかと言えば、発送方法などから適切に選べば、少額でも利益が出る可能性が高いからです。

では、メルカリで出品最低価格が設定されている理由ですが、以下の2種類があります。

悪質なユーザーを切るため

メルカリで出品最低価格が設定されている理由は、0円から出品などのいたずら目的のユーザーを切り捨てるためです。

そもそも0円では利益が出ないことがわかっているのに出品できるとなると、いたずら目的のユーザーが増える可能性があるので、ある程度のハードルを作ることで、悪質なユーザーを切り捨てているんですね。

出品者が赤字になることを防ぐため

メルカリでは、販売手数料や配送方法から送料が引かれる仕組みを取っているので、出品者がギリギリ赤字にならないようにと、出品最低価格が設定されています。

出品者が利益を出せなければ、ユーザー離れも起こる可能性があるため、運営やユーザーの利益を守るためにと、出品最低価格が設定されているんですね。

300円送料込みで出品する人の気持ち

赤字ギリギリの価格が300円と書きましたが、一般的には価格が高い方が利益が出るはずなのに、なぜわざわざ手間をかけて、出品最低価格で売る人がいるのだろうと思いませんか?

この赤字ギリギリで出品する人の気持ちは本人にしかわかりませんが、予想すると、自分には不用品でも、300円なら手にしてくれる可能性が高まるので、誰かの役に立てるなら。という考えもあるのかもしれません。

また、以下のような理由も考えられます。

  • 元々が断捨離目的だから
  • 捨てるよりは売った方が利益もでるから
  • リサイクルショップよりも高く売れるから
  • 少額でも数が多くなれば、利益も蓄積されるから
  • メルカリで売ったお金で、ほかの商品を買えるから
  • 誰かの役に立って欲しいから

理由は色々考えられますが、売れないよりは少額でも売って利益を得たいという方が多いみたいです。

300円送料込みで出品した時の利益はどれくらい?

それでは、実際にメルカリで300円送料込みで出品した場合、出品者にはどれくらい利益が出るのか計算してみると、以下のようになりました。

「300円ー30円(手数料10%)-配送料」

配送料はどの発送方法を選ぶかで変わりますので、そちらもご紹介します。

匿名発送を利用時

●らくらくメルカリ便(ネコポス):210円
●ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット):230円
●ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケットポスト):215円

匿名ではない場合

●普通郵便(定形郵便)

25g以内84円
25g以上94円

●普通郵便(定形外郵便:規格内)

50g以内120円
100g以内140円
150g以内210円
250g以内250円

●ゆうメール

150g以内180円
250g以内215円

●クリックポスト:198円

どの発送方法を選ぶかで、送料がかなり違うので、もしより出品者に有利な発送をするなら、ゆうゆうメルカリ便の利用がおすすめです。

送料確認ページ:メルカリ 公式

お得なゆうゆうメルカリ便で発送した場合

匿名発送で、かつゆうゆうメルカリ便を使えば、300円送料込みで出品しても利益がでます。

300円-30円(手数料10%)-215円(送料)=55円(利益)

配送方法によっては、300円送料込みで出品すると赤字になる可能性もありますが、逆に言えば発送料金を抑えれば、少額でも利益が出るんですね。

チリも積もれば山となるなんてことわざもありますが、55円の利益が出るなら、出品を続ける価値はあると思います。

ただ、商品の大きさによってはゆうゆうメルカリ便を使っても、利益が55円以下になる可能性もあります。

A4サイズなど、大きめの本を送る場合などは、重さと厚さにも注意が必要です。

メルカリ 公式から、送料の確認ができますので、まずは、そちらをチェックしてみてください。

発送方法の注意点

ここで発送の時の注意点をいくつかご紹介します。

まず発送費が安いからと普通郵便を利用した場合は、何かのトラブルがあっても補償が付かず、万が一普通郵便が届かないなどの場合もありえるので、あらかじめ購入者には普通郵便で発送する点、発送してから到着までに時間がかかる点を伝えると、トラブルを未然に防げます。

また、定形郵便の場合、発送する前に一旦ローラーを通すため、アクセサリーなどを入れると中の商品が壊れる可能性もあります。

料金を抑えつつ、ローラーを通して壊れないようにするためには、定形外郵便を利用するのがおすすめです。

赤字になっても商品は送らないとダメ?

300円送料込みで出品したとき、サイズがA4サイズを超えた場合、当然送料が高くなるので、場合によっては赤字になります。

ただ、赤字になったのは出品者側の落ち度なので、商品が売れた以上発送は忘れずにしないといけません。

もったいないと思うかもしれませんが、勉強代と割り切って、まずは信頼関係を崩さないことの方が大切です。

ちなみに、ゆうゆうメルカリ便で匿名配送する場合、取引相手に事情を説明するために、相手側に住所を聞く必要もあります。

そうなると、出品者側には金銭的なマイナス面が生まれますし、購入者側には住所を知られるとのマイナス面も生まれます。

なので、メルカリで出品するときには、なるべく赤字にならないように注意して、発送方法などを確認しておきましょう。

メルカリでは発送法によって利益が生まれる

それでは、メルカリで300円送料込みで出品する人は、なぜ赤字にならないのか?またなぜその価格で出品するのかなど、理由をご紹介してみました。

メルカリでは発送法によっては、300円送料込みで出品しても利益が出るようになっているので、出費する前に、しっかりと配送料を確認してから、値段設定をしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント